SSブログ

雨の日の釣り師-3363

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -1092 Lower Pacific Dr(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 ホニファシオ -1(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3363

パサパサ、しっとりとした真っ白、口に入れた暫くはほとんど味がせず、好感が興る。  CHATEAU VIEUX CEDRE MONTAGNE ST-EMILION 1994は、渋くて懐が広くかつ深くてうまい。  サラミが深い味わいがありとてもうまい。  たぶん低気圧のせいだろう、頭がガンガンする。  垂れ込めた雲間から『サッ……!!』と白い光輝が射し、みるみる間に灰色と対比する明るい島を作る。

♯♭♪ (*^.^*) : Charles Mingus 0 1 2 3/ Me, Myself an Eye    :     一糸乱れぬ!?大編成のオーケストラの卓抜な演奏が楽しめる。  Something Like a Bird と対を成す、C.ミンガスの圧倒的な個性が傑出した大作、遺作。  Three Worlds of Drums(30:22)、『ダ・ダ・ダ・ダ・ダッ!、……ッ!』、とても印象的な挑みかかり・畳みかけ・浴びせ倒すようなテーマ、濃密なサウンド・ユニゾンで開始。  とても間合いを取ったドラムのカデンツァがあり、再び大鉈振りかざした、突貫工事風の大仕事の始まる予感。  ソロオーダーは、J.Chambers からD.Richmond へ、さらにS.Gadd、J.Walrath、R.Brecker、G.Mraz、G.Colman、E.Gomez、M.Brecker、L.Coryell、J.Chambersへ と 渡り継がれ、息つく暇もないのら・野良・ΘΘΠΠ~。  コンガ、ボンゴが素早く・心地良く・歓喜の意欲で打ち込まれ、沸き立つようなサウンドに包まれる。  クンビアのリズム が大地から立ち上がり一面に溢れ出し、極彩色を帯びた電気弦がギュン!ギュン!天空を飛翔・天翔る。  リード(As,Ts)とホーン(Tp、Tb)のユニゾンで高らかに ・歓喜に満ちたテーマが提示・展開される。  ホーンが滔々と気持ちよくたっぷりと放射、天空によじ登り・ムササビがヨロコビの飛翔・天翔る、飛びたてなかった電気低弦が、気を取り直しパキ!パキ!と助奏。  ベースの大地を力強く突き上げるようなソロ、引き締まった心地良い緊張に覆われる。  リード(Ts)渋くて抑制の利いた、とてもいい 飄々とした演奏を披露。  再びベースが明るい軽やかなトーンで、ヨロコビに満ちホク!…*ホク!…*と、快活に演奏。  リード(As)がちょっとくすんだ芯のある 魅惑のトーンで、渋く慇懃に演奏。  電気弦がとても素早い・鮮やかな指運びで、めくるめく極彩色の緞帳を編み上げる。  ドラムソロはぐっと抑え込んだ、とても思慮深い端正にして頼もしい大理石の切り出しを、易々とちょっと長めに丁寧に行う。  オーケストラのユニゾンとドラムソロの対話は、なんとも大胆不敵で痛快。  コンガ、ボンゴの連打、明快・解放・随喜のサウンドでスタコラ ・サッサー…*と快走、痛快の極み。  合奏でテーマを繰り返し、源氏絵巻を連想させて足らぬ鮮やかな展開。  ホーンが黄昏のテーマをピーチ色に染まる夕空に向かって放射、次第にテンポを落とす。   雁が長い軌跡を遺す。  意外なすこぶるもミステリアスな終わり、深い余韻を遺していく。  Devil Woman(9:25)、ソロオーダーは、L.CoryellからM.Breckerへ、さらにR.Breckerへと続く。  もっそりと、ものものしく開始、まるでシェークスピア劇の様。  電着弦はゆっくりとひとつひとつ確かめるように、テーマをサラリと提出。  合奏でテーマを慇懃に繰り返す、荘厳でもなくかといって投げやりでもなく、めいめいの行いはとても真摯。  電気弦のソロはとてもダイナミックな起伏の展開を見せる、気ままに見えてしまう真夏の昆虫の活動・生殖。  『ワアア…*』リード(Ts)が明快なテーマの提出を行い、すぐホーンが受け継ぎ自在に展開と同時に、めいめい入り乱れて自由に演奏、卓抜な手腕でサラリと集団的な美を構築する。  Wednesday Night Prayer Meeting(9:51 )、ソロオーダーは、J.WalrathからR.Breckerへ、さらにR.Ford、M.Brecker、L.Coryell、E.Gomezへと移っていく。  『ア~~*』、コーラスでテーマを提出。   即座にアンサンブルで恭しく受け継ぎ、リズム部門の颯爽たる推進力に励まされ、いっきにホーンが駆け出す。  リード(Ts)がとても心地よさそうにブローイング、ベースがグングン 突き上げ・推進させる。  電気弦の発作的な陶酔のプレイが堰を切って飛び出し飛翔する、何故かとてもヨロコビに溢れておる。  次第にサウンドの線が細くなる、皆 固唾をのんで見守る。  アンサンブルのユニゾンが元気になり、くっきりとテーマが繰り返され、『ワア~~*』コーラスに変わり静かに終わる。  Carolyn "Keki" Mingus(7:46)ソロオーダーは、L.Konizから、M.Breckerに、そしてL.Coryellへと移る。  リード(Ts)でピーチの浸食される天空に向かって、黄昏のテーマがほっこりと呟かれる。  リードがとても渋い、思慮深い展 魅惑の開を披露、くすんだアンサンブルの助奏が息をのむほど美しい。  電気弦がめくるめく音色で、ダイナミックな展開を披露、緞帳の縁取りを完成させる。  アンサンブルでたっぷりと歌い、静かに充足の心持ちで終わる。  Jeffrey plays(Arr,Cond)、R. Brecker(Tp)、Slide Hampton,Keith O'Quinn(Tb)、Lee Konitz, Yoshiaki Malta(As)、M. Brecker, G. Coleman,John Tank(Ts)、George Mraz,E. Gomez(B)、Sammy Figueroa, Ray Mantilla(Prc)、Steve Gadd(Ds)、Release Date: Jan 19, 1978。

♯♭♪ (*^.^*) : Rolando Villazon 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Rolando Villazon   Sonya Yoncheva Stars von morgen STARS VON MORGEN 23.11.14 -1"Aria de Amina" La sonnambula -2"Aria de Rodrigo" Don Carlo -3"Rondo K 373"Mozart -4Piano Concerto No11 Haydn -5"Morgen" (R.Strauss) -6duo "Si,Torero quiero ser"   Bizet/ Je crois entendre encore La Boheme & Anna Netrebko Jurame CIELITO LINDO Mexican Songs Ya mis horas felices act I duet from L'elisir D'amore   Berlioz/ Prêtresses de Bacchus   Handel/ Ombra mai fu Crude furie degl Tonight   Gounod/ Romeo et Juliette -1 -2 Polyeucte Romeo y Julieta -1 -2 "Romeo! qu'as tu donc"   Bizet/ Carmen -f -f La fleur que tu m'avais jetée   Vivaldi/ Non fia della vittoria   Donizetti/ LUCIA DI LAMMERMOOR -f L'ELISIR D'AMORE -f   "Prendi; per me sei libero Ebben‚ tenete Una Furtiva lagrima 1 "Angelo casto e bel" d'li duca d'Alba   Massenet/ Manon-f -f "N'est ce plus ma main" Le Mage Werther 1 Ah fuyez douce image duet from Manon   Puccini/ LA BOHEME -f O soave fanciulia 1 2 3 Che gelida manina 1 Boheme Fin   Verdi/ La Traviata  1 Sempre Libera Libiamo, ne' lieti calici.. Messa da Requiem Duet I Lombardi   Tchaikovsky/ Iolanta Musiques au coeur -1 -2 -3 -4 -5 -6 Plácido Domingo, Anna Netrebko, Rolando Villazón. The Berlin Concert (2006)

♯♭♪ (*^.^*) : Brigitte Fontaine 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Brigitte Fontaine ♫Topic ♫ Top Tracks *   Brigitte Fontaine & Jacques Higelin - La Grippe La Côtelette (je suis la femme) "Les beaux animaux"  je suis décadente   Comme à la radio 1 et Areski Belkacem L'été, l'été (1970)  Léo  L'été l'été  Le noir c'est mieux choisi  C'est normal Prohibition (clip officiel)  L'incendie (1974)  Le Nougat Cet enfant que je t'avais fait Brigitte Fontaine est Il se passe des choses Eternelle  Brigitte Dommage que tu sois mort Le beau cancer Cet enfant que je t'avais fait  L'auberge  Moi aussi Je suis inadaptée  Ah que la vie est belle La Femme à Barbe Le goudron  Les Beaux Animaux   je suis décadente Soufi  Crazy Horse Conne  La déplaceuse (inédit 1965)  Je suis décadente (laconcierge gamberge) 1964  devaste moi 1966 Vendetta  je suis décadente  Le magnum French Corazon Le mauvais coton   Mister Mystère Hallucinante Aventure  Dis-moi    full album* :  Comme À La Radio  -f -f La femme à barbe  -f

♯♭♪ (*^.^*) : Wojciech Kilar 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Popular Wojciech Kilar & Love Song for a Vampire videos *  Angelus love story walc John White Alexander The Kiss Vocalize - Anna Kostrzynska 3 Anna Kostrzynska Dracula 1 Opole 2002


nice!(180) 
共通テーマ:音楽

nice! 180