SSブログ

雨の日の釣り師-4113

 

  ケイマン諸島-m

雨の日の釣り師-4113

周りの景観、風音が失せる。  『キラッ!』、銀色に体をくねらせたり、素早く向きを変えて疾走する黒いものを確認する。  ”クイッ!、クッ!、……! ”、”ピクッ!、ピクッ!、……!”ラインを手繰り寄せる間ずっと、その戦いを一時も止めないのは、ヤマメである。  それだけで全てが表れている。  一途さ、俊敏さ、赤みが射した紫青のパーマーク、ことごとくが無二の憧れであり、密かに尊敬するかわいい宝石!。

♯♭♪ (*^.^*) : Kalaparusha Maurice McIntyre 0 1 2 3/ Forces and Feelings/  DS-425/ LP   :     情感たっぷりに、朝靄たなびく叙情はフリーフォームには珍しい。  ぶ太く丸っこいリードの嘆きのような、野獣の目覚めのような下降音階には、想わず聞き惚れる。  デレクベイリー風のなんとも開放感溢れる心地よい爪弾き・弾きと、諦め・嘆きのボーカル『あぁあぁ~、やぁ…*、……』が随所に現れる。  このボーカルは、随所に登場、このアルバムを最も印象付ける。  交響詩風の統一感のある情緒、フリー・フォーム美、多彩なリトゥルインストゥルメント、味わい深いベースが楽しめる。  Behold! God's Sunshine! [#](4:24)、別テイク、やや自由に溌溂とした行い、充実度はやや稀薄。  Fifteen or Sixteen(10:06)、魅力的な開始、神秘的な静かな詩情溢れる、海洋のうねり・たゆたいを連想させるゆったりした、期待を懐かせるもの。  リード(Ts)のフリー・フォームはなんと惹きつけられる魅力に満ちてることか!、硬質のサウンドは無上にしなやかで優しい。  とても好ましいベルが燦めき、ベースのボーイングが歌い、とても魅力的なヴォイス『ややぁ~~*、ああぁ~*、…~~ぁ。 おぉ~~*、』にたちどころに虜になる。  Sun Spots(7:48)、ギターの フリー・フォームの爪弾きは、デレク・ベイリー(Derek Bailey)風で聞き応え充分。  なにやら激越を叫び、ギターを激しく爪弾き、リードを奔放に激情を込め咆哮。  白い板に並んだ黒いボタン・白字をあちこち押さえていた手を止め、魂を委ねると、心地よい清冽・カタルシスに覆われたちまち別世界。  Ananda(3:50)、再び、『やややぁ~*、や~*』、ゆっくりしたテンポに、リードは詩を詠むように極めて穏やかに、静謐に慇懃にブローイング。   Twenty-One Lines(11:48)、ギターはデレクベイリー風のなんとも開放感溢れる心地よい爪弾き・弾き。  フリー・フォームのブローイングとベースのボーイング、リトゥルインストゥルメントの多彩なサウンドは、心地良い緊張感と自由な呼応・発表。  ベルの澄明・精緻な明晰・余韻は実に美しい。  『いい~やぉ、やややぁ~*、や~*』、さまざまなインストゥルメントやシンバル、パーカションの絢爛たるサウンドにより、寛いだ極上のカタルシスが溢れ出す。  Behold! God's Sunshine!(8:19)、またもやデレクベイリー風のなんとも開放感溢れる心地よい爪弾き・弾きとボーカル『あぁあぁ~、やぁ…*、……』で始まる。  次第に昂揚感が高まりグングン疾走する。  フリー・フォームのブローイング放射、パーカッションの圧倒的な昂揚しで終わる。  Ananda [#](9:26)、別テイク、完成度は高い。  圧倒的なフリー・フォーム・ブローイングは叙情性がとても豊か、電気弦の弾きは英気溢れ、パワフルで集団的美の構築はとても満足を覚える。  本人のボイスでの締めくくりは、うれしい驚きとヨロコビ!。  [#]:CDにのみ収録。  K. M. McIntyre(Ts,Cl,Fl,Bells)、Rita Omolokun(Vocal)、Sarnie Garrett(G)、F. Hopkins(Base)、Release Date: Nov 11, 1970。

♯♭♪ (*^.^*) : Paavo Jarvi 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Paavo Jarvi Paavo Järvi - Official  Jean Sibelius/ Symphony No 1 in E minor, Op 39 No 2 D major no.6  no.7 Violin Concerto in D minor, Op.47 Lemminkäinen Suite op.22 Kullervo  The Maiden in the Tower (excerpts) Valse triste Finlandia Symphonic Poem Op 26 Luonnotar, Op. 70 Maan virsi (`Hymn to the Earth`) Op. 95 Sandels Op.28 Bardi 2 Pieces from Kuolema, Op. 44: No. 1, Valse triste  Song to Lemminkâinen Vâinô's Song, Op. 110 Oma maa, Op. 92 (Our Native Land) Nightride and Sunrise op.55 Les choeurs interprétent Kullervo sous The Swan of Tuonela Hymn to the Earth, Op. 95 Nächtlicher Ritt und Sonnenaufgang   Rachmaninov/ Piano Concerto No.2 op.18   Bruckner/ Symphony No 1   Beethoven/ Symphony No. 9   Brahms/ Akademische Festouvertüre Op 80   Schmidt/ 4. Sinfonie   Arvo Pärt/ Trisagion   Tüür/ Prophecy – Ksenija Sidorova, accordion   Grieg/ Norwegische Tänze   Peer Gynt The Morning In the Hall of the Mountain King" from Peer Gynt  Symphonic Dances, Op. 64   Fauré/ Pavana en fa sost. menor op.50 Pavana en Fa sostenido menor Op. 50 - Elegía en Do menor Op. 24 - Salmo "Super flumina Babylonis" - Cántico de Jean Racine Op. 11 - Requiem en Re menor Op. 48   Hindemith/ Trauermusik   Schmidt/ Intermezzo aus der Oper »Notre Dame«   Dubugnon/ Caprice 2   Erkki-Sven Tüür/ Violin Concerto   Saint Saëns/ Sinfonia N. 3, op 78

♯♭♪ (*^.^*) : 土取利行 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫Top Tracks*  Ishiura (Abridged)  & Mototeru Takagi Natural Voice With Harmonium And Wind Reimei Musique Differencielle Hand drumming Nonki-bushi AJAGARA 縄文鼓ライブ95 土取利行ソロ・スタジオ200 EEU First concert 1975  高木元輝&土取利行@広島1979 @京都大学西部講堂1978  Abe/Kondo/Takagi/Bailey/Tsuchitori/Yoshizawa (1978)  nbiro ghono aadhare Nuevo Toshi Tsuchitori &William Parker Steve Lacy Toshi Tsuchitori Duo in Paris 1978 @Gujo,Japan Live 2015 @I.C.A London 1979 Derek Bailey, Motoharu Yoshizawa & Toshi Tsuchitori D.Bailey Duo Improvisation Momo swetavatsara Japanese&Iranian strings Improvisation 大山咲み」にて (2016.9.3) 金梅子チャンム舞踊団 縄文鼓 サヌカイト スパイラルアームズ ドラムソロ &房承煥グループ アイヌ音楽 れんぼながし わらべうた  full album* : Origination

♯♭♪ (*^.^*) : Alpha Blondy 1/ ☆□You Tube Search : (Côte d'Ivoire)    ♫ Top Tracks for Alpha Blondy * ♫ alpha blondy 100 tracks   Heal Me 1 2 Pardon La bataille d'Abidjan Reconciliation My American Dream Ouarzazate J'ai tué le commissaire Sebe Allah Y'e 1 Stewball Jerusalem 1 Vuvuzela Brigadier Sabari 1 2 3 Hypocrite 1 cameroun Sebe Allah Ye 1 Les chiens 1 Sciences Sans Conscience Multipartisme Sweet Fanta Diallo 1 Trop Bon Bogo Boulevard De La Mort Masada Miwa Lune de Miel Maimouna Miri Bloodshed In Africa Afriki Banana Jah Rasta Come Back Jesus God is One Mystic Night Move Desert Storm Fulgence Kassi Coco De Rasta Blesser sale raciste Guerre Civile Rasta Poue Travailler C'est Trop Dur J'aime Pas Ta Gueule Dieu Amour Papier Longueur Jerusalem I Wish You Were Here marijuana 1 Sebe Allah Y'e Cocody Rock Armée Française 1 Ca Me Fait Si Mal Zoukefiez Moi Ca Apartheid is Nazism Idjidja Kalachnikov Love Journalistes en Danger Miwa Peace in Liberia God Bless Africa Bory Samory Houphouet nous parle.. Yeye   full album* 。

周りの景観、風音が失せる。  『キラッ!』、銀色に体をくねらせたり、素早く向きを変えて疾走する黒いものを確認する。  ”クイッ!、クッ!、……! ”、”ピクッ!、ピクッ!、……!”ラインを手繰り寄せる間ずっと、その戦いを一時も止めないのは、ヤマメである。  それだけで全てが表れている。  一途さ、俊敏さ、赤みが射した紫青のパーマーク、ことごとくが無二の憧れであり、密かに尊敬するかわいい宝石!。

♯♭♪ (*^.^*) : Kalaparusha Maurice McIntyre 0 1 2 3/ Forces and Feelings/  DS-425/ LP   :     情感たっぷりに、朝靄たなびく叙情はフリーフォームには珍しい。  ぶ太く丸っこいリードの嘆きのような、野獣の目覚めのような下降音階には、想わず聞き惚れる。  デレクベイリー風のなんとも開放感溢れる心地よい爪弾き・弾きと、諦め・嘆きのボーカル『あぁあぁ~、やぁ…*、……』が随所に現れる。  このボーカルは、随所に登場、このアルバムを最も印象付ける。  交響詩風の統一感のある情緒、フリー・フォーム美、多彩なリトゥルインストゥルメント、味わい深いベースが楽しめる。  Behold! God's Sunshine! [#](4:24)、別テイク、やや自由に溌溂とした行い、充実度はやや稀薄。  Fifteen or Sixteen(10:06)、魅力的な開始、神秘的な静かな詩情溢れる、海洋のうねり・たゆたいを連想させるゆったりした、期待を懐かせるもの。  リード(Ts)のフリー・フォームはなんと惹きつけられる魅力に満ちてることか!、硬質のサウンドは無上にしなやかで優しい。  とても好ましいベルが燦めき、ベースのボーイングが歌い、とても魅力的なヴォイス『ややぁ~~*、ああぁ~*、…~~ぁ。 おぉ~~*、』にたちどころに虜になる。  Sun Spots(7:48)、ギターの フリー・フォームの爪弾きは、デレク・ベイリー(Derek Bailey)風で聞き応え充分。  なにやら激越を叫び、ギターを激しく爪弾き、リードを奔放に激情を込め咆哮。  白い板に並んだ黒いボタン・白字をあちこち押さえていた手を止め、魂を委ねると、心地よい清冽・カタルシスに覆われたちまち別世界。  Ananda(3:50)、再び、『やややぁ~*、や~*』、ゆっくりしたテンポに、リードは詩を詠むように極めて穏やかに、静謐に慇懃にブローイング。   Twenty-One Lines(11:48)、ギターはデレクベイリー風のなんとも開放感溢れる心地よい爪弾き・弾き。  フリー・フォームのブローイングとベースのボーイング、リトゥルインストゥルメントの多彩なサウンドは、心地良い緊張感と自由な呼応・発表。  ベルの澄明・精緻な明晰・余韻は実に美しい。  『いい~やぉ、やややぁ~*、や~*』、さまざまなインストゥルメントやシンバル、パーカションの絢爛たるサウンドにより、寛いだ極上のカタルシスが溢れ出す。  Behold! God's Sunshine!(8:19)、またもやデレクベイリー風のなんとも開放感溢れる心地よい爪弾き・弾きとボーカル『あぁあぁ~、やぁ…*、……』で始まる。  次第に昂揚感が高まりグングン疾走する。  フリー・フォームのブローイング放射、パーカッションの圧倒的な昂揚しで終わる。  Ananda [#](9:26)、別テイク、完成度は高い。  圧倒的なフリー・フォーム・ブローイングは叙情性がとても豊か、電気弦の弾きは英気溢れ、パワフルで集団的美の構築はとても満足を覚える。  本人のボイスでの締めくくりは、うれしい驚きとヨロコビ!。  [#]:CDにのみ収録。  K. M. McIntyre(Ts,Cl,Fl,Bells)、Rita Omolokun(Vocal)、Sarnie Garrett(G)、F. Hopkins(Base)、Release Date: Nov 11, 1970。

♯♭♪ (*^.^*) : Paavo Jarvi 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Paavo Jarvi Paavo Järvi - Official  Jean Sibelius/ Symphony No 1 in E minor, Op 39 No 2 D major no.6  no.7 Violin Concerto in D minor, Op.47 Lemminkäinen Suite op.22 Kullervo  The Maiden in the Tower (excerpts) Valse triste Finlandia Symphonic Poem Op 26 Luonnotar, Op. 70 Maan virsi (`Hymn to the Earth`) Op. 95 Sandels Op.28 Bardi 2 Pieces from Kuolema, Op. 44: No. 1, Valse triste  Song to Lemminkâinen Vâinô's Song, Op. 110 Oma maa, Op. 92 (Our Native Land) Nightride and Sunrise op.55 Les choeurs interprétent Kullervo sous The Swan of Tuonela Hymn to the Earth, Op. 95 Nächtlicher Ritt und Sonnenaufgang   Rachmaninov/ Piano Concerto No.2 op.18   Bruckner/ Symphony No 1   Beethoven/ Symphony No. 9   Brahms/ Akademische Festouvertüre Op 80   Schmidt/ 4. Sinfonie   Arvo Pärt/ Trisagion   Tüür/ Prophecy – Ksenija Sidorova, accordion   Grieg/ Norwegische Tänze   Peer Gynt The Morning In the Hall of the Mountain King" from Peer Gynt  Symphonic Dances, Op. 64   Fauré/ Pavana en fa sost. menor op.50 Pavana en Fa sostenido menor Op. 50 - Elegía en Do menor Op. 24 - Salmo "Super flumina Babylonis" - Cántico de Jean Racine Op. 11 - Requiem en Re menor Op. 48   Hindemith/ Trauermusik   Schmidt/ Intermezzo aus der Oper »Notre Dame«   Dubugnon/ Caprice 2   Erkki-Sven Tüür/ Violin Concerto   Saint Saëns/ Sinfonia N. 3, op 78

♯♭♪ (*^.^*) : 土取利行 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫Top Tracks*  Ishiura (Abridged)  & Mototeru Takagi Natural Voice With Harmonium And Wind Reimei Musique Differencielle Hand drumming Nonki-bushi AJAGARA 縄文鼓ライブ95 土取利行ソロ・スタジオ200 EEU First concert 1975  高木元輝&土取利行@広島1979 @京都大学西部講堂1978  Abe/Kondo/Takagi/Bailey/Tsuchitori/Yoshizawa (1978)  nbiro ghono aadhare Nuevo Toshi Tsuchitori &William Parker Steve Lacy Toshi Tsuchitori Duo in Paris 1978 @Gujo,Japan Live 2015 @I.C.A London 1979 Derek Bailey, Motoharu Yoshizawa & Toshi Tsuchitori D.Bailey Duo Improvisation Momo swetavatsara Japanese&Iranian strings Improvisation 大山咲み」にて (2016.9.3) 金梅子チャンム舞踊団 縄文鼓 サヌカイト スパイラルアームズ ドラムソロ &房承煥グループ アイヌ音楽 れんぼながし わらべうた  full album* : Origination

♯♭♪ (*^.^*) : Alpha Blondy 1/ ☆□You Tube Search : (Côte d'Ivoire)    ♫ Top Tracks for Alpha Blondy * ♫ alpha blondy 100 tracks   Heal Me 1 2 Pardon La bataille d'Abidjan Reconciliation My American Dream Ouarzazate J'ai tué le commissaire Sebe Allah Y'e 1 Stewball Jerusalem 1 Vuvuzela Brigadier Sabari 1 2 3 Hypocrite 1 cameroun Sebe Allah Ye 1 Les chiens 1 Sciences Sans Conscience Multipartisme Sweet Fanta Diallo 1 Trop Bon Bogo Boulevard De La Mort Masada Miwa Lune de Miel Maimouna Miri Bloodshed In Africa Afriki Banana Jah Rasta Come Back Jesus God is One Mystic Night Move Desert Storm Fulgence Kassi Coco De Rasta Blesser sale raciste Guerre Civile Rasta Poue Travailler C'est Trop Dur J'aime Pas Ta Gueule Dieu Amour Papier Longueur Jerusalem I Wish You Were Here marijuana 1 Sebe Allah Y'e Cocody Rock Armée Française 1 Ca Me Fait Si Mal Zoukefiez Moi Ca Apartheid is Nazism Idjidja Kalachnikov Love Journalistes en Danger Miwa Peace in Liberia God Bless Africa Bory Samory Houphouet nous parle.. Yeye   full album* 。


nice!(143) 
共通テーマ:音楽

nice! 143