SSブログ

雨の日の釣り師-4608


 

マルチ検索 : 検索サイトを選択、CDや料理のレシピなど検索。 サイト内検索3a : Twitterや Instagram 内の検索。   俳句
哲学者・小説家の箴言集    You Tube Ch : ♫Play List -Classical Music & Musician ♫Play List -Jazz, WorldMusic, Pops  
GAME : 絵合わせギリシャのネコ離島の猫アドリア地方のネコマヨルカ島のネコゲーム15並べハノイの塔テトリス3
  2023年度のカレンダーです、ご自由に活用あれ!。 : 2023年度カレンダー(html版)月間カレンダー(JavaScript版)2023年度カレンダー A4横(Excel版)2023年度カレンダー A4縦(Excel版)
 

 Street View Select1 アラスカ/ Dot Lake(ストリートビュー)モンテネグロ/ MontenegroExtreme kiteschool(ストリートビュー)世界の国々

 

雨の日の釣り師-4608

揺れる細い枝の下、ヒンヤリとした地表に白い毛がそよぐ腹を押し当てる。  ずっと午睡をむさぼっていた親子が、何かが弾けたように、組んず解れつ軽やかに走り出す。  『ワ~ァ……ゥ』、『ワ~ァ……ォ』  よく転がり響く声を上げながら駆け出す。  きっと追い抜いて立ち止まり、あらぬ方を遠望しつつ、棒のようでしなやかな尻尾を微妙に揺すっている。

♯♭♪ (*^.^*) :  Archie Shepp 0 1 2 3 4 5/ On This Night / GRDD-125   :     全体は交響詩のようにまとまりがあり、深い感動・心地良いカタルシスが提出される。  そして実に変化に富んだサウンド、幾つかの新しい試みは完成度が高く楽しい。  On This Night (If That Great Day Would Come)(10:00)、A. Shepp(P,Ts,Recit)のA・シェーンベルグを想わせるなんとも洗練された分散不協和音をパラ!パラ!・無調風ピアノと、ソプラノ- Christine Spencer(Vo)の凄みのある戦慄・憧れのボイスの朗々とした語り風、の開始は何度聞いても感心する。  下降音階・低気圧の通過のような心地良い不機嫌、J・チェンバース(Ds,Timp)とベースのボウイングに浸食される過程息を飲むほどすばらしい。  圧倒的なパワー・放射でテナーサックスが炸裂・咆哮、弾劾する、世界は畏れ入り押し黙る。  R・アリ(Ds)の胸の透く打ち下ろしはなんと清冽な歓びに満ちているだろう、H・グライムス(B)の寛大な推進にワクワクしてくる、B・ハッチャーソン(Vb)の澄明・清冽な打撃・余韻は辺りを鎮静のカオスで包む。  ソプラノ(Vo)が再び登場、開始時と同じ語りを披露。  ”近藤サト”のボイスじゃないよ、でもそうだといいなぁ!。  そいつはあの黒い太い柱の隅の暗い部分に、息を潜めて存在したのだ…、たしかについ先ほどまで。  The Mac Man(7:27)、A. Shepp(Ts)の幽玄漂う沈黙の間に虚を突かれ、ますます思惟は澄明さを深める、清冽な理知直撃ブローイングとB. Hutcherson(Vb)の澄明・清冽な鎮静、後半は速いテンポ。  The Mac Man-alternate take(9:27)、A. Shepp(Ts)速いテンポの英気溢れるフリー・フォームブローイング、途中で無調風の幽玄の広場・エントランスがとても美しい。  The Original Mr. Sonny Boy Williamson(5:58)、とても明快な印象的なテーマの提出、英気溢れるフリー・フォームブローイング、J.C.Moses(Ds)は溌剌として精緻の極み。  In A Sentimental Mood(3:18)、ベン・ウェブスター風のビブラートは枯れて味わい深い、時々白黄の炎の放射フリー・フォームブローイング、ゆっくりしたテンポ。  The Chased-take1(11:42)、速いテンポのフリー・フォームブローイング、フロアタムを『ゴン!ゴン!、バタン!バタン!』叩きつける戦慄、ベースとドラムス呼応したソロから一転、速いベースの躍動でグングン推進、テーマのカデンツァで終止。  The Chased-take2(6:10)、弾むベースの推進、速いテンポのフリー・フォームブローイング、『ゴン!ゴン!、ブン!ブン!』叩きつけ・弾ける戦慄、ベースソロから一転、速いテンポでグングン推進、テーマのカデンツァで終止。  The Chased-take3(5:11)、弾むベースの推進、速いテンポのフリー・フォームブローイング、『ゴトン!ゴトン!、ブン!ブン!』叩きつけ・弾ける戦慄、ベースのボーイングから一転、速いテンポでグングン推進、テーマのカデンツァで終止。  The Pickaninny (Picked Clean-No More-Or Can You Back Back Doodlebug)(7:22)、弾むような進行、陽気な心躍るクンビアのリズム、フリー・フォームブローイング、テーマのカデンツァで終止。  Malcom,Malcom,Semper Malcom(4:50)、A. Sheppの詩の朗読、ベースの助奏、ボーイングと力強い弾き、『……1945、……マルコム』、幽玄の詩情を湛えた火の出るようなブローイング、フォロアタムの『ドロ…*、ドロ…*、ゴトン!ゴトン!』、あっけなく終わる。  A. Shepp(P,Ts,Recit)、B. Hutcherson(Vb)、Christine Spencer(Vo)、Barre Phillips(B)、Joe Chanbers(Ds,Timp)、H. Grimes(B)、Rashied Ali(Ds)、J.C.Moses(Ds)、Ed Blackwell(Rhythm, Logs)、David Izenzn(B)、Release Date: Aug 12, 1965。

♯♭♪ (*^.^*) : Faure,Gabriel 1/ ☆□You Tube Search :     Prelude to Pelleas op.80 1 -Lent op. 103 no.2 Pavane 1 2 3 4 5 6 Sicilienne 1 2 3 4 Elegy 1 2 3 Nocturne* no.1 1 no.2 1 no.3 no.4 no.5 no.6 1 no.7 no.9 no.10 no.11 no.12 Fantaisie Berceuse 1 2 Sonata-1 -2 -3 -4 Requiem -Introit -Kyrie 1 2 3 -Offertorium 1 2 -Sanctus 1 2 3 - Pie Jesu 0 1 2 3 4 5 6 8 -Agnus Dei 1 2 3 4 -Libera Me 1 2 4 -In Paradisum 1 2 3 Pie Jesu* 1 | Pink Floyd 。

♯♭♪ (*^.^*) : Barre Phillips 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks * Mountainscapes I LEIMGRUBER, DEMIERRE For All It Is (just 8) Northrope "Muses et Modèles" Mountainscapes I Live at Kaleidophon, Ulrichsberg, Austria, 2015-05-02 Les Rendez-Vous de Madame Joelle IV @ Le Triton 09.28.13 "Journal" & "Horizon" live in Bremen 1973  & David Phillips duo bass twitter Heavy Mental Ananke @ La Mama -1 -2 Five Fizzles -1 -2 Leimgruber Trio @ Porgy & Bess,10-2-2012, 1st set -1 -2 〃2nd -1 -2 -3 Muses et Modèles à LA GAUDE près de Nice Live Jazzdor 2009 -1 -2 DIPTYQUE For All It Is BREATH OF TIME IMPROVISATIONEN 149  full album* : Basse Barre 1968 -f 。 

♯♭♪ (*^.^*) : Mbilia Bel 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Mbilia Bel * ♫ Mbilia bell  Et Kester NAZA Douceur 1 Les Z'on-Dit Amour au Secour Welcome Election 2006 Salé ou Suckkré Africa Feeling 1 Lo Dilemme ngaio nalembi Koko Ka Song Cher Am Manzil-Manzil Lovango African Queen Boya Ye Congo & Kester  | Nayanka Bell/ Iwasado Oukaladado Je T'aime,Moi Non Plus | Eric Virgal


nice!(155) 
共通テーマ:音楽

nice! 155