SSブログ

雨の日の釣り師-3418

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Panama City Beach(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 トラール(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3418

超越の知性に頬・首筋をサッと撫でられ、ドキッ!、…*、思わず歩を進め、鉄の階段を潜り、扉を曳き暗闇にするりと潜り込む。  もう一つ扉を推し不思議の国のアリスのうさぎ室へ。  鋭い眼光を見事な黒ひげに秘めた、シェップ青年・マルチリード奏者が黙って受け入れてくれる。  ふうっ…*、そっと息をゆっくり吸いながら、柑橘の断片をさり気なく散らした、清冽な一杯を特殊コースターに置いてくれる。 

♯♭♪ (*^.^*) : Jackie McLean 0 1 2 3 4/ Strange Blues    :     演奏メンバーは3とおりあり、リズム部門も(P)、(B)、(Ds)それぞれ3人。  Ray Draper(Tub)が珍しく、このアルバムの特徴。  とつとつと開始され、素朴なサウンドに感心する暇もなく、目眩くフレーズの洪水にビックリする。  チャーリー・パーカーの影響を大きく受けているが、言いよどんだような臆する感興の吐露は、全く独自のもの。  一度耳にすると、忘れられない甘いメロディー・フレーズの噴出。  子供が拗ねて、駄々をこねているようにも、田舎のおばあちゃんにお強請りをしているようにも、学校の帰り明日の釣行の相談をしているようにも、めいめいが楽しい場面を想像できる。  個にして普遍、サウンドと臆する感興は個性的、明るいヨロコビに溢れかえった印象は世界・民族・言語を越えた魅力を発揮する。  Strange Blues(7:32)、大股歩きのベースの先導、ビリビリ打ち震え迸るリードのエモーション、甘い高音・粘りつくフレーズ・臆するようなブローイング。  M.Waldronのピアノは点描的、渋くて嗄れくすんだ良い音色。  Millie's Pad(11:15)、R.Draper(Tub)がシンプルなテーマ繰りかえし、ホーンが枯れた良い味わいの叙情を放射。  リードは気持ちよく思いっきりブローイング、件のスタイルを辺り中にいっぱい撒き散らす。  R.Draper(Tub)が展開するが、頬を膨らませたとても微笑ましい、見たことのない演奏光景が浮かんでしまう。  Jazz的な匂い・腹の据わった全世界を睥睨する・地平を見据えるような情念が殆ど感じられず、不思議と学園祭などのヨロコビ先行バンドを想像してしまう。  What's New?(6:35)、親しみやすい有名なメロディーをリードがとても滑らかにダイナミックな構成、流麗に粘りつくような息遣いで、目眩く速さも交え卓抜な巧さでブローイング。  Disciples Love Affair(6:49)、R.Draper(Tub)とリードがテーマを提示、互いに反射・呼応しながら開始。  R.Draper(Tub)のとても巧みな想わず聞き惚れる良い演奏があり、とても満足。  リードは眼の覚めるような、鮮やかな鋭気漲るブローイング。  さらにホーン、打弦とソロオーダーが巡る。  合奏で味わい深い響きを聴かせ、ドラムのソロで昂揚し見事に完。  Not So Strange Blues(4:49)、内省的な陰影・思惟のそよぎがとても美しいリードとベースで開始。  肩の力の抜けた、吹っ切れた感じと、迸る情念の燦めきの混沌としたところがすばらしい!。  そして、あっけなく尻切れ蜻蛉で終わる。  J. McLean(As)、Gil Coggins",Webster Young(Tp)、Ray Draper(Tub)、Arthur Phipps*(B)、Gil Coggins",Mal Waldron*,John Meyers(P)、Paul Chambers",Bill Salter,Arthur Phipps*(B)、Louis Hayes",Art Taylor*,Larry Ritchie(Ds)、Release Date:Feb 15, 1957。

♯♭♪ (*^.^*) : Berg, Alban 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Berg, Alban  Lulu  : -f -f -f -f Salzburg acte 1 Aria-Sop Lied der Lulu Act 3 finale final acte 3er akt1 (Ende) -f -f Suite  : -f Rondo Ostinato Lied der Lulu Variationen Adagio Adagio -1 -2 Wozzeck  : -f -f -f Act 1 -1~ Act 2 -1~ Act 3 -1~ Finale Lyrisch Suite -1 -2 -1~ Vier Stücke op.5 -1 -2 Altenberg lieder 1 concert aria "Der Wein" Sieben frühe Lieder 1 7 Frühe Lieder, Nos -1 -2 Lyric Suite Der Wein Drei Orchesterstücke op. 6 -1~ Die Nachtigall Nine Short Pieces 4 Pieces for Clarinet and Piano 1 -1~ Piano Sonata op.1 0 1 2 3 4 Violin Concerto -f -f -f -f -f Chamber Concerto für Klavier, Violine und 13 Bläser -1 -2 Seven Early Songs String Quartet op.3 -f -1~ -1~ | Synchronisation du Kammerkonzert de Berg。 

♯♭♪ (*^.^*) : Duke Pearson 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Black Coffee Theme from Rosemary's Baby Prairie Dog Scrap Iron  3 A.M. Modern Jazz Classics  Amanda Wahoo  Two Mile Run Witchcraft  Exodus  Is That So New Girl Make It Good Jeannine  Friday's Child After The Rain  Big Bertha  Hush!  Cristo Redentor Sweet Honey Bee You Know I Care Summertime Jean De Fleur Stormy Jean De Fleur  Les Liaisons Dangereuses (1962)  Sandalia Dela Minor League I love You  Minor League  Idle Moments  Nomad  Xibaba Taste of Honey  full album* :   The Right Touch

♯♭♪ (*^.^*) : Otis Clay 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ Top Tracks for Otis Clay * 0 Heaven Is My Home I love you, I need you Piece Of My Heart For the good times Is It Over 1 Slow And Easy Trying to Live My Life Without You 1 Unchained Melody I Can Take You to Heaven Tonight Got To Get Back Walk A Mile In My Shoes 1 Save A Seat For Me Love Of God Wild Horses 1 Truth is When The Gates Swing Open I Don't Understand It It Was Jealousy Leave me and my woman alone Brand New Thing Cryin'  That's How It Is YOU HURT ME FOR THE LAST TIME Slow and Easy You Can Make It I CAN'T TAKE IT I'm Gonna Hate Myself In The Morning HOUSE AIN'T A HOME Wonderful Tonight .... i testify play something pretty Leave Me & My Woman Alone That'll Get You What You Want I Can't Make It Alone Cry Cry Cry Hard Working Woman Turn Back The Hands of Time  The Only Way Is Up 1 The 2014 World’s Greatest Mother’s Day Gospel Bowl -1 -2 -3 -4 If I Could Reach Out I Can't take it I Die A Little Each Day RIP Otis Wild Horses When The Gates Swing Open Ellie My Love Love And Happiness/Soul Man Precious Precious IF I COULD REACH OUT Sending Up My Timber That's How It Is


nice!(167) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3417

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -National Park(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 モナシア・ドルレーヌ(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3417

=(・。.・)= と同じことをするのが、ちょっとうれしくもあり失望でもある。  両手で持ち上げると、柔らかい毛先の下に暖かいブルブル、ゴツゴツした躍動がある。  軽い、そしてちょびっと野獣が臭う、あぁ~*、別世界。  沸騰するものが西の山嶺に没し、余熱の緩やかな斜面に水が打たれ、こんもりしたハナゾノツクバネウツギから甘い憂愁が流れ出し、新しい方向・高台・街道・連山から足音しのばせ降りてくる沈静と煽情の風、絶対矛盾的自己同一。 

♯♭♪ (*^.^*) : Jackie McLean 0 1 2 3 4/ Dig   :     カラリ!と乾いたサウンド、つむじ風のような尾ひれの付いた独得の響き、シュワシュワ・変調の掛かったような高音。  軽やかに、ワク!~*、ワク!~*、と弾むリズム、心地良く疾走するテンポで始まる。  奇を衒わない真摯な、朴訥ささえも伺われる演奏スタイルは希有なものと言えるだろう。  めいめいの晩年までの演奏姿勢・スタイルの変遷に想いを巡らさずにはいられない。  改めて、天才ぶりをかいま見る想いがする。  目眩く素早いリードのブローイング、とホーンの放射。  J.McLeanの瑞々しいトーン、例の臆したような・言い淀んだような・お強請りをするような、さらによろこびのたなびく様な演奏スタイルは既に確立している。  M.ディヴィスの饒舌にして端正な、明快なよく浸透するトーンは、叙情性を基調としており、たっぷりでとてもよく歌う。  しなやかなストレートな放射は、実に表情が穏やかで陰影に富みくっきりとしており、なんと颯爽とし飄々としているだろう。  なんともスムーズで変幻自在、抑制を利かせた印象の残る放射スタイルは既に完成しているようだ。  S.ロリンズの唾の迸るような圧倒的な豪放な大股歩き・闊歩が見られる。  時々軋んだようなお茶目を覗かせる、よく響く深みのあるストレートなトーンはしみじみ心地良い。  W. B.ishop Jr.(P)のポロポロした、簡潔な雄弁さのないタッチは、とても渋くて好ましい。  Dig(7:36)、。  It's Only A Paper Moon(5:26)、。  Denial(5:42)、。  Bluing(9:58)、。  Out Of The Blue(6:17)、。  Conception*(4:02)、。  My Old Flame*(6:32)、。  *:CD Only  Miles Davis(Tp)、J. McLean(As)、S. Rollins(Ts)、W. B.ishop Jr.(P)、Tommy Potter(B)、Art Blakey(Ds)、Release Date: Oct 5, 1951。

♯♭♪ (*^.^*) : Berio,Luciano 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ Play List -Berio,Luciano La vera storia -f -1 -2 Un re in ascolto Rendering 1 Symfonieorkest Vlaanderen(Luigi Boccherini) 1 2 Accordo 4 Pezz Sonata for Clarinet and Orchestra Formazioni 1 Cronaca del luogo Concerto per due pianoforti e orchestra  Concerto for Two Pianos -1 -2 Concertino Concerto II Petite suite Récit pieces from Six Encores for piano ricorrenze Requies Bewegung Divertimento Ensemble 1 Chants Parallèles Corale SOLO -1 -2 Canticum Novissimi Testamenti -1 -2 Coro Coro, XXVIII-XXIX Coro, XXX-XXXI Nones Nones / Allelujah II / Concerto For Two Pianos E vò Perspectives Corale Linea 1 Melodrama 1 Outis -1 -2 Ekphrasis Formazioni Eindrücke Epifanie -1 -2 Arditti String Quartet Epifanie  Air Visage Naturale -1 -2 -3 1 2 Sinfonia 1 2 3 -3 Sinfonia for Eight Voices and Orchestra -f Sinfonia III   Movement -1 -2 -3 Differences Rounds Duetti per due violini Due pezzi Cristoforo Caresana Allelujah II -1 -2 Hallelujah II Ritorno degli snovidenia Glosse Fa-SI for organ Opus Number Zoo 1 Ritratto di Città Serenata I° Chemins IV   Sequenza -f Sequenza I 1 Sequenza II 1 Sequenza III 1 2 3 4 Sequenza IV 1 2 3 Sequenza V 1 2 3 Sequenza VI 1 Sequenza VII 1 2  Sequenza VIII 1 2 Sequenza IX Sequenza IXa 1 2 Sequenza IXb 1 2 Sequenza X 1  Sequenza XI 1 2 Sequenza XII Sequenza XIII 1 2 3 Sequenza XIV 1 2   Chemins I Chemins II 1 Chemins III Chemins V 6 encores for piano -1 -2 Piano Sonata Stanze O King 1 Psy for solo Doublebass Lied Momenti Electronic Works Points on the curve to find... 5 Variazioni per piano    Folk songs 1 2 3 4 5 6 7 8 Voci (Folk Songs II),  -1 -2 -3 Folk Songs III Coro, I-VIII Voyage to Cythera Chamber Music 1  Circles 1 Visage Laborintus -1 -2 -3 Laborintus II 1 2 3 -1 -2 -3 Omaggio a Joyce Passaggio Circles Cries of London Cries of London, per 8 voci Agnus A-ronne, per 8 voci -1 -2 -3 -4  Calmo a-ronne tarde de entrevista -1 -2 -3。 

♯♭♪ (*^.^*) : Duke Jordan 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   My Old Flame Blue Monk The Feeling Of Love All the Things You Are  Summertime Satin Doll  How Deep Is The Ocean  "Tea For Two~Stardust"  Wait and See On Green Dolphin Street  No Problem Glad I Met Pat, Take 4  My old flame Jordu  Dear Old Stockholm GLAD I MET PAT  Happens to Me  I Should Care  Here's That Rainy Day  full album* :  Flight To Denmark (1973, SteepleChase)  Brooklyn Brothers East And West Of Jazz (1962) Two Loves   full album* : 。

♯♭♪ (*^.^*) : Muddy Waters 1/ ☆□You Tube Search     ♫ Top Tracks for Muddy Waters * 1 Sail on I Wonder Who Sad Sad Day 1 You can't lose what you ain't never had My Home Is In The Delta Little Girl You Can't Lose What You Ain't Never Had  Live At The Chicago Fest 1981 -f The Montreaux Jazz Festival in Switzerland-f I'm A King Bee Manish Boy So Long I Can't Be Satisfied 19 years old  You Can't Loose What... Champagne and Reefer Tom Cat I'm A Howlin' Wolf My Babe That Same Thing Trace Adkins Stryker/Slagle Band Blow Wind Blow Champagne & Reefer Baby Please Don't Go Caldonia Going Down Slow Got My Mojo Working 1 Hoochie Coochie Man 2 3 Rollin' Stone Got my Mojo Workin' 1 Bye Bye Baby, Goodbye  Long distance call 1 2 3  Kansas City Mannish Boy 2 3 4 That Same Thing You Can't Loose What Your Never Had


nice!(177) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3416

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Death Valley(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 ボカ・フォルサ(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3416

じゃがいもと奥多摩の豆腐でシジミの赤だしを作り、鰹のタタキに酢橘をチュッ!とやって遅い夕食。  =(・。.・)= と、=( ゚。.゚ )= に、ネコクッキーと牛乳をあげる。  外に出ると、=( ゚。.゚ )= が素足の指を舐める。  明かりの下でしゃがんでいると、スタ!スタ!とやって来てぐるりと回りながら横腹を擦り付ける。  =(・。.・)= が呼び戻そうと、声を上げつつ接触する。  『チョンッ!、チョンッ!』と、叩いてからいきなりがぶりとやるが、くすぐったい圧なので笑いがこみ上げる。

♯♭♪ (*^.^*) : Irene Schweizer 0 1 2 3/ Willi the Pig - Live at Williso Jazz Festival  :     ジャケットは、鮮やかなピンクのPigのシルエット。  46分の圧倒的なフリー・フォーム・インプロヴィゼーションは美的秩序を保ち、全編切れ目がなく、ひとつの交響詩のように長い間の感銘が得られる。  Willi the Pig - part1(24:26)、圧倒的な戦慄の沸騰する濃密なフリー・フォーム・インプロヴィゼーションの合奏、I・シュバイツアー(P)、J・チカイ(Ss)の目眩く絶頂の歓喜に、たちまち魂が奪われる。  リードの優しいメロディーはとてつもなく、澄明・清冽でありハートに語りかける。  心地良いカラルシスが提供される。  Buschi Niebergall(B)のソロは激しいボーイング。  J・チカイ(As)の求心的耽美・インテリゼンス溢れるフリー・フォームブローイングはとても直接的なメッセージを感じることが出来る。  Willi the Pig - part2(21:58)、前曲からの継続、ベースとJ・チカイ(As)のデュオがあり、実に、すばらしい!リードを聴かせる、やがてI・シュバイツアー(P)とBuschi Niebergall(B)のデュオに移り、燦たる流麗・・繊細・絢爛のピアノを披露。  静かに消え入るようにI・シュバイツアー(P)のプレイが終わる。  J・チカイ(As)の眠れる獅子の目覚め、ドラム、ベースの興奮の戦慄、心地良い粘着力・くっきりした音色、鮮やかな色彩にとても満足。  執拗な繰り返しが解かれフェイドアウト。  J. Tchicai(As,Ss)、Irene Schweizer(P)、Buschi Niebergall(B)、Makaya Ntshoko(Ds)、Release Date:Aug 30, 1975。

♯♭♪ (*^.^*) : Barber,Samuel 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Barber,Samuel  Adagio for Strings* : Adagio for Strings 1 2 3 4 5   Symphony no.1 -1 -2 -3 -4  no.2 -f -1 -2 First Essay for Orchestra op 12 1 Essay for Orchestra no.1 no.2 no.3 Second Essay for Orchestra, Op. 17 1    Medea's Meditation and Dance of Vengeance, op. 23a Overture to "The School for Scandal Mutations From Bach Capricorn Concerto, Op. 21 ANDROMACHE'S FAREWELL Die natali, op. 37 -1 -2 Agnus Dei 1 Toccata -1 -2 Body of a Woman Summer Music, Op. 31 Fadograph of a Yestern Scene    Violin Concerto -f -f -f -f -f -f -1 -2 -3 -1 -2 -3 -1 -2 -3  Concerto for Cello and Orchestra, Op. 22   Sonata, Op. 6 1    Summer Music for Wind Quintet 1   Piano Concerto op.38 -f -1 -2 -3 Canzone-Moderato, Piano Concerto Sonata for Piano, Op. 26 1 Nocturne, Op.33 Excursions Four Excursions, Op.20 Souvenirs, Op.28 1 Ballade op. 46   Summer Music for Wind Quintet String Quartet No. 1 -1 -2 -3 String Quartet, Op. 11 -1 -2    Serenades Knoxville, Summer of 1915 Op. 24 Twelfth Night -1 -2 Songs Sleep Now 2 songs 4 Songs, Op. 13 1  Nuvoletta Nocturne Hermit Songs  -1 -2 Dover Beach", Op. 3 The Crucifixion Love's Caution Prayers of Kierkegaard -1 -2 -3 -4。 

♯♭♪ (*^.^*) : Duke Ellington 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Duke Ellington ♫Topic ♫ Top Tracks *  "Thanks for the Beautiful Land on the Delta" "Blues for New Orleans" "Portrait of Louis Armstrong"  "Blues for New Orleans" Second Line "Portrait of Mahalia Jackson" "Portrait of Wellman Braud" "Tone Parallel to Harlem" johnny hodges all of me ISFAHAN "Heaven" Passion Flower  All Of Me 1 Stompy Jones 1 Just Squeeze Me Things Ain't What They Used To Be Let's Fall in Love Prelude To A Kiss 1 Just a Memory Passion Flower BILLY STRAYHORN Blood Coun Going Up Blue Goose take the "A" Train In A Sentimental Mood Isfahan MEETS COLEMAN HAWKINS mood indigo Satin Doll 1  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Maria Muldaur 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ Top Tracks for Maria Muldaur * 0 Bessie s Advice Southern Music Sad Eyes Steady Love My Sisters And Brothers My Journey To The Sky Don't Think Twice I've Done Made It Up In My Mind Any Old Time & Three Dollar Bill Mad Mad Me Everybody Cryin' Mercy *k~kat blues & jazz café  I'll Keep My Light In My Window Cajun Moon Louisiana Love Call  I Do Keep My Eyes On You I Was Made to Love You There Is a Love Sondown  Ob-La-Di, Ob-La-Da Infinite Mercy Don't You Feel My Leg Gringo en Mexico Buckets of Rain make feel my love My Tennessee Mountain Home Me and My Chauffeur Blues I Got to Move In My Girlish Days Put It Right Here I Belong to the Band Far Away Blues Grasshoppers in My Pillow I`m Goin` Back Home Grasshoppers in My Pillow Second Line It`s a Blessing  My Tennessee Mountain Home 'Live Recording' Layin' Right Here In Heaven Sweet Lovin Ol` Soul Empty Bed Blues Don't You Feel My Leg Make Love to the Music Vaudeville Man Here Is Where Your Love Belongs Long Hard Climb I'm a Woman The Work Song Richland Woman Blues 1 Black Coffee Richland Woman Blues Any Old Time Midnight At The Oasis Midnight at the Oasis 1 2 Sweetheart My Sisters and Brothers Don't ever let nobody drag your spirit down      1972 Sprague Hall, Yale -f


nice!(175) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3414

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -Miami Beach1(ストリートビュー)フランス -コルバラ(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3414

新宿に出かけた、楽しみにしていた東口”かぶらや”のランチ - プチプチ、くねくね関西うどんは、『日曜日はお休みします。』の張り紙であっけなくどうでもよくなり、”しゃぶ通”も準備中の張り紙を見せられ、新たに探すのさえめんどくさくなって 、帰りに”いなかや”の急な階段を登り”刺し定”を食す。  ”きんきの煮付け”は、『お時間かかりますが…。』とのことで諦める。  丸井地下の”Vergin”でCDを探す。  ワールドミュージックとJAZZの棚を見て回る。

♯♭♪ (*^.^*) : Herbie Hancock 0 1 2 3/ Speak Like A Child   :     ジャケットは、ピーチカラーの西空を背景に別れの挨拶のシルエット、ちょっと前屈みの青年と爪先立ちの恋人。  H.Hancock(P)の自由な夢見るように魅惑の旋律美、ホーンと木管アンサンブルによる、融け合い・響き合い極上のサウンドを生む、この音のテクスチュアーは魅惑の濃密な空間を構築します。  Riot(4:38)、堰を切ったようにキッパリと駆け出す。  R.Carter(B)とM.Roker(Ds)は踊るように軽やかに、開放感いっぱいのリッチなリズムを生成、推進します。  H.Hancock(P)は夢見るように魅惑の旋律、何処まで転がり・拡がるイメージを提出します。  .Jones(Fhn)とP.Phillips(BTb)、J.Dodgion(AFlt)、J.Dodgion(AFlt)のホーンと木管アンサンブルは融け合い・響き合い極上のサウンドを生む、この音のテクスチュアーで魅惑の濃密な空間を構築します。  Speak Like a Child(7:48)、サク!サク!と空間を刻み、時々歩みを止めるようなシンコペーションのリズム。  ホーンアンサンブルは淡いグラディエーションのかかった、ピーチ色の夕焼け空、透明感に満ちた空間を構築。  H.Hancockは果てしない地平に向かってうねるような、キラ…*キラ…*の波動を送ります。  たゆたうような揺らめきはとてもキリリとして澄明であり、揺らめく波紋から還る反射光のダンスのようです。  First Trip(5:58)、Ron Carterの曲、速いテンポの生き生きした開放感と自由の満ち足りた気分に包まれる。  Toys(5:50)、ホーンと木管アンサンブルによる音のテクスチュアー、魅惑の濃密な空間は実に心地良い。 R.Carter(B)のΘΘΠΠ~小走り先導は絶妙の美により思惟を掻き立てる。  Goodbye to Childhood(7:06)、魅惑の音のテクスチュアー、ピーチ色の夕焼け空は次第に無彩色に浸食され、くっきりしたシルエットを投じる。  H.Hancock(P)とR.Carter(B)は互いに会話を楽しみ、ゆっくりと緩やかな勾配を歩み、危うい光彩に融け込み行ってしまう。  The Sorcerer(5:35)、明快なリズムのドラムとベースの推進は自由な気分に包まれた歓びがいっぱい、H.Hancock(P)は、自由空間を大いなる意欲を持って飛翔する。  H. Hancock(P)、T. Jones(Fhn)、Peter Phillips(BTb)、Jerry Dodgion(AFlt)、R. Carter(B)、M. Roker(Ds)、Release Date: Mar 9, 1968。

♯♭♪ (*^.^*) : Albeniz Isaac Manuel 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Albeniz Isaac Manuel  el color de la música Cádiz (Saeta)  Merlin  -f Iberia -f -f -f -f -f -f Iberia XI La Guitarra Soñada -f Sorozábal: Pepita Jiménez -f Ramón Casas i Carbó nació   Rapsodia spagnola op 70 Rapsodia española -1 -2   Piano Concerto no.1 Fantástico -f -f -1 -2 -3   Suite española:Sevilla Suite Española -f Suite Española no.1 -1 -2 -3  Asturias 1 2 Cantos de España, Op.232 1 5 Cantos de Espana   Suite española, Op. 47-Asturias 1 2 -Sevilla 1 2 -Granada 1 -Cuba 1 -Cádiz 1 2 -Aragon -Castilla 2 -CATALUÑA 1 -Aragon 1 Seguidillas op.232-5 Almería - from suite Iberia book 2 Iberia: El Albaicin Malagueña Granada Rumores de la caleta Op 71 N° 6 Champagne Waltz in E-Flat Major La Vega España - Seis hojas de álbum, Op.165 Espana Op. 165 No. 2 Tango 1 El Albaicin Còrdoba -Tango - Castilla - Bajo La Palmera  Tango in A minor op.164-3 Evocación, Hermen Anglada Camarasa   Sevilla Op. 47 No. 3 Torre Bermeja Sevilla op. 47 Asturias 0 1 2 3 4    Cantos de España, Op. 232  Evocación, Hermen Anglada Camarasa Rumores de la Caleta

♯♭♪ (*^.^*) : Don Sebesky 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   117 Specia Samba with some Barbecue SLittle Train I Remember Bill Concierto de Aranjuez Catavento Trust in Me Emily Early Autumn Moon Dreams Vocalise Psalm 150 1 Skylark Recuerdos de Ayer Avalon Nature Boy Sounds Of Silence The Rape Of El Morro Love Is A Night Time Thing Aka Road Song Scarborough Fair The Innkeeper's Wife Take Ten MORNING STAR TAKE THE A TRAIN Fly / Circles Semi-Tough Yesterday's Dreams Water Brother The Word  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Lurrie Bell 1/ ☆□You Tube Search:     ♫ Top Tracks for Lurrie Bell * 0 My Love Will Never Die''&''Blues In My Soul Time Sarah Your Wild Thing Ain't Wild Enough Bring Yourself Back To Me Short Dress Woman VooDoo Whammy #1 Got My Eyes On You Second Hand Man''&''I Need You So Bad BLUES IN MY SOUL It's a Blessing Smokin' Dynamite Lurrie's Walk Bad Dog Swing Low Rapid Transit Got To Leave Chi-Town A Man And The Blues Blues In My Soul Heartaches and pain All Over Again The Devil Ain't Got No Music Cold , Cold Feeling Cadillac Assembly Line Peace in the Valley Wine Headed Woman Do You Hear? Wrapped Up In Love Raised On The Blues Help Me Hey Hey Baby I'll Get to Heaven on My Own Teenie Weenie Bit Smokin Dynamite Damn Right, I've Got The Blues Blues Had A Baby LEANING TREE I'm a fool Sweet Little Angel Reconsider Baby Smokin' Dynamite Shake Rattle And Roll Chicago bluesman Lurrie Bell live 4/19/08 I Believe Chicago Blues Festival 2015 Part 1 Ottawa Bluesfest 2015 Sweet Little Angel (1994) Honey Bee Massy 2013 César Valdomir & The Blue Midnight junto a Lurrie Bell. Valinor 09.03.16 Five Long Years + Cruxados en Tandil Cold Cold Feeling I Wonder Why & The DAVE SPECTER BAND - 1 TIN PAN ALLEY C5N - MUSICA: LURRIE BELL TOCA EN DE 1 A 5 What Have I Done Sweet Home Chicago   Second Nature -f Chicago Young Blues Generation -f


nice!(203) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3413

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -ナイアガラ滝1(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 ア・テラ(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3413

昨日の昼間、南窓の空中テーブルから『……?!』お出ましになり、ウバメガシによじ登ったり、嬉々とした真面目なお顔を覗かせていたのだが……。  のびのびとした細心大胆な精気が迸る無垢な野生のくつろいでいる姿を、そう…*っと覗き見る歓びは無類である。  朝早く、肩から斜に背負う鞄にミュージックマガジンを放り込み、電車に乗り込む。

♯♭♪ (*^.^*) : Herbie Hancock 0 1 2 3/ Maiden Voyage    :     全て、H.Hancockの曲、叙情詩風の曲の造り、ハードバップの片鱗も明確、マチスのような色彩を感じさせてくれる音のテクスチュアーは独得・希有なもの。  変幻自在で自由奔放、予測出来ない羽根が舞うような・軽やかな A.Williams(Ds)はとても魅惑、柔らかいトーンのF.Hubbard(Tp)はストレートで明るい、真摯でひたむきなG.Coleman(Ts)の渋い魅惑のブローイングが随所に登場するのはヨロコビ。  のびのび・ゆったり・寛いだ雰囲気に包まれ、このまま午睡の旅に出かけよう、といった気分になるのさ。  Maiden Voyage(7:57)、ンタタ…♪*・ンタタ…♪*、親しみ易い・残る打弦のシンコペーション、舞うような・軽やかなA.Williams(Ds)の導きで柔らかいF.Hubbard(Tp)がテーマを提出。  G.Coleman(Ts)がザックリと繰りかえし、続いてF.Hubbard(Tp)がゆったりとした安堵の、”ビリビリ”したトーンで展開する。  H.Hancock(P)は爽やかに拡散するイメージで開放感いっぱいにプレイ。  F.Hubbard(Tp)がゆったりと繰り返し静かに終わる。  The Eye of the Hurricane(6:01)、速いテンポ、挑戦的な感じのテーマをホーンが提出・卓抜なテクニックで展開。  G.Coleman(Ts)が渋くてストレートで好ましい放射、H.Hancock(P)は軽やかに弾むように流麗な優しいタッチで転がす。  Little One(8:47)、睡りから醒めゆっくり起きあがるようなテーマは先ずF.Hubbard(Tp)で提出される。  G.Coleman(Ts)の渋い魅惑のブローイングがとても新鮮に感じる、大いに驚き嬉しくなる感嘆のプレイ。  F.Hubbard(Tp)は意欲満々に放射。  H.Hancock(P)の優しいタッチは浸透力があり、心地良く首筋を撫でて過ぎる風のようにしなやか。  R.Carter(B)の訥々としたソロからアンサンブルで昂揚し完。  Survival of the Fittest(10:03)、アンサンブルによる劇的な開始、A.Williams(Ds)のソロに導かれホーンが颯爽と駆け出す、勇ましい闊達な放射。  A.Williams(Ds)はフリー・フォーム風なプレイを見せる。  G.Coleman(Ts)の、パワフルな池から引き揚げるような渋くて魅惑的なブローイングが炸裂する。  辺りの空気が引き締まる感じがとてもいい。  それぞれのメンバーの自由なプレイは刺激的で新鮮。  Dolphin Dance(9:16)、ゆったりしたテンポは午睡を微睡むようだ、ホーンがテーマを提出し次第に意欲満々にプレイ、熱くなっていく。  G.Coleman(Ts)のゴツゴツした皮膚感覚と、過不足無い悩める風な展開がすばらしい!。  H.Hancock(P)はたっぷりと伸びやかなプレイ。  穏やかなホーンから合奏になり静かに終わる。  H. Hancock(P)、F. Hubbard(Tp)、G. Coleman(Ts)、R. Carter(B)、T. Williams(Ds)、Release Date: May 1, 1965。

♯♭♪ (*^.^*) : Adams,John Coolidge 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Adams,John Christian Zeal and Activity 1 NTR ZaterdagMatinee(2;05:25) Light Over Water -1~ Short Ride in a Fast Machine City Noir The Death of Klinghoffer -Night Chorus Lollapalooza A Flowering Tree : -1 -2 -Excerpt -Chorus -Finale Tromba Lontana China Gates 1 Lagacy Io sono l'amore Son Of Chamber Symphony Road Movies Theme Song Phrygian Gates -1 -2 -3 El Nino Grand Pianola Music Harmonium -1-excerpt -1 -2 -3 Violin Concerto Doctor Atomic Symphony -1 -2 -3 Chamber Symphony -1 -2 -3 Short Ride Is A Fast Machine II. Mother of the Man Shaker Loops : On the transmigration of souls 2 Shaking and Trembling 2 The Chairman Dances 1 Shaker Loops Hymning slews Tribute Interview In Focus

♯♭♪ (*^.^*) : Don Pullen 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Yamani's passion Ode To Life Kele Mou Bana Poodie Pie The Sixth Sense Listen To The People Silence Equals Death Serenade for Sariah Mr Smoothie Song From The Old Country We've Been Here All The Time Richard's Tune Forever Lovers Saturday Night In The Cosmos The Necessary Blues Trees and Grass and Thangs City Gates God has smiled on me Intentions 1 2 Soft Seas Earth Beams Dionysus The Duke Ellington's sound of love Unknown Blues Richard's Tune Payday Blues Fables of Faubus Flower For A Lady & Chico Freeman Quartet 78 Roots The Necessary Blues-1 -2 -3 Song From The Old Country  D・ Pullen, G・ Adams Quartet Nilson Matta 2 Charles Mingus- Flowers For A Lady (1974) Goodbye Pork Pie Hat  full album* :  。

♯♭♪ (*^.^*) : Leela James 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Leela James ♫ Top Tracks for Leela James * 0 When You Love Somebody Damn Your Eyes Tell Me You Love Me Fall For You Miss you Prayer a change is gonna come 1 It's Allright Mr Incredible Ms Unforgettable I Want to Know What Love Is Set Me Free Don't Speak Stay With Me The Fact Is Give It Save Me  Simply Beautiful 1 Mr incredible Ms Unforgetable  My Joy 1 Mistreating Me Fall For You 1 2 My Soul Soul Food Let's Do It Again 1 I'm Loving You More Every Day Everything Clean Up A Woman Set Me Free A Change Is Gonna Come No Tears You Know How To Love Me Say That 1 Something Got A Hold On Me Miss you Do Me Right When You Love Somebody 1 I'd Rather Be With You 1 Long time coming  I'd Rather Go Blind 1 Say That So Good Don't Speak Tell Me You Love Me Set Me Free Music 1 Good Time The Roots - Work It's A Man's Man's Man's World Baby, I'm Scared Of You 1 I Try Rain Fall For You Karaoke Compared to what


nice!(174) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3412

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -マウントシグナル(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 サンティエ・デ・ヂュアニエール(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3412

膨大な清浄に洗われる。  振り返ると、月下に浮かび上がる宮殿、巨大な鐘の沈んだ深い淵、戦慄の世界が出現している。  ビョウ、ビョウたる流体が過ぎる。  倉古に海から陸に這い上がった薄い皮膜だけに覆われた生命体が、星降る干潟のとろとろの砂の海で、交尾する頃、松林を駆け下りる。  椋鳥が休む杜に白い月がもたれかかる頃、安心してやっと目を閉じる。  また、=(゜。.゜)= チビちゃんの仔、C・Cちゃんの姿が見えない。 

♯♭♪ (*^.^*) : Herbie Hancock 0 1 2 3/ Empyrean Isles   :     H.Hancockがこれまでのハードバップ様式から脱し、新たなるスタイル、自由な音のテクスチュアーの油絵に向かい始めた、現場に立ち会う。  大陸的なおおらかな気分をくれるから、回を重ねて少しずつ好きになっていった思い出がある。  Jazzの良さを初めて、納得させてくれた作品。  予測出来ない羽根が舞うような・軽やかなA.Williams(Ds)がとてもすばらしい!。  R.Carter(B)の心地良い新感覚の推進はとても新鮮。  One Finger Snap(7:15)、やや速いテンポ、F.Hubbard(Tp)が意気揚々とテーマを提出、オブリガート風なピアノ。  予測出来ない羽根が舞うような・軽やかな、A.Williams(Ds)、R.Carter(B)の心地良い新感覚の推進。 H.Hancock(P)の流れるような流麗なのびのびした心地良いプレイ。  ハードバップから脱出しつつあるその場面に立ち会う興奮、よろこびに襲われる。  A.Williams(Ds)の鮮やかな大理石の切り出しとパルテノン宮殿の構築。  One Finger Snap*(7:47)、F.Hubbard(Tp)がテーマを提出、たちまちH.Hancock(P)の泉のように噴出する流麗なテクスチュアーと、優しくも浸透力を秘めたタッチに驚く。  F.Hubbard(Tp)はバリバリ放射、とても意気盛んなやんちゃの態。  A.Williams(Ds)の思い切った弾劾がすばらしい!。  Oliloqui Valley(8:27)、やや速いテンポ、颯爽としたホーンの叫び、H.Hancock(P)の強靱な目眩く打弦で開始。  A.Williams(Ds)の舞うような軽やかな弾劾は心地良い。  F.Hubbard(Tp)も鋭気溢れる放射ながら、脱ハードバップの苦悩を滲ませる。  Oliloqui Valley*(10:43)、H.Hancock(P)の内省的な美の構築志向が伺えるプレイ、流麗ながら強靱なタッチは衰えず、苦悩しながらもひたすら邁進する。  前テイク同様、F.Hubbard(Tp)も鋭気溢れる放射ながら、脱ハードバップの苦悩を滲ませる。  R.Carter(B)も自由な推進スタイルを模索中らしい、そして後に多用する”トッ・トッ・……トッ”スタイルの片鱗を覗かせる。  Cantaloupe Island(5:30)、ファンク風リズム、F.Hubbard(Tp)がテーマを提出、やがて天空高く飛翔、気持ちよさそうに滑空する。  H.Hancock(P)は、シンコぺーションで刻むスタイルをチョッピリ実験中。  The Egg(13:59)、起伏のないメロディー、不思議なテーマが提出される。  F.Hubbard(Tp)はインパルスとタラタラした放射、リズム部門も同じく旋回奏法。  やがて静寂から、R.Carter(B)のアルコ、幽玄の空間に引き出されてしまう。  R.Carter(B)の新しい推進により、H.Hancock(P)は目覚め、フリー・フォームの打弦の実験を行うのさ。  A.Williams(Ds)のすばらしいキックで、一瞬蘇生した苦悩のH.Hancock(P)とF.Hubbard(Tp)断末魔も小さくなっていく。  *: alternate take、H. Hancock(P)、F. Hubbard(Fgh)、R. Carter(B)、T. Williams(Ds)、Release Date: Jun 17, 1964。

♯♭♪ (*^.^*) : Zubin Mehta 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Zubin Mehta Instituto Baccarelli sangrevienesa Wien new year concert 2007 -1 -2 70th Birthday Daniel Barenboim -1~   Noam Sheriff/ Sephardic Passion in a Joint concert April 2004 -1~   Boieldieu/ Concerto for Harp and Orchestra -1~   Bartók/ Il Mandarino Meraviglioso -1~ The Miraculous Mandarin   Weber/ Clarinet Concerto   Schoenberg/ Verklaerte Nacht -f   Webern/ Sechs Stücke für Orchester op. 6   Stravinsky/ The Rite of Spring Le Sacre du printemps   Rimsky Korsakov/  Capriccio Espagnol Op 34   Offenbach/ Orpheus in the Underworld   Mussorgsky/ Prelude to Khovanshchina La grande porte de Kiev   Respighi/ Feste Romane   Verdi/ Requiem -Dies irae,Tuba mirum Tannhauser Overture   Ravel/ Tzigane   Bizet/ Carmen' Overture   Carl Orff/ Carmina Burana   Saint-Saens/ Introduction & Rondo Capriccioso   Lalo/ Cello concerto -1   Beethoven/ Symphony no.8 -f no.9 -f Leonore Overture no. 3 Piano Concerto  no.3 -f no.5 -1~   Brahms/ Schicksalied op.51 -1 -2   Mozart/ Requiem -f Mass in C min Violin Concerto no.3 -1~ Sinfonia Concerto K. 364 -1 -2   Schubert/ Symphony no.3   G. Mahler/ Symphony no.1 -f  no.2 -f   Dvorak/ Slavonic dance No 8   Chopin/ Piano Concerto no.2 -1~   Verdi/ Rigoletto -f Il Trovatore Requiem -1~ O don fatale   Puccini/ Te Deum Nessun Dorma Il Trovatore   Strauss Jr., Johann/ Waltz Rosen aus dem Süden Blue Danube ces, Perfumes, Toxins!   Tchaikovsky/ Violin Concerto -f   Rachmaninov/ Rhapsody on a theme by Paganini   Zubin Mehta

♯♭♪ (*^.^*) : Don Moye 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫Top Tracks* Famoudou Don Moye Solo Oasis At Dusk 2014  Sun Percussion Volume One The Leaders: Sun Precondition One "Egwu Anwu" (Usa, 1978) de Joseph Jarman  Baba Sissoko (USA/Mali). APositsia - X, 2014, Saint-Petersburg, Russia  New York Organ Ensemble - Jazzwoche Burghausen Sun Percussion Summit & More - Just My Imagination  Wahoo Milano Strut "Ornettology" "Run Run My Crazy Heart" "Love Is a River Without Banks" Extract of the suite Bars  Pomigliano Jazz Festival 2009 "Fancy Pants" Life is Live vol50 SPECIAL  au Roll'Studio. 21 janvier 2012 Live in Milan 1979 "Bellina" "Muzkonstructor",  2013, St.Petersburg, Russia Eric Dolphy's 245

♯♭♪ (*^.^*) : Lauryn Hill 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Lauryn Hill * Ex-Factor Feeling Good & Bob Marley-Turn Your Lights Down Low 1 2 Can't Take My Eyes Off Of You Everything Is Everything  Doo-Wop I Find It Hard To Say 1 Miseducation the conquering lion Just Like The Water World Is A Hustle 1 Take Too Much Lose Myself The Passion Guarding The Gates Final Hour The Makings of You Close To You Nothing Even Matters Legend-f Freedom I Used To Love Him Forgive Them Father Everything is Everything Killing Me Softly 1 Zion 1 &Santana - To Zion Cant Take My Eyes Off Of You 1 Ex factor 1 2 feat. Ziggy Marley - Redemption Song His eye on the sparrow Selah 1 On That Day Lost Ones 1 Little Drummer Boy say Hot Beverage In Winter Tell Him 1 Sweetest Thing feat. Ziggy Marley - Redemption Song Joss Stone "Music" Mystery of Iniquity Doo Wop Repercussions Here But I'm Gone The Miseducation of Lauryn Hill -f Live In Japan (1999)  -f Rototom Sunsplash 2014 -f


nice!(181) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3411

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -カブリオ国定公園-1(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 マリン・タルボ(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3411

くっきりした黒い影を踏んで、明るい松林の中をどんどん行く。  黒い影が追いかけてくる。  微かな潮の吐息を頼りに、月の驟雨を浴びてどんどん行く。  曲がったのや傾いだのや俯いたのが、『ハッ…!』として顔を上げる。  防砂林の黒松、サンドポンプで浅瀬から海底をここに持ってくる前に植えられた。  下草の生えない、砂地は雨で持って行かれ、ゴツゴツした暗褐色を突き上げた。  ほの白く長く浮かぶ防波堤に長々と体を横たえ、落ちてくる星を浴びる。

♯♭♪ (*^.^*) : Hank Jones 0 1 2 3/ Sarala VERVE314 526 783-2/ JAZZ+AFRO POP   :     ジャケットは、大きな籠のようなゆったりした背もたれの椅子のH.Jonesが左に立つCheik-Tidiane Seckと向き合っている、冊子には楽器を持った19人の笑顔、いずれも自信と生きる喜びが溢れかえっている。  西アフリカ、マリの辣腕ミュージシャンとの協演、アフロポップスの魅力が散りばめられており、すばらしい!熱気・サウンドが堪能できる。  Aly Kawélé(1:03)、木管のすばらしい!演奏に圧倒され、ドキモを抜かれる。  Sarala(5:47)、コーラス、ソロボーカル(C.-T.Seck)が心地良い、ワクワクするリズム。  H.Jones(P)がメロディーをJazzスタイルで演奏。  すばらしいヨロコビのコーラス。  Maningafoly(7:23)、L.Kouyate(Balafon)の明るいサウンドに驚かされる、O.Kouyate(G)の動物的トーンの響き、A.Wagué(Flt)、H.Jones(P)とソリストが移る、ハモンドオルガンの目眩くサウンドに酔わされる。  Tounia Kanibala(7:52)、ウキウキするリズムに寂寥感が潜む、D.-M.Condé(Kora)の妙なる悠久の音色がすばらしい!、K.-M.Diabate(Vo)が渋くて味わい深い。  A.Wagué(Flt)はすこぶる人間的な息吹を感じさせる。  荒野の地平を這って何処までも拡がるヴォーカルには、聞き惚れ黙って立ちつくしてしまう。  Komidiara(6:58)、L.Kouyate(Balafon)の大地のサウンドにやられてしまう。  T.Daiakite(Vo)に続いてハモンドオルガンとH.Jones(P)の協演・饗宴となる。  Moussa Sissokho(djembe,tama )の優しい鼓の音色はすばらしい!。 ハモンドオルガンが狂おしい情念を発散させ激しく上昇する。  見事なアフリカンビートの坩堝。  Fantagué(8:20)、D.-M.Condé(Kora)の目眩く見事な演奏を挟んで、H.Jones(P)がアフリカンビートに見事に調和、たっぷりjazzを演奏。  Mâké(7:06)、ゆったりしたテンポ、C.-T.Seck(Vo)の渋い声、艶めかしバックコーラス、”パキ!パキ””ギター、ピアノ、すばらしい!合奏は次第にアフリカンビートの坩堝となり昂揚し完。  Walidi Ya(7:02)、ピアノとハモンドオルガンで魅惑に満ちた開始!、渋くて心憎いタメの聴いたピアノ。  シンプルなリズム、見事なハモンドオルガンはエモーションがはち切れそう。  A.Annabi(Vo)は異色、アラブ風のメロディーがコーラスで繰りかえされる。  Soundjata(7:15)、ギターのオープニング、心地良いバックリズム、A.Wagué(Flt)がすばらしい演奏。  ハモンドオルガンの憂愁、渋くて心地良いギターのオブリガート、K.-M.Diabate(Vo)の美声、パーカッションにピアノが加わりサウンドがズンズン極彩色に変貌を遂げる、実に息を飲むほど美しい。  Hank Miri(4:55)、たくさんの楽器が妙なる響きを背後創出、推進させている、H.Jones(P)に続きハモンドオルガンが見事な展開を披露。  Hadja Fadima(8:24)、A.Wagué(Flt)のすばらしい演奏で開始。  燦たるコーラス、絢爛たるリズム、エモーションたっぷりのうねり、H.Jones(P)の実に調和した演奏。  ハモンドオルガンが妖しい唆しを、L.Kouyate(Balafon)がなんとも痛快な胸の透く音色を提出。  沸き立つようなアフリカンビートサウンドに、圧倒的な堂々としたヴォーカルが心地良い。  Moriba Ka Foly(1:03)、M.Koita(n'goni)のソロで、深い余韻を残し終わる。  H. Jones(P)、Cheik-Tidiane Seck(Prc, Arr,HammondOrg,Vo)、Amina Annabi,Kasse-Mady Diabate,Fatouma "Mama" Kouyate(Vo)、Tom Daiakite,Assitan "Mama" Keita(Vo,Prc)、Aly Wagué(Flt)、Djely-Moussa Condé(Kora)、Lansine Kouyate(Balafon)、Moriba Koita(n'goni)、Ousmane Kouyate,Manfilla Kante,Diely-Moussa Kouyate(G)、Sekou Diabate(BG)、Cesar Anot(BG,Prc)、Eric Vinceno(DB)、Moussa Sissokho(djembe,tama )、Mare Sanogo(doum)、Jorge Amorim(Prc)、Release Date:Apr 1, 1995。

♯♭♪ (*^.^*) : Yehudi Menuhin 1/ ☆□You Tube Search :     Breton in Sarajevo Sitar & Violin Duet   Szymanowski/ Notturno e Tarantella, op. 28   Bruch/ Violin Concerto -1 -2 -3   Schumann/ Violin Concerto -1 -2 -3   Dvorak/ Violin Concerto -1 -2 -3 -4   Elgar/ Violin Concerto -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 1 CelloConcerto -1 -2 -3   Ravel/ Tzigane Rapsodie de concert   Bach/ Concerto for Violin and Oboe in D minor. BWV 1060. Adagio Violin Sonata no.1 -1 -2 -3 -4 no.4 -1 -2 -3 -4   Beethoven/ Violin Concerto -1 -2 -3 Triple Concerto -1 -2 Violin Sonata no.5 Spring -1 -2 -3 no.10 -1 -2 -3   Bartok/ Contrasts for Clarinet, Violin & Piano -1 -2 -3 -4   Mendelssohn/ Violin Concerto -1 -2 -3 -4   Brahms/ Violin Concerto -1 -2 -3 -4 -5 Hungarian Dance no. 5   Paganini/ Moto Perpetuo Violin Concerto no.1 -2 -3 -1 -2 -3 -4 La Campanella   Vivaldi/ Violin Tutorial -1~ 。

♯♭♪ (*^.^*) : Donald Byrd 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *  Fuego 1959  Lament Funky Mama  The Third Dig Tanya with Strings- September Afternoon Fly Little Bird Fly  Donald Byrd & Gigi Gryce. Jazz Lab Quintet.  Night Flower (1961)  Hush Curro's Eldorado  Hank Mobley Sextet  and Stan Getz, in Fontessa Live in Germany, 1957  Donald Byrd quintet Cannes 1958 The Cat Walk Wind Parade  Cristo Redentor Polka Dots and Moonbeams WINTERSET Out of this world Curro's The blues walk Paul's Pal Flute blues House of Chan Jeanine Jazz Lab Quintet Distant Land Cristo Redentor Eldorado Blackjack Gate City Lex Carlol My Girl Shirl Child's Play Soulful Kiddy Bo Three wishes A City Called Heaven Jeannine At The Half Note Cafe -2 Wild Life  Places and Spaces Lanasana's Priestess   full album* :  Donald Byrd Quintet-Live at the olymplia 1958 & Gigi Gryce. Jazz Lab Quintet -f  At The Half Note Cafe, Vol. 2 (1963/2015)   full album* : 。

♯♭♪ (*^.^*) : Junior Wells 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Junior Wells *  Give Me One Reason Going Home Trust My Baby The Hoodoo Man I'm Gonna Move To Kansas City Yonder Wall Pretty Woman Sweet Sixteen! Use Me! Get Down! STORMY MONDAY BLUES LOOK HOW BABY Don't You Lie To Me SOUTH SIDE BLUES JAM-1 -2 Country Girl Ships On the Ocean King Fish Blues Mystery Train Help Me Come On In This House Messin' With The Kid Catfish Blues In The Wee Hours The Wee Hours She Wants To Sell My Monkey You Gotta Love Her With A Feeling How Can One Woman Be So Mean What'd I Say She's All Right Snatch it back and hold it 1 Hoodoo Man Blues We'Re Ready Early In The Morning Baby What You Want Me To Do Chitlin Con Carne at Theresa's in Chicago live c. 1995 Cryin' Shame Hoochie Coochie Man Messin With The Kid 2 The Hoodoo Man Little By Little My Mojo Working  Cryin' Shame Got My Mojo Working Good Morning Schoolgirl | Come On In This House Hobo Blues


nice!(209) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3410

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -カブリオ国定公園(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 Plage de Saleccia(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3410

夜更けに突然、”ガタ!ガタ!”と網戸が激しく音を起てる。  朝方、『ドン!、ドン!』、何かが窓に激しくぶつかる、一瞬  (^.^ ;) く。  =(・。.・)= である。   星月夜は、心乱れる。  拡げた本を閉じ、箱からスルリと抜けだし、白熱光の部屋を後にする。  暗い道を急ぐ。  見上げると、天空に手を延ばす黒い枝越しに、青い月が付いて来ている。  月に照らされた砂利道が白く延びている。  木立を抜け高台に出る、風が流れている。  風を吸いながら黒い海に続く白い道を進む。

♯♭♪ (*^.^*) : Hank Jones 0 1 2 3/ The Talented Touch   :     若々しいH. Jones(P)の端正で真摯なリラックスしたはち切れんばかりの意欲に満ちたプレイ、流麗であり何処かストイックな情感が滲み出て、すばらしい!。  If I Love Again(1:58)、ミュージカルの主題歌。  My One and Only Love(2:35)、有名なラヴソング。  Don't Ever Leave Me(2:38)、J.カーンの曲、ミュージカルの主題歌。  It's Easy to Remember(2:45)、R.ロジャースの曲。  You're My Love(3:00)、ラテンのリズム、。  Blue Lights(2:58)、G.グライスの曲。  The Blue Room(2:43)、R.ロジャースの曲。  A Sunday Kind of Love(2:44)、。  Star Eyes(2:49)、スタンダード曲。  Let Me Know(2:30)、H.ジョーンズの曲。  Try A Little Tenderness(3:31)、バラード。  Easy To Love(3:21)、C.ポーターの曲。  Barry Galbraith(EG)、H. Jones(P)、Milt Hinton(B)、Osie Johnson(Ds)、Release Date: Jan 1, 1958。

♯♭♪ (*^.^*) : Wolfgang Sawallisch 1/ ☆□You Tube Search :     Herold/ Zampa Overture   Smetana/ Sawallisch Conducts Šárka   Dvorak/ Stabat Mater -f -f Danças Eslavas OP 46 -f Slavonic dances no.1   no.2 no.3   no.4 no.5 no.7 no.8   Schubert/ Complete Symphonies and Overtures (D 82, 125, 200, 417, 485, 589, 759, 944, 590, 591) -f Schubert - "Unfinished Symphony" in B minor  -f Symphony no.1 -f  Symphony no.9 -f  MASS SOLEMNIS' no.6 in E-flat major, D.950 -f Lazarus -f Stabat Mater -f German Mass - Deutsche Messe -1~ Magnificat in C Major D.486 Der Gondelfahrer" (Chorus) D. 809, Op.28  Salve Regina LIEDER-PRICE -1~   Bach/ Johannes Passion BWV245, -1~ Toccata and Fugue in D minor    Haydn/ Symphony no.94 -1~  no.100 -1~  no.101 -1~ Die Schopfung   Beethoven/ Symphony no.3 -f  Symphony no.6 -f Missa solemnis -Kyrie -Gloria -Credo -Sanctus -Aqunus dei Violin Concerto -f   Brahms/ Symphony no.1 -f  no.2 -f  no.3 -f  no.4 -f Alto Rhapsody Ein deutsches Requiem, Op. 45 -1~ Violin Concerto -f Double Concerto Brahms,op.102   Mozart/ Die Zauberflote -f Idomeneo -f Symphony no.41 -f Piano Concerto no.21 -f   Orff/ Carmina Burana   J.Strauss/ Morgenblaetter   R.Strauss/ Vier letzte Lieder -f Capriccio -f Im Abendrot Beim Schlafengehen Früling Festliches Präludium op.61 Symphonia Domestica -1 -2 -3 -4 -5   Wagner/ Obertura - La Prohibición de amar Das Liebesverbot Der fliegende Holländer -f  Loheng -f -1 -2 -3 Overture Tannhäuser -f Oveture Götterdämmerung -f DAS RHEINGOLD  Die Walküre -f -1 -2 SIEGFRIED -1 -2  GOTTERDAMMERUNG -1 -2 Allmächt`ge Jungfrau Wesendonck-Lieder -f -f

♯♭♪ (*^.^*) : Django Reinhardt 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Django Reinhardt ♫Topic ♫ Top Tracks *   Honeysuckle Rose -f Tricopter Onboard Bei mir bist du schön Echoes of France La Mer Rose Room Undecided St. Louis Blues Don't Worry About Me Beyond The Sea Montmartre Stardust Aquarela do Brasil I'll See You In My Dreams Deccaphonie Nuages Liza My Serenade Mafia Soundtrack Belleville Cavalerie The Sheik of Araby Nagasaki Honeysuckle Rose Sweet georgia brown Jazz Guitar Genius Swing Guitars | Nuages Minor Swing The Stray Gypsies Minor Swing Django Reinhardt Django Reinhardt Festival 2006 〃2007 Samois 2007 Day -1 -2 -3 -4 Memorial 2007 Legacy Day One Improvisation  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : John Lee Hooker 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -John Lee Hooker ♫ Top Tracks for John Lee Hooker * 1 Six Page Letter Blues Before Sunrise Tupelo 2 The Healer 1 4 That´s My Story Drugstore Woman Never Get Out of These Blues  Alive 1 Rainy Day It's My Own Fault Chill Out 1 2 My Dream 1 Sittin' Here Thinkin' Thought I Heard Same Old Blues Again I´m Bad like Jesse James 1 I Cover the Waterfront I ain´t gonna suffer no more Goin' to Louisiana Drifting Blues 1 Sugar Mama I Need Love So Bad The Journey This Land is Nobody's Land 1 graveyard blues No Shoes Moanin ' Blues Bank Robbery End Credits Two White Horses I Lay Down 1 Ali D'Oro 1 I'll Never Get Out of.. Hobo Blues I`m going upstairs 1 burning hell Crawlin' King Snake Boogie Chillen One bourbon, one scotch, one beer Rock Me Baby Deep blue sea I'm In The Mood 1 3 Black Night I'm in Bad Like Jesse James  It Serves Me Right To Suffer 2 & Bonnie Raitt Helpless Blues Crawlin’King Snake Roadhouse Blues 2 Boogie Chillin 1 Boom boom 1 Boogie At Russian Hill One bourbon, one.. Two Songs Walkin' the Boogie Live 1984-1992 -1 -2 -3 Think Twice Before You Go Crowlin It Serves Me Right To Suffer    full album* :  。


nice!(170) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3409

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -カブリオ国定公園(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 Plage de Saleccia(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3409

夜更けに突然、”ガタ!ガタ!”と網戸が激しく音を起てる。  朝方、『ドン!、ドン!』、何かが窓に激しくぶつかる、一瞬  (^.^ ;) く。  =(・。.・)= である。   星月夜は、心乱れる。  拡げた本を閉じ、箱からスルリと抜けだし、白熱光の部屋を後にする。  暗い道を急ぐ。  見上げると、天空に手を延ばす黒い枝越しに、青い月が付いて来ている。  月に照らされた砂利道が白く延びている。  木立を抜け高台に出る、風が流れている。  風を吸いながら黒い海に続く白い道を進む。

♯♭♪ (*^.^*) : Hamiet Bluiett 0 1 3/Nali Kola  :     アフロリズムを奏でる民族楽器(トーキングドラムなど)との普遍的な安らぎ・祝祭の謳歌。  Bouka(5:30)、アフロリズムを奏でる民族楽器(トーキングドラムなど)の寛いだ空間は心地良い。  Snake Back Solos(5:39)、Quincy Troupeの詩の発表は、思惟のそよぐ鋭意と鷹揚の発散する。  Enum(6:15)、H・ブルーイット(Bs)とアフリカンドラム(複数)とのデュオ。  ポリリズムのドラムは果てしない地平に向かい、鷹揚であり全世界的な歓喜を秘めており、不思議な・普遍的な魅惑に満ちている。  Broken Sticks(8:01)、〃デュオ。  Nali Kola (A.K.A. Sobre une Nube)(17:18)、新たなドラムの参加、ブラスアンサンブルで静かに開始、たちまち自発性に満ちた、自由なインプロヴィぜーションを繰り広げる。  J・プランキー(Ss)は、のびのびした心地良い長いソロを展開、H・ブルーイット(Bs)は、アフロリズムと親和を図り、フリー・フォームで熱くブローイング。  D・スミス(P)のソロも登場。  ポリリズムのドラムの祝祭が続き、長大な叙事詩の絵巻は圧倒的な充実を獲得、ブラスアンサンブルの助奏があり成就。   Ganza(4:53)、H・ブルーイット(Flt)の突出した魅惑のメロディー、やや早いポリリズムをたなびかせる覇気漲るアフリカンドラム。  H. Bluiettt(Flt,Bs)、Billy Patterson(G)、James Plunky Branch(Ss)、Hugh Masekela(Tp)、Donald Smith(P)、Quincy Troupe(Poet)、Chief Bey(Afrds)、Okeyema Asante(Afrds)、Titos Sompa(Afrds)、Seku Tonge(Afrds)、Release Date:Jul 7, 1987。

♯♭♪ (*^.^*) : Wiener Symphoniker 1/ ☆□You Tube Search :      Play List -Wiener Symphoniker(Vienna Symphonic Orchestra) Plácido Domingo, Diana Ross, José Carreras A-bomb Drawings-Dan Symphony 6 "Hiroshima"   Handel/ Wassermusik (Water Music) Suite Nr. 2    Beethoven/ Missa Solemnis   Massenet/ Mediation   Franz Lehar/ "Gold und Silber",Walzer Eva   Ambroise Thomas/ Ouverture to the opera "Mignon"   Georges Bizet/ L'Arlesienne Suite No 1, Prélude L'Arlesienne Suite No 2, Farandole   Amilcare Ponchielli/ "Dance of hours" from the opera "La Gioconda"    Johann Strauß/ "Unter Donner und Blitz"  "Frühling in Wien" "Donauweibchen" Vöslauer Polka Donner und Blitz (Thunder and Lightning)    Franz von Suppé/ Ouverture from the operetta "Leichte Kavallerie"   Jacques Offenbach/ Can-Can from the opera "Orpheus aux Enfers"   George Gershwin/ "An American in Paris", Symphonic poem   Robert Stolz/ Wiener Cafe Walzer for Orchestra   Smetana/ The Moldau   Verdi/ Luisa Miller    Aram Chatschaturjan/ Walzer aus der Suite „Masquerade..   Jacques Offenbach/ Ouvertüre zur Operette "Die schöne Helena"   Georjij Swiridov/ Militarmarsch aus "Der Schneesturm"    Richard Strauss/ Erste Walzerfolge aus der Oper "Der Rosenkavalier" op. 59 ..    Franz Schubert/ Ouvertüre zum Singspiel "Die Freunde von Salamanca" D 326..

♯♭♪ (*^.^*) : Dizzy Gillespie 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Bebop 0 1 2 3 Toy Umbrella Man Unicorn (1977) A Night In Tunisia Live 81  Salt Peanuts Dizzy Gillespie Quintet-(Jazz 625) 1966.  Charlie Parker and Dizzy Gillespie Hot House 1951  Salt Peanuts Tin Tin Deo 2 3 Calidoscopico Goodbye Mr Evans My heart belongs to daddy All The Things You Are A Night In Tunisia 1 2 3 Ray's Idea 1 Ow! Lover come back to me Things to Come dizzy's blues Oop- Bop-Sh'Bam Groovin High The United Nation Orchestra-1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 -9 -10 Round About Midnight school days Just Tippin' In Jambo Caribe di Gio Co One Note Samba Closer | Be-bop If I Should Lose You Parker's mood Night In Tunisia   full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : James Carr 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for James Carr * You Got My Mind Messed Up 1 Love Attack I'm Going for Myself At the dark end of the street I Don't Want To Be Hurt Lover's Competition Forgetting You A Man Needs A Woman The Dark End Of The Street I'M A FOOL FOR YOU TO LOVE SOMEBODY  Take Me To The Limit Lovable Girl  ON SOUL FACTS SHOW  Hold On (To What We've Got) Freedom Train  She's Better Than You Stronger Than Love RIng Of Fire A Losing Game Search Your Heart I'm Going for Myself  Dixie Belle You Hurt So Good What Can I Call My Own These Arms Of Mine That's The Way Love Turned Out For Me  At the dark end of the street  SHE'S BETTER THAN YOU Stronger Than Love these arms of mine A Lucky Loser  These ain't raindrops  Soul Survivor  Our Garden of Eden  These ain't raindrops  Let Me Be Right


nice!(171) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3408

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -カブリオ国定公園(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 Plage de Saleccia(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3408

茄子が憤怒し炸裂していた。  ワゴンに山盛りの秋茄子はグイッ!と弓に撓み、むっちり豊饒に充ちている。  鈍く光沢を放ちつつ、焼き茄子にしてくれ~!!と、開き直っている。  激しく体を突き上げられて覚醒し、いっきに100万光年の彼方の第七銀河の作戦地から帰還した。  あわてて衣服を身につけた頃には、大地の激怒は収まっていた。  物理現象に驚くことが多い日だ。  =(・。.・)= と、、=(゜。.゜)= はいっこうに驚いた様子がない。 

♯♭♪ (*^.^*) : Hamiet Bluiett 0 1 3/ Endangered Species   :     Joe Lee Wilson(Vo)の主宰する拠点でのライヴ。  絶滅危機種(Endangered Species)のタイトルは、”種の起源”(The Orgin of Species)で言う進化論・進歩信仰への文明批判。  演奏者の呼応・反射・親和に満ちたフリー・フォーム。  Between The Rain Drops、H・ブルーイエット(Bs)のゆっくりした暗鬱なテーマのブローイング、O・ダラ(Tp)の鮮鋭な、思慮深い放射は緊張と親和を生み出す。  P・ウィルソン(Ds)の厳しく無駄を排した間、不意・唐突・絶妙な間で打ち下ろされる衝撃・打撃は、希有な美を構築する。  Sobre Una Nube、P・ウィルソン(Ds)の勇壮な寛大・鷹揚な叡智を迸るソロで始まる、J・ブース(B)により強力なウェーブが生み出され、いそいそと推進が鼓舞される。  熱気を帯びたフリー・フォームアンサンブルは、なんと充実・耽美を染み出させることか。  O・ダラ(Tp)の力強く・柔軟なフォーム、引き締まったサウンドは、このアルバムでとてもありがたい。  以上(21:40)。  The Other Side of the World、J・ブース(B)の弾きに導かれ、フルートの幽玄・エキゾチックな空間での自在・奔放な飛翔、J・サントス(Balafon)の優しい音色はキラ~*キラ~*、せせらぎのようでもあり、ユーモラスであり親和力に満ちている、P・ウィルソンの弾劾はカラリと乾いた空間を構築する。  ここでも、O・ダラ(Tp)のしっかりした、悪びれぬ突出は実に、胸の透く想い。  H・ブルーイエット(Bs)の圧倒的なフリー・フォームブローイングは、このアルバムの印象を決定する見事なもの。  J・ブース(B)のフレキシブルな弾き、も聞き逃せない。  Ayana Nnake、ごく短い曲、遅いマーチ、ユニゾンで熱く奏でられる。  以上(21:15)。  H. Bluiettt(Bs,Flt)、Jumma Santos(Balafon)、Junie Booth(B)、Olu Dara(Tp)、P. Wilson(Ds)、Release Date:Jun 19,1976。

♯♭♪ (*^.^*) : Wiener Philharmoniker 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Wiener Philharmoniker(Vienna Philharmonic Orchestra)   J.Strauss II/ An der schönen blauen Donau 1 New Year's Concert 2011 -1~   Berlioz/ Gustavo Dudamel March to the Scaffold Roméo et Juliette -Prologue   Weber/ Einst träumte meiner sel`gen Base   Stravinsky/ Firebird (Finale)   Pierre Boulez/ Livre pour cordes   Sibelius/ Symphony no.7 -1 -2   Mozart/ Sinfonia concertante Kv. 364 -1 -2 -3 Violin Concerto no.1 -1 -2 -3 no.2 -1 -2 -3 no.3 -1 -2 -3 no.4 -1 -2 -3 no.5 -1 -2 -3   Brahms/ Symphony no.1 -1~ no.2 -1~ no.4 -1~ Piano Concerto no.2 -1~   Schönberg/ Verklärte Nacht -1 -2 -3 -4 -5 Warsaw Six Orchestral Songs Erwartung -1 -2 -3 Gurrelieder   Mahler/ Symphony no.1-f no.4 -1~   Wagner/ Rienzi, Ouvertüre -1 -2 Lohengrin : Das süsse Lied verhallt Tristan und Isolde -1 -2 Mild und leise wie er lächelt Die Meistersinger von Nürnberg; Prelude Gotterdammerung : prologue Siegfried : Forest Murmurs Siegfrieds Trauermarsch Elsa! Siegfried Idyll -1 -2 Ride of the Valkyries Parsifal : Good Friday scene

♯♭♪ (*^.^*) : Dinah Shore 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Dinah Shore ♫ Top Tracks * ♫Topic  Miss You I Get a Kick Out of You It Had to Be You Somebody Loves Me Orchids In the Moonlight  Smoke Gets In Your Eyes  Shake Down The Stars  It's Easy To Remember I'll Be Seeing You Golden Earrings All I Do Is Dream Of You I'LL BE SEEING YOU  End Of A Love Affair  East of The Sun ( And West of The Moon )  Someone To Watch Over Me You'd Be So Nice To Come Home To  Younger Than Springtime Tempting  A Cottage for Sale Easy to Love The Man I Love Skylark April In Paris I'll Be Seeing You I've Got You Under My Skin  My Funny Valentine I'm Your Girl  Autumn Leaves Tear Time  I'm Living In Two Worlds  I've Got My Eyes On You  It Had To Be YouDearly Beloved Then I'll be tired of you  Georgia On My Mind  The Nearness Of You   full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Irma Thomas 1 2 3 / ☆□You Tube Search : (Blues) :     ♫ Play List -Irma Thomas ♫ Top Tracks for Irma Thomas * 1 2   Yours Until Tomorrow TAKE A LOOK 1 I HAVEN'T GOT TIME TO CRY Without Love WISH SOMEONE WOULD CARE 0 1 2 3  I NEED YOUR LOVE SO BAD 1 TIME IS ON MY SIDE 1 2 3  TIMES HAVE CHANGED IT'S RAINING WAIT WAIT WAIT Hold Me while I Cry Full Time Woman Anyone Who Knows What Love Is 1 2  IT'S RAINING 1 He's My Guy Cry On While the city sleeps IT'S TOO SOON TO KNOW i've been loving you too long Thinking About You Be You I Think It's Going To Rain Today Zero Willpower Medley- Coming from Behind (Monologue)-Wish Someone Would Care All I Know Is The Way I Feel for the good times  We Won't Be In Your Way Anymore you can think twice Yours Until Tomorrow Dr. Feelgood i wish i knew how it would feel to be free It's Too Soon To Know Wrong If I Had Any Sense I'd Go Back Home      (I Want A) True, True Love  We Got Something Good You Can Have My Husband In Between Tears LOOK UP Don't Look Down Good Things Don't Come Easy Soul of a Man  I WANT A TRUE TRUE LOVE  RULER OF MY HEART BREAKAWAY 1  SOMEBODY TOLD YOU I DONE GOT OVER IT  BABY DON'T LOOK DOWN These Four Walls I 'll take care of you 1 Here I am, Take Me‬‏ A woman will do wrong I'd Rather Go Blind Time is on my side 1 A woman will do wrong I Count the Tears You're The Dog River Is Waiting‬‏‬‏‬‏ Too Much Thinking Think Again Wrong Soul of a ManI Hitting On Nothing Somebody Told You‬‏ Good Things Don't Come Easy We Got Something Good‬‏ While The City Sleeps I Needed Somebody 1‬‏ lady marmalade I'm So In Love‬‏ two winters long‬‏ Safe With Me What Are You Trying To Do


nice!(166) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3407

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -サンセット クリフス -2(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 フラージュ・ド・ギニュ(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3407

イサキは淡白で鯛なぞよりもうまい。  お造りにすると鯛のように堅過ぎず絶妙の噛みごたえ、ねっとりぐあいだ。  これはいつもあるわけでなく、しかも新鮮さを要求するので見つけたら、たいてい迷わず入手する。  夜は、イワシの丸干しを焼き、先の方が丸くなって来はじめた大ぶりの茄子もグリルで焼く。  白い板にたくさん並んだボタンをあちこち押さえていたら、『ドンッ!!……。』大きな音で跳び上がってしまった。  \ ^.^ ;/  一瞬なんのことか解らず、ドキドキした。

♯♭♪ (*^.^*) : Hamid Drake 0 1 2 3/Fred Anderson & Hamid Drake ‎– From The River To The Ocean   :     ジャケットは、Hamid Drakeが真っ白のFrame Drumを両手で掴み、全面一杯に丸く出している。 Planet E(14:43)、Jeff Parker(G)がとても魅力的な歓迎をする。  思わず身震いする程の、包容力に包まれる。  何かを予感させる時のようなワク!~*、ワク!~*、が漂い、良い気分になる。  端正な音色は聖櫃であり知的な印象を与える。  静かな薄暗い伽藍に次第に慣れて、壁や事物床に様子が形を明らかにする時のような、安堵と優しさに包まれる時のような歓びに似ている。  不安であった期待は実が約束された確たるものであると知るときのような、天上的な平安を感じさせてくれる。  Strut Time(21:15)、Harrison Bankhead(Cello)は。櫓をこいでいる様なずっしりした受用を放射為ている。  涼しい顔でそっぽを剥いて何か嘯いている、風が無いのにあたかも吹いているかのように感じさせてしまう。  Jeff Parker(G)が明快な小咄をはじめる、聞くともなく聞いていると、何時しかすっぽりその世界に堕ちているんだ。  楽しいときは儚いもので、呆気なく終わってしまう。  For Brother Thompson(7:44)、澄明な鐘が静かに打ち鳴らされ詠いが響く、インド風な風吹いている。  繰り返されるテーマはゆったりとして好感のあるもの、飽きさせず程良い心地よさ。  良く聞かせてくれる。  From The River To The Ocean(13:36 )、Hamid Drake (Ds)、Josh Abrams(Guimbri)が加わり分厚い響き、次第に熱気を帯び明快なテンポでずんずん進行する。  平坦に聞こえるが複雑なリズムの織りなす色彩は明快でなかなかである。  Sakti / Shiva(6:25)、Josh Abrams(Guimbri)が渋いつま弾き音を響かせる。  深い森奧深く大きな、地を這う鳥が天を愁う歌を詠う光景が浮かぶ。  Fred Anderson (Sax)、Hamid Drake (Ds)、Jeff Parker(G)、Josh Abrams(B)(Guimbri)、Harrison Bankhead(Cello)(P)、Release Date: April 24, 2007 、Label : Thrill Jockey ‎– thrill 183。

♯♭♪ (*^.^*) : Warsaw National Philharmonic Orchestra 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Warsaw National Philharmonic Orchestra  Moon & Sunrise   宇多田ヒカル -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 -9 -10 -11 -12   Ayumi Hamasaki/ Dearest Voyage    Boleslaw Woytowicz/ Symphony No.2 "Warsaw" -f   Juliusz Zarębski/ Polonaise triomphale in A-major, Op.11 -f    Andrzej Dobrowolsk/ Musica per orchestra d'archi e 4 gruppi di fiati    Grażyna Bacewicz/ In una parte    Stanisław Wisłocki/ Piano Concerto -f    WIENIAWSKI/ Faust Fantasy Op.20 Scherzo-Tarantelle Op.16 Polonaise No.2 Op.21    Tadeusz Baird/ Expressions for Violin and Orchestra Quattro Dialoghi per oboe e orchestra da camera Four Essays Variations without a Theme    Krzysztof Penderecki/ Symphony no.1 -f  no.2 -1 -2 -3 Polymorphia Kosmogonia   Capriccio for violin and orchestra Song of Cherubim Resurrection Piano Concerto -1 -2 -3 -4 Largo for Cello and Orchestra -1 -2 -3 Cello Concerto no.2 -1 -2 -3 -4 Sonata for Cello and Orchestra   Passio et mors Domini nostri Iesu Christi secundum Lucam -f The Entombment of Christ -1 -2 A Polish Requiem: Chaconne 1 2 JUTRZNIA    Paderewski/ Polish Fantasy op. 19 for Piano and Orchestra     Lutosławski/ Symphony no.1 -1 -2 -3 -4 Symphony no.2 -1 -2 Concerto for Orchestra -1 -2 -3 Preludes and Fugue for 13 solo Strings -f    Tadeusz Szeligowski/ Piano Concerto -f    Kazimierz Serocki/ Sinfonietta for Two String -1 -2 -3   Mieczysław Karłowicz/ Violin Concerto -f -1 -2 -3   Emil Młynarski/ Symphony in F major, "Polonia"    Paganini/ Violin Concerto no. 1 -f -f  no.2 "La campanella"   Chopin/ Piano Concerto no.1 -f -1 -2 -3 -4  Piano Concerto no.2 -f   J.S. Bach/ Keyboard Concerto F Minor, BWV 1056 -1 -2 -3    Mendelssohn/ Piano Concerto no.1 -1 -2 -3    Mozart/ Piano Concerto no.20 -f    Hector Berlioz/ La Damnation de Faust, légende dramatique op. 24 -f    Saint-Saëns/ Piano Concerto no. 2 -f    Tchaikovsky/ Piano Concerto no 1 -f   Rachmaninov/ Piano Concerto no.2 -1 -2 -3    Prokofiev / Piano Concerto no.5 -f -f -1 -2 -3

♯♭♪ (*^.^*) : Dinah Washington 0 1 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Dinah Washington ♫Topic ♫ Top Tracks *   Smoke Gets In Your Eyes What Difference A Day Makes It's Magic Crazy He Calls Me Mad about the boy What Is This Thing Called Love Cry me River Drinking Again I don't know you anymore Stormy Weather 1 Manhattan Make Someone Happy Stormy Weather This Bitter Earth This bitter earth Romance in the Dark You Don't Know What Love Is This Can't Be Love If I Had You Easy Living My Devotion My Lovin' Papa A Foggy Day I'll close my eyes Lover Come Back To Me You Go To My Head Birth Of The Blues TIME OUT FOR TEARS I Could Write A Book I Get A Kick Out Of You Blue Gardenia Love Walked In Blue Gardenia I Just Couldn't Stand It No More Blow Top Blues Since I Fell for You 1 Back Water Blues I'll Remember April Trouble In The Lowlands Nobody Knows the Way I Feel This Morning Bad Luck Teach Me Tonight Let's Do It I Get A Kick Out Of You Blue Skies  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Gary Moore 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Gary Moore * Out in the Fields Spanish Guitar Empty Rooms It Serves Me Right To Suffer Need your love so bad With Love 1 Just Can't Let You Go Drowning in Tears. blues AVO Session Love You More Than You'll Ever Know Where Are You Now I Loved Another Woman Parisenne Walkway Gary Moore Live Blues Ballads And Blues 2002-f Only The Best Solos-f Live Blues (1993)-f PINKPOP 1983-f R.I.P -f パリの散歩道 Still Got The Blues 1 Empty Room Parisienne Walkways 1 Red House The Loner The Messiah Will Come Again The Sky Is Crying Flight Of The Snow Moose I Love You More Than You'll Ever Know Sunset british blues Only The Best Solos -f Ballads & Blues 1982 -f Blues for Jimi -f


nice!(176) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3406

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -サンセット クリフス -2(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 フラージュ・ド・ギニュ(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3406

もしかしたら……?!、という期待が叶えられて嬉しい。  そおっ…* とガラス戸越しに外を見ると、籠の上で =(^。^)= チビちゃんが丸く体を横たえ、眠っている。  =(゜。.゜)= チビちゃんの仔(シンディー・C、?!)がピンクの足の裏(∴)を見せ、お腹に顔を埋めている。  昼近くに覗いてみたら、ネコクッキーと牛乳のお皿はすっかり空になっていた。  C・Cちゃんは独りで籠の真ん中で丸くなっていた。  イサキの”さかなやさん”の鮨、真っ青の小なすで昼食。

♯♭♪ (*^.^*) : Giuseppi Logan Quartet 0 1 2 3/More   :     G・ローガンは作曲家であり多楽器奏者、ここではフルート・バスクラリネット・ピアノ・アルトサックスを演奏、そして音楽構造への挑戦者、フリー・フォームによる集団的インプロヴィゼーションの実践者。  *Mantu(5:06)、シンバルの一撃で開始される、フリー・フォーム、G・ローガンはフルートを演奏、M・グレーブス(Ds)のサウンドは隠っていて、主要な役割を果たしている。  D・ピューレンのC・テイラー風の沸騰・戦慄・戦闘フリー・フォーム演奏は、すばらしい!。  *Shebar(13:16)、G・ローガンはBクラリネットを演奏、D・ピューレンのC・テイラー風の沸騰・戦慄・戦闘フリー・フォーム演奏に入ってくるG・ローガンは、すばらしい!。  直線的なサウンドはなんとも、虚を突かれたようで嬉しくさえある。  G・ローガンは集団的美の構築のチャンスを伺い暫し沈黙を摂る。  M・グレーブスとD・ピューレンのフリーインプロヴィゼーションに、風のようにトレモロフルートが舞い降りてくる。  Curve Eleven(8:30)、G・ローガンはピアノソロを演奏、C・テイラー風であるが密度は低く、構築しようとするパルテノン神殿はいっこうに聳えることなく、岩山に瓦礫の絨毯を敷く。  **Wretched Saturday(11:05)、LPには非収録、G・ローガンは(As)を演奏。  M・グレーブスは、個として普遍をめざし、共演者との呼応にとてつもないハードルを掲げ、よじ登る有り体をさらけ出し、結果として転がり込んできた、集団的美の秩序を提出しているようだ。  E・ゴメスとM・グレイブスの激しいフリーインプロヴィゼーションの呼応・対応・反射・格闘が繰り広げられ、遠慮がちにG・ローガン(As)が参加し、見事な締めくくりで終わる。  G. Logan(As,Flt,Bclt)、D. Pullen(P)、**E. Gómez(B)、*Reggie Johnoson(B)、M. Graves(Ds,Prc)、Release Date:May 1, 1965。

♯♭♪ (*^.^*) : Waltraud Meier 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Waltraud Meier  Talk Wagner/ Venus- Tannhauser Tristan und Isolde 0 1 2 3 Elsa Ortrud Mort d'Isolde Du bist der Lenz Dich, teure Halle Höre mit Sinn was ich dir sage Grausamer! Fühlst du im Herzen nur and'rer Schmerzen   Saint-Saens/ Mon coeur s'ouvre a ta voix   Bizet/ Carmen, Gypsy Dance scene Card-cutting scene Seguidilla   Mozart/ Wenn der Freude Tränen fließen! Mi tradi Iocasta   Mascagni/ Cavalleria rusticana   Berlioz/ Je vais mourir Adieu, fiere cite   Beethoven/ Komm Hoffnung Symphony no.9-f -f   Hugo Wolf/ Verborgenheit Gesang Weylas   Schubert/ Gretchen am Spinnrade Der   Mahler/ Das Lied von der Erde -f Wo die schönen Trompeten blasen Ich bin der Welt abhanden gekommen 1 Um Mitternacht   Verdi/ Don Carlos   R.Strauss/ Wesendonck Lieder Ich habe keine guten nachte 1 Vier Letzte Lieder - Im Abendrot - Fruhling September Elektra 1

♯♭♪ (*^.^*) : Diana Krall 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks * ♫Topic  You Tube Channel Temptation 1 2 East Of The Sun Just the Way You Are when I look in your eyes You go to my head The Look of Love 3 Almost Blue Narrow Daylight Fly Me To The Moon You don't know me Quiet Nights When I Look Boulevard of Broken Dreams You Call It Madness The Nearness of You Maybe You'll Be There Besame mucho I've got you under my skin Let's Fall In Love Do it Again Why should i care Walk on Do It Again Love Me Like A Man The Boy from Ipanema You're looking at me Love is where you are Cry me a river 1 2 Walk On By 1 Sunrise I' m thru with love Why should I care? 1 Maybe You'll Be There I'll Make It Up As I go Devil May Care I've got you under my skin Sydney Why should I care? 1 Fly me to the moon All Or Nothing At All Let's Fall In Love 1 2 S' Wonderful 1 2 3 Temptation 1 The Girl In The Other Room 1 I Love Being Here With You 1 Cheek to Cheek on Q TV   full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Elmore James 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Elmore James * I Need You Long Tall Woman The Sky is Crying Anna Lee It Hurts Me Too 1 Done Somebody Wrong Every Day I Have The Blues Got to Move Dust My Broom  One Way Out Shake You Money Maker Take me Where you Go


nice!(170) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3405

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -サンセット クリフス -1(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 plage de ghignu (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3405

 何時ものように、本箱の上の籠?!の中、寝そべったチビちゃんに寄り添っていた。  やはり昨夜、雨が激しく降った?!ので、戻ってきたのだろうか……。  白くて柔らかい毛、小さな生き物がお腹で呼吸している。  『ゴロニャーン*~~*~~*~~』 甘ったるい声で交歓している声がガラス越しに解る。  『……ャ、…*』  透明な小さな声が、更に小さく消え入るようになる。  前にも雨が激しく降り始めた夜、還って来たのでじっと待っていたのだ。

♯♭♪ (*^.^*) : Giuseppi Logan Quartet 0 1 2 3/Giuuseppi Logan Quartet   :     Giuseppi Loganは、フリー・フォームプレイヤーであり、あらゆる楽器を手がけ、あらゆる音楽に興味を持ち取り込もうとしたが、2年の活動後沈黙する、謎めいた面を持つ。  狭い音域に止まった螺旋旋回構造、サウンドの極めて緻密な雪崩を特徴とする音楽は悲しみに覆われ、時として力を落としている風である、深い感動を与える。   A. Shepp、P・サンダーズそしてB・ディクソンと活動を共にしていた、それから、D・ピューレン、E・ゴメスそしてM・グレーブスらと彼自身のカルテットを結成。  後ほど、D・バレル、B・ランカスター、P・ウォーターズらと演奏を共にしたり、R・ラッドのアルバムにも参加している。  Table Suite(5:39)、パキスタンのオーボエを用い、タブラとのサウンドのうわべからの調和を目論む。  D. Pullen(P)はプリペイテドピアノ風な(弦を直に弾く)演奏。  Dance of Satan(5:16)、フリー・フォーム、G・ローガン(As)は狭い音域に止まった螺旋構造の旋回奏法、M・グレブス(Ds)は、”ドロ!ドロ!、ゴトン!ゴトン!”した好ましいサウンド(フロアータム)は全編にあり嬉しい。  Dialogue(7:15)、フリー・フォーム、G・ローガン(As)は狭い音域に止まった螺旋構造の旋回奏法、D・ピューレンがC・テイラー風の戦慄の感興を打ち鳴らす。  Taneous(11:47)、フリー・フォーム、G・ローガン(As)のブローイングの後、D・ピューレン(P)の全世界を睥睨した畢竟の鋭意に満ちたパワルフなプレイ、さらにE・ゴメス(B)の加速・弾劾・沈黙のソロ、M・グレイブス(Ds)の圧倒的なソロがあり終わる。  Bleeker Partita(15:24)、親しみやすいメロディーをG・ローガン(As)が打ち震える鯵笛を吹く、どこか弱々しく響くサウンドは澄明であり悲嘆に打ちひしがれており、ビブラートは辺りに浸透して消える。  D・ピューレンの夢のように美しい新鮮な緑風たなびく明快なサウンドに息を飲む。  E・ゴメスの弾き(ピチッカート)は、自由にはためき・駆け上がり・急発進・疾走し・推進のパルスを繰り出す。  G. Logan(As,Ts,Flt,Bclrt,Clrt)、D. Pullen(P)、E. Gómez(B)、M. Graves(Ds,Tbla)、Release Date:May 10, 1964。

♯♭♪ (*^.^*) : Vladimir Jurowski 1/ ☆□You Tube Search :     London Philharmonic The Rake's Progress   Händel/ But who may.. coming And the glory of the Lord And he shall purify   Bach/ Orchestersuite no.3 Ouverture Jauchzet, frohlocket Weihnachtsoratorium -1 -2 Großer Herr, o starker König Herr so Du willst   Messiaen/ L'Ascension -1~ Anthony Turnage/ Texan Tenebrae   Massenet/ Werther : Charlotte's Letter Scene   Humperdinck/ HÄNSEL & GRETEL -Ouvertüre   Britten/ Double Concerto Verdi/ Falstaff -1~   Puccini/ Gianni Schicchi -1~   Mozart/ Don Giovanni 1 La ci Darem la Mano   Ravel/ Concerto in G Major 1 -1 -2 -3   Beethoven/ Symphony no.4 -1 -2 -3 -4 no.7 -1 -2 -3 -4 -5 -6 Ouvertüre Coriolan Hélène Grimaud -1~   Mahler/ Nun will die..aufgeh'n Nun seh' ich.. Flammen Wenn dein Mütterlein Oft denk .. ausgegangen In diesem Wetter   Shostakovich/ Piano Concertos 10 Songs of the Fool -1~   R.Strauss/ Also Sprach Zarathustra

♯♭♪ (*^.^*) : Dexter Gordon 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Dexter Gordon ♫Topic ♫ Top Tracks *  Jeronimo Montmartre For Regulars Only Blow, Mr Dexter Long, tall, Dexter Soul sister Sweet Lorraine Modal mood in a sentimental mood As Time Goes By Darn That Dream Love for Sale Body And Soul I Want More! I'll Remember April  Sophisitcated Lady More Than You Know Ernie's Tune Naoma This Happy Madness Good Morning Sun Tivoli The Girl with the Purple Eyes Guess I'll Hang My Tears Out to Dry A La Modal  Blow Mr. Dexter Valse Robin It's You or No One Night in Tunesia -1 -2 Three O'Clock in the Morning Soy Califas Blue Bossa 1 Bye Bye Blackbird Round Midnight Cheese Cake 1 It's You or No One Stablemates Mischievous Lady Scrapple from the Apple  Chans Song Stanley The Steamer I Was Doing All Right CRY ME A RIVER Don't explai Some Other Blues Baden The Panther Coppin' the Haven It Might As Well Be Spring Steeplechase So What You can depend on me I guess I'll hang my tears out to dry 1 Cry Me a River What´s New 1 Tanya Jelly Jelly Jelly Daddy plays the Horn Master Architect Loose Walk Copenhagen Harvest Jazz Dexter Gordon McCoy Tyner Stan Getz 1983  full album* :  。

♯♭♪ (*^.^*) : Derek Trucks Band 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Derek Trucks Band * Best Guitar Solo Desdemona Ain't Wastin' Time No More For My Brother Sahib Teri Bandi/Maki Madni The Sky Is Crying Midnight In Harlem I Wish I Knew 1 Get What You Deserve Down Don't Bother Me Already Free EPK Sahib Teri Bandi Soul Serenade/Rastaman Chant Drames Drown in My Own Tears I'd Rather Be Blind, Crippled And Crazy Voices Inside Anyday 1 Space Captain Bock to Bock Jam Sahib Teri Bandi Rockin' Horse Songlines LIVE I'd Rather Be Blind solo on Anyday Down In The Flood Crow Jane 1 Rasta Man Chant Volunteered Slavery Soul Serenade 1 Sleepwalk Crossroads Guitar Festival Anyday Liz Reed the Derek Truck Band -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 -9 -10 -11 -12 Afro Blue Soul of a Man Chicken Robber I Know Live Crossroads Festival 1 Soul Serenade Favorite Things Leaving Trunk Our Love Meet Me in the Bottom Yield Not.wmv Down Don't Get Out of My Life 1 Hey Jude Glad You're Gone Sweet Inspiration Good Morning Little School Girl


nice!(177) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3404

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -サンセット クリフス -1(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 plage de ghignu (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3404

線が消えて深淵があらわれ、闇と光輝が一瞬ごとに姿態を変え、格闘しあいたわむれあい、無言の祝歌が澎湃とわきあがる。  ハタ!、ハタ!、はためき、ぐんぐん上昇し、駆け上がり、仰け反り成就する。  気遠い憧れが形を表し、聳える。”を聴く。  今日もチビちゃんの仔を見かけなかった。  引き締まった外気を期待しながら、ねこクッキーの袋を掴み、牛乳パックを取り出し窓を開ける。  『あぁ、…*』=(゜。.゜)= チビちゃんの仔が顔を上げる。

♯♭♪ (*^.^*) : Gil Evans 0 1 2 3 4/ Verve Jazz Masters 23    :     Recorded 1963~64年、幾つかのアルバムからのオムニバス版。  G・エバンスの分厚いサウンドの魅力の秘密が詰まっている。  フレンチホルン1~2本、トランペット2~3本、トロンボーン2本、チューバ、木管5本の多管編成、そしてリード(sax)を用いない魅惑のサウンドが特徴、しかも独得の和音をたなびかせる。  なんだかあたりは薄暗く、淡青色の靄が立ちこめているようだ。  薄ら陽のようにひそやか、そして燦たる夕陽のように残照がくるめいて、希望に満ちておる、燃え立つ生への愉悦である。  Time Of The Barracudas(7:25)、跳躍の喚起・唆し・擽りで始まる、木管群のひめやかな熱と英気、揺らめく波紋、淡く溶けて拡がる情緒・下降音階・響き・開き直りはとても新鮮。  ホーン、リード、木管群のアンサンブルが醸し出す分厚いサウンドは、心地良い情緒を喚起させる。  リードのテーマの繰り返しはとても執拗、押し出しだしが明快、心地良い。  やがてギターに引き継がれる。  Greensleeves(4:11)、ギターのソロは矯めたっぷり、とてもしなやか、ブラスアンサンブルの助奏は滔々とうねりとてもいい調和。  Last Night When You Were Young(4:35)、溶けて流れるブラスアンサンブルで開始、ゆっくりしたギターのテーマの語りは消え入るように静謐、ピュアー。  ブラスの助奏は残照のように辺りに満ち渡り、一切を包み込み呑み込んでしまう。  She's A Carioca(2:27)、明るく気怠いヴォーカル、語るように詠うように発表する。  どこか愚図ったような、気を引くような瞬間があり、精妙な味わいは好ましい。  Moon And Sand(4:14)、ラテンのリズム、ギターがポロポロ語る、ブラスアンサンブルの助奏はくるめく淡い光輝に満ち、ホク…*ホク…*。  Las Vegas Tango(6:35)、ピアノのとても印象的な主題の発表、大編成ブラスアンサンブルのテーマの繰り返しに、対位法的に第2主題が重なり、ホーンで滔々と歌われる。  木管が加わり絶妙の響きになり、ホーンユニゾンでの第1主題の執拗な繰り返し、ギターの展開。  ピアノが静かに加わり、大いに昂揚し終わる。  Spoonful(14:43)、このアルバムを最も印象づける力作。  ピアノによるコミックなテーマの提示、大編成ブラスアンサンブルによる助奏。  ギターが抑制とエモーションの調和の綾を美しく奏でる、長いホーンソロはとても渋く、すばらしい!。  ハッとする(Ts)とても嬉しいブローイングの出現、長い寛いだプレイはスリリングであり、英気いっぱい、卓抜な陰影はしみじみ感じ入る味わい深いもの。  ピアノのタラタラした展開に、ブラスアンサンブルが覆い被さり、とても長いコーダで終わる。  Concorde(7:39)、リードの挑戦的・挑発的な・スりリングなテーマ提出で開始。  弦に引き継がれ、さらにアンサンブル、そしてホーンへ引き継がれ、上手く融け込んだ上での、味わい深い長い展開。  再びブラスアンサンブルへ、木管のトレモロ・展開がハッ!とするほど美しい。  木管群にブラス群が襲いかかり断末魔のか細い悲鳴、リードが勝ちを吹き上げる。  唐突にコーダ。  I Will Wait For You(4:40)、灰紫の憂愁のアンサンブルがたなびき、ヴォーカルの嘆き・呟きとも憧れとも付かぬ吐露。  気怠い情緒をホーンが奏でるからとても明るい・陽気な・安心の憂いの演出。  くすんだブラスのオブリガートが美しい。  The Barbara Song(9:35)、野生の目覚めのような物々しい・愉快な始まり。  ピアノソロに木管の憂いたっぷりの助奏が被さり魅惑の響き。  B・バルトークを甘ったるく・思わせ振りにしたような、踏み込んだ途端に波紋が拡がるような、大気の揺らぎを思わせる。  スリリングな浸透・拡散・調和・親和・安堵の響きは、独得のもの。  全てに密やか、しかも全身的な悦びが込められておるようだ。  リードがゆっくりと湿った草原の緑の風を奏で、ホーンが目眩く淡いピーチの天空を映し出す。  G・エバンスの基本的な憧れが最も表出されたもんであろう。  静かに後姿を見せつつ、ゆっくり草原を歩み、夕陽の丘の向こうに行ってしまう。  G. Evans(P,Arr,Cond)、Astrud Gilberto(Vo)、S. Lacy(Ss)、Lee Konitz(As)、T. Jones(Tp)、B. Broockmeyer(Tb)、K. Burrell(G)、G. Peacok(B)、E. Jones(Ds)、Release Date: Oct 4,1994。

♯♭♪ (*^.^*) : Vladimir Horowitz 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Vladimir Horowitz Mozart*/ Piano Concerto no.23 Sonata K. 330-1 -2 -3 -1 -2   Bach/ Toccata BWV 564 Chorale in G min   Schumann*/ Variations on a theme of Clara Wieck Fantasie in C Major -1 -2 -3 -4 Kinderszenen op.15 -1 -2 -3 Kreisleriana -1 -2 -3 -4 Träumerei Novelette op.21 Toccata op.7 Sonata no.3 -1 -2 -3 -4 Humoresque op. 20 -1 -2 -3 Flower pieceop.19 Carnaval -1 -2 -3 -4 Sonata no.3 -1 -2 -3 -4 Humoresque op.20 -1 -2 -3 Traumerei Toccata Arabeske op.18 1 Kinderszenen-1 -2   Schubert*/ Impromptu inD899 no.3 D.780 no.3   Scarlatti*/ Sonata L23 L33 k.127 k.101 L224 L424   Chopin*/ Mazurkas op.17-4 op.33-2 op.33-4 op.35-4 op.63-2 op.63-3 Polonaise op.26-1 op.40-1 op.44 op.53 1 Polonaise- Fantaisie op. 61 1 Prelude op.23-5 op.28-15 Nocturne op.2-1 op.27-2 op.42-5 op.48-1 op.55-1 op.62-1 op.72-1 Ballade no.1 1 2 no.4 1 Introduction and Rondo op.16 1 Waltz op.34-2 op.64-2 Sonata no.2 1 2 -1 -2 -3 -4   Beethoven*/ Piano Concerto no.5 -1 -2 Sonata no.14 op.101 -1 -2 -3 Moonlight Sonata -1 -2 -3 Waldstein -1 -3 Appassionata -1 Pathetique 32 Variations   Scriabin*/ Etude op.2-1 op.8-11 op.8-12 1 op.42-5 Sonata op.64 op.68 1 Vers la flamme op.72   Tchaikovsky*/ Piano Concerto no.1-1 -2 -3   Rachmaninoff*/ Piano Concerto no.3 -f -f -1 -2 -3 -4 -5 Prelude op.23-5 op.32-12 Sonata no.2 -1 -2 -3 Polka de W.R   Liszt*/ Hungarian Rhapsody no.2 Sonata Clementi/ Sonata in C major,op.33-3

♯♭♪ (*^.^*) : Dewey Redman 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *  for dewey redman Shadrack The Virgin Strike March Spur Of The Moment Open Spaces Szegedi jazz Napok  For Eldon Of Love Look For The Black Star Imani  Thren Body Dewey Time Paris? Oui!  The very thought of you  Berliner Jazztage '73 - Chivas Jazz Festival 2002 Dewey Redman & jazzman1945 1 2 Piece  Chivas Jazz Festival  & J.Menegon, M.Wilson, R.Marcotulli -1 -2 | Memorial Concert    full album* :。

♯♭♪ (*^.^*) : Buddy Guy 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Buddy Guy * House of Blues Boston Oct 1st 2010 Hayden Fogle Play a Slow Blues Hayden Fogle Blues Guitar Jam Country Boy when i left home Black Night Black Cat Blues Key Don't Fit I Smell A Rat What Kind of Woman Is This? 1 Five Long Years I Put A Spell On You Drowning on Dry Land Fever Hoochie Coochie Man Mustang Sally Best Damn Fool Damn Right, I've Got the Blues -f Living Proof (2010) -f Estival Jazz Lugano 2008 -f Glastonbury 2008 -f Sweet Tea (2001) -f The Montreal Jazz Festival 1997 -f Solana Beach 4-2-95 -f Legends 1989 -f Louise McGhee It's A Jungle Out There‬‏ On A Saturday Night‬‏ What Kind Of Woman Is This 1 How can one woman be so mean I Suffer With the Blues Somebody's Sleeping In My Bed‬‏ Now You're Gone Baby Please Don't Leave Me 1 Crawlin' King Snake‬‏ I Love The Life I Live Somebody's Sleeping In My Bed First Time I Met The Blues Feels like Rain Damn right I've got the blues 1 Skin Deep Rock Me Baby I Can't Quit You Baby guitar demonstration I GOT MY EYES ON YOU 2-THE THINGS I USED TO DO Damn Right I've Got The Blues 1 2 Knock On Wood Sweet Home Chicago  Montreux Jazz Festival I Gotta try you girl‬‏ Slippin In Let Me Love You Baby Worried life blues Concert for NYC 1 Red House playing Cream & Hendrix & Hooker


nice!(163) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3403

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -サンセット クリフス -1(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 plage de ghignu (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3403

朦朧としているのに鋭い、あの、正体の知れない不安や焦燥に、侵食されている気配。  飄々と、堂々たる、構造体が出現、壮大で澄明で精妙な光景である。  軽々と、優雅に波打って跳んでいく。  緩やかに盛り上がりなだらかに落ちる草原、誰かが鳴らす、……ッ、…*。  河面を渡る気嵐、全世界を飲み込み、全てにひそやかだが全身的な悦びがこめられている。  森閑とした午後の空白の一瞬、明朗な空虚。  なにやらかやら、ももうとあたりにたちこめ、にわかに空気が透明さを失 う。

♯♭♪ (*^.^*) : Gil Evans 0 1 2 3 4/ Live at the Public Center: New York, 1980 Vol. 1/ PAP-9233  :     菊地雅章 1 Masabumi Kikuchi 1/(プロデュース、キーボード)、アーサー・ブライス(Ss、As)、ハミエット・ブルーイット(Bs、Fl)などの大編成管弦。  Anita's Dance(17:11)、Gill Evansの曲、夢見るような難解・複雑とも想える魅力的な悪戯っ子のおもちゃ箱をひっくり返し、そわそわ、ワクワク、期待にはちきれた開宴。  Jelly Rolls(4:48)、Gill Evansの曲、キーボードの念入りの長大な展開を経て、ホーンの味わい深い放射、大きくうねるような溌剌とした新らしい発想の散りばめられたリズムは心地よい。  Alyrio(3:14)、Gill Evansの曲、やはりマイルス・デイビスで既に聴きおぼえのある、ピラミッド型の腰の張ったゴツゴツした感じのサウンド。  Variation on the Misery(6:20)、Gill Evansの曲、ドロドロした大地の熱きもの憤怒・蜷局を巻く妖しい情念の蓄積、溶岩のゆったりした流れを想わせる。  いろいろな珍しい楽器の自由な演奏から、一気に弦楽が起動、重厚な懐かしい雰囲気に、直ぐにサックスが天上的な自由きわまりないソロを披露する。  次第に打弦などが絡まり、ますます魅惑の世界が多彩になっていくあたりは、妖しい色彩と匂いに満ちあふれ、スリリングであり興味尽きぬ。  Gone,Gone,Gone(7:51)、George Gersheinの曲、速いテンポの低弦アンサンブルのサポート、弦楽ユニゾンの裁断は実に爽快。  マルチホーンが火の出るような、自由奔放・意欲満々・斬新闊達な放射を繰り広げる。  極上の歓喜の合奏に突入していく、一変ドラムソロに管がからみ、饗宴は発酵しいっそう盛り上がる。  Up from the Skies(4:19)、ジミー・ヘンドリックスの曲、ゆったりした跳躍する挑み込むような、随喜の溢れかえるサックスのブローイングで始まり、管弦の流麗な魂を揺さぶる美しいサウンド。  Gil Evans(P)、M.Kikuchi,P.Levin(Syn)、A. Blythe(As)、H. Bluiett(Bs)、J.Faddis,H.M.Peterson(Tp)、G. Lewis(Tb)、D.Bargeron(Tub)、J.Clark(Frcfr)、T.Landers(B)、A.Lima(Prc)、B.Cobham(Ds)、Release Date:1980。

♯♭♪ (*^.^*) : Vladimir Ashkenazy 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Vladimir Ashkenazy joins the Sydney Symphony   Faure/ Pavane   Sibelius/ Symphony no.1 -f no.4 -f no.6 -f Karelia Suite Valse Triste   Mussorgsky/ Pictures at the Exibition   Ravel/ Gaspard de la Nuit   Mozart/ Piano Concerto  no.7 -f no.10 -f no.12 -f  no.22 -f  no.23 -f  no.24 -f   Brahms/ Concerto no.1 -f no.2 -f -f Violin Sonata no.3   Beethoven/ Symphony no.9 -f Piano Concerto no.1 -f no.3 -1~  no.4 -f  no.5 -f Rondo -1 -2 Piano Sonata no.8 -1~ no.14 Moonlight  no.18 -1~ Spring Sonata no.6 no.7 no.10   Chopin/ Ballades & Scherzi -f -f Preludes & Impromptus -f Nocturnes -f1 -f2 Etudes -f -f Polonaises -f1 -f2 Waltzes -f Mazurkas -f1 -f2 Polonaise no.5 Scherzo no.2 Etudes, Op. 10 Allegro da Concerto -1 -2 Nocturne op.55-1 Mazurkas op.33 Bolero Tarantella in LabM Rondeau de Concert 'Krakowiak' op.14 -1 -2 Rondò in Do minore Rondò alla Mazurka Sonata no.1 -1 -2 -3 -4   Scriabin/ Symphony no.1 -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 Nemtin, Mysterium. Prefatory Action Piano Concerto Op.20 -f -1 -2 -3 -1 -2 -3 -4 Piano Sonata -f  no.1 -1 -2 -3 -4 no.3  -1 -2 -3 -4  no.5  no.6  no.7  no.8   Rachmaninov/ Rhapsody on a Theme of Paganini, Op. 43 Symphony no.2 -1 -2 Concerto no.2 -1 -2 -3 -4 no.3 -1 Prelude op.3-2 -1 op.23-2 -2 op.23-5 -3 Variations on Corelli theme op.42 -f -1 -2 Etude no.3 op.10 Étude op.33 no.1 〃  no.8 op.39 no.1 〃  no.5 〃  no.6 no.7 〃  no.8   Prokofiev/ Concerto no.1 -3 Concerto no.2 -1 -2 -3 Sonata no.8   Tchaikovsky/ Rococo Variations -1 -2   Liszt/ Mephisto Waltz Talk -1~

♯♭♪ (*^.^*) : Derek Bailey 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Derek Bailey ♫Topic ♫Top Tracks*  Fairly Early With Postscripts (Full Album)  The song is dead (medley) improvisation #1 -1 -2 and the Shaking Ray Levis at Tonic Solo - London 1985 Improvised Piece III 1995 Knitting Factory Playing For Friends on 5th Street 1 solo guitar, 1973  On the edge - documentary about improvisation part I No Waiting, Three improvisation #1 (excerpt)  improvisation #3 (excerpt) Bill Laswell's Transmutations (Bailey, DeJohnette, Disk) - Frankfurt, Germany, 1997-01-09 (full) IMPROVVISAZIONE  "Rain Music" (Music and Dance - 1980)  Duo No 2  Derek Bailey Bill Laswell Jack DeJohnette DJ Disk Derek Bailey George Lewis back on 52nd street 5  Wolf's Wood, Soshin (2003)  Orchard   full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Beverley Knight 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Beverley Knight * Keep this fire burning Soul Survivor Shoulda Woulda Coulda Who's Gonna Save Your Soul‬‏ Remember Me‬‏ Strong Hand‬‏ Straight Jacket Till I See Ya‬‏ Trouble Salvador‬‏ Tea & Sympathy‬‏ Rock Steady‬‏ Back To You‬‏ After You‬‏ The Queen Of Starting Over‬‏ No Man's Land‬‏ Uptight Tell Me I'm Wrong‬‏ Why Me, Why You, Why Now‬‏ Black Butta Fairplay‬‏ When You Gonna Learn No One Ever Loves In Vain‬‏ What If?‬‏ Relaty Greatest Day Sista Sista‬‏‬‏ BEAUTIFUL NIGHT Gold Ain't That A Lot of Love No Man's Land Time Is On My Side Mutual Feeling‬‏ Shoulda Woulda Coulda‬‏ Remember Me No Place Like Home‬‏‬‏ Get Ready Mutual Feeling‬‏ Time Is Now‬‏ Soon Come‬‏ Spin


nice!(171) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3402

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -サンセット クリフス(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 Plage d'Ostriconi -1(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3402

なんといってもタプタプと豊かな清冽の真水が、甘い潮に侵される河口の静謐極まる嘆息はすばらしい。  風に揺れるかやつり草の傍ら、黄金の稲穂が頭を垂れている。  砂とそっくりの絵を背に書いた生き物が、眼にも止まらぬ速さで消え去る。  四万十生姜(生姜せんべい)をポリポリやりながら、今日も先日入手した 、”JACO PASTORIUS 1/ Who Loves You? A Tribute To Jaco Pastorius/ VICJ-60185   紫たなびく荒野、なんだかあたりは薄暗く、淡青色の靄が立ちこめているようだった。

♯♭♪ (*^.^*) : Gil Evans 0 1 2 3 4/  Live at the Royal Festival Hall 1978/ PL25209/ LP   :     Angel(5:05)、Jimi Hendrixの曲、シュワ・シュワ、地平が沸き立つようなワク!~*・ワク!~*、魅力的な弦楽サウンド、奇才ジョージ・アダムス(Ts、Ss)と新鋭アーサー・ブルライス(Ss、As)が、エンジェル- ジミー・ヘンドリックスを、たっぷり思いを込めて咆哮する。  たちまち歓び・優しさ・憧れが溢れ出し辺りに平等に満ち渡る。  Parabora(6:45)、一変、シンセサイザーの目眩く鮮やかな奔放・原色ビームが飛び交い、永らく怒りの睡りに入っていた黒い恐竜!?・大地の目覚めが頭をもたげ、饗宴がヨロコビのいっぱいに開始される。  Orange Was The Colour Of Her Dress Then Silk Blue(7:00)、Charles Mingusの曲、極めて新しさを湛え、感慨深い思惟でとても慇懃に供される。  Stone Free(10:20)、Jimi Hendrixの曲、ジミ・ヘンドリックスが色彩鮮やかリズミカルに、マイルス・デイビス風のカッチリした低域ホーンユニゾンが贅沢なピラミッド型サウンド。  サックスの自由な野性的な叫び(ジョージ・アダムス)、豪快な咆哮(アーサー・ブルライス)で始まる。  Fugue From Concorde()John Lewisの曲、極めてフリーキーなブローイング(ジョージ・アダムス)は実に聴き応えたっぷり、自由人の野放しの奔放は嬉しい限り。  Blues Inc(8:30)、Charlie Parkerの曲、混沌とした心境をシンセサイザーが極めて念入りに長々と、悩み多き人生をさらりと吐露する。  Epilogue()、エピローグはギル・エバンスの書き下ろし、あっさりとしたなかなか納得のいくもの。  G.Evans(P)、G.Adams(As)、D.Sanborn(As,Ss,Flt)、A.Blythe(Ss)、H.M.Peterson,E.Royal,L.Soloff(Tp)、J.Clark(Frcfr)、B.Stewart(Tub)、H.Bushler(B)、M.Kikuchi(Eorg)、P.Levin(Cvnt,Mog)、S.Evans(Ds,Prc)、Release Date:1978。

♯♭♪ (*^.^*) : Vivica Genaux 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Vivica Genaux Un bacio un bacio ancora Agitata da due venti 1 Mura Felici Sposa, son disprezzata   Donizetti/ Il segreto per esser felici Nella fatal di Rimini Popolo amici sanguinosi allori      Handel/ Splenda l'alba in oriente Semele : Turn, hopeless lover Hence, Iris, hence away But hark... Prepare then Ariodante : Spero per voi, si, si Rinaldo : Venti turbini Alcina : Sta nell'ircana   Rossini/ Semiramide : -1~ Ah! quel giorno ognor rammento L'Italiana in Algeri : Cruda sorte, amor tiranno Tancredi : O patria... di tanti palpiti   Vivaldi/ Griselda S'odo qual rio che mormora La fida ninfa : Destin avaro Alma oppressa Bajazet : Sposa son disprezzata 1 Son tortorella Qual guerriero in campo armato Griselda : Agitata da due Venti 1 2 Farnace : Nell'intimo del petto 1   Hasse/ Padre ingiusto, sposo ingrato Or la nube procellosa Per questo dolce amplesso Ah che mancar mi sento Di quell'acciaro al lampo Vede il nocchier la sponda Piange quel fonte 1 Come veder potrei Ti laschio in ceppi avvinto Bella etade avventurosa Parto qual pastorello   Broschi/ Idaspe : Qual guerriero in campo armato Ombra fedele anch'io   Bellini/ I capuleti e i montecchi   Giacomelli/ Quell'usignolo Riccardo Broschi : Qual guerriero in campo armato

♯♭♪ (*^.^*) : Dennis Gonzalez 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫Top Tracks*  Jeg rade vil alle I ungdommens dager Yells At Eels -1 -2 Texas -1 -2 Jazz at The Kessler AllGood Cafe 4/2/11 Mercury Retrograde Hymn for Julius Hemphill ARIEL PINK WITH ADDED PIZZAZZ remi alvarez cuarteto no idea -1 -2 -3 -4 -5 Humanization 4tet, at Brickbat -1 -2 -3 -4 at Leroy's Showcase Lounge -1 -2 -3 -4 -5 -6 Sandaga 5/23/09 Renegade Spirits Festas de Santo António Ripe for a Vision & IMPROMUZAK Barcelona Yells At Eels : Jazz at The Kessler Happy House Batallion of Saints in Michigan After Death A Matter of Blood -1 -2 Polish Tour 2008 Night Music  Dancing on Flypaper 1 Midsummer Rain Encuertro de Estancias Gargantuas -1 -2 Doc for William Parker at TLA & Joao Paulo Live in Torres Vedras Yells At Eels in Michigan Renegade Spirits Ensemble Omega the Granada Theater  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : B.B. King 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for B.B. King * live in Bellinzona Switzerland 2001-f Live By Request (2003)-f Live Glastonbury 2011-f JIMI HENDRIX-f The Thrill is Gone 0 1 2 3 4 Lucille Tomorrow Night Stand by me Key to the Highway Best Solo Guitar King of Blues Blues Boys Tune 1 Gambler's Blues Sweet little angel CHAINS N THINGS Bring It On Home to Me If You Love Me Ghetto woman Baby I Love You Sinners Prayer Is You Is.. I'm In A Dangerous Mood At Guitar Center's King of the Blues -1 -2 The Thrill Is Gone 1 2 Sweet Sixteen 1 Something You Got I Can't Quit You Baby Blues Man 1 Key To The Highway How Blue Can You Get Help the poor Riding With The King Three O'Clock Blues 1 Ten Long Years Worried Life Blues When My Heart Beats Like A Hammer Come Rain or Come Shine 1 I need you so Live Japan 1989 Please send me someone to love Darling you know i love you Ain't Nobody's Business Since I Met You Baby Ralph Gleason's Jazz Casual 1968-1 -2 I Want You So Bad Tátrai Tibor -1 -2 Bollere Good Bye Live in Warsaw 1996 -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8


nice!(159) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3401

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -ミュアー ビーチ(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 Plage d'Ostriconi (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3401

八百屋で青匂いリンゴが次第に大きくなり、紅顔になっていくのを見るのが、ささやかな愉しみである。  この世の生物とは信じ難い色の、アケビには驚く。  灰色がかったパステルブルー、ツルツルした歪んだ球体、毎年ドキリッ!とさせられる。  四万十川の沈下橋(潜水橋)を見ると、『カラ…*ン』と踏み外し、降下する爽快のイメージから逃れられない。  淡くキラキラ反射するものや、橋の下を潜るさざ波から発するする音楽、サラサラの光輝に充ちた大気の清冽、空を渡るような遠い風音と乾いた寂寥が巡る。 

♯♭♪ (*^.^*) : Gil Evans 0 1 2 3 4/ The Individualism of Gil Evans   :     ジャケットは、白磁の質感の灯火を想わせる造形、横からの光で濃い影、疎外感に包まれる不思議な余韻。  G・エバンスの分厚い、独得の響きのサウンドの魅力の秘密が詰まっている。  フレンチホルン1~2本そして、トランペット2~3本、トロンボーン2本、チューバ、木管5本の多管編成、しかも独得の和音を吹き上げ・たなびかせ・あたりを包み込むのさ。  生成・提出する宇宙、なんだかあたりは薄暗く、淡青色の靄が立ちこめているようだ。  薄ら陽のように秘やかに息づき、そして燦たる夕陽のように 残照がくるめいて、希望に満ちておる。  もぞもぞ躊躇しつつ、ハタ…*・ハタ…*と燃え立つ生への愉悦である。  Time Of The Barracudas(7:26)、管のアンサンブルがあたりにいっぱいに拡がり、咽び上げる思惟たっぷりのW.Shorter(Ts)のブローイング、管弦のオブリガートはゆったりと広々気分に包まれた充実。  Kenny Burrell(EG)の余裕たっぷりの訥々とした詩情のある爪弾き、Elvin Jones(Ds)のソロは、胸の透く弾劾・斧の打ち下ろし。  The Barbara Song(9:59)、木管のトレモロで始まる、打弦の転がりテーマの発表・簡素・明快な展開。  妖しい管弦の草原は次第にグングン上昇する充実、そして祝祭・炸裂は控えられている。  息の長い伸びやかな気持ちの良いブローイング、管弦のたゆたう色彩・寂寥のメロディーなど実に聴き応えがある。  Las Vegas Tango(6:35)、優しい解りやすい諦めと憂愁のテーマを想わせ、伸びやかに胸を張って晴れやかに提出される。  電気弦とホーンアンサンブルが叙情いっぱいのメロディーを際だたせる。  管弦アンサンブルがよろこびの表情で、喜々として繰り返し盛り上がる、爪先で近づき息を潜め、一気にホーンが被さる。  Flute Song/Hotel Me(12:29)、中東風を想わせる魅力的なテーマ、木管で 提出、賑やかなブローイングのユニゾン、電気弦の弾き、打弦の打ち込み大工仕事、ホーンの放射・木管の響管・”大工や左官屋達の酒盛り・饗演 - 梶井基次郎”・浪費を忘れた情熱の入れ込み・傾斜、思惟は果てしなく膨張し拡散し広大に膨らむ。  際だつElvin Jones(Ds)のヨロコビ溢れる大理石の宮殿の構築。  El Toreador(3:26)、T. Jones(Tp)が叙情的なテーマを滔々と朗々と気分良く放射、やがて黄昏れ哀愁が自然と分泌される。  ミステリアスな雰囲気の別世界にしずしずと侵入、パルテノン神殿風の石造りの建物、廃墟に天を覆う旺盛な植生の繁茂、石畳の草原の向こうに黒い森を想わせる。  Nothing Like You(2:36)、W.Shorter(Ts)の颯爽と意欲剥き出しの気持のいい速いテンポ、味わい深いブローイング。  ホーンアンサンブルの意欲満々の疾走、何か愉快な企み・そそのかしを予感・期待させてくれる。  Concorde(7:39)、ホーンのスリリングなテーマの繰り返し、木管・リトゥル・インストルメントが次々に展開、管弦のユニゾン、P.Woods(As)の聴き応えある流麗・奔放・積極的な、余韻のない”職人芸”が楽しめる。  Spoonful(13:46)、電気弦のタラタラした弾き、打弦のドロドロした徘徊・覚醒の跳躍、ホーンのたっぷりの矯め、ハッ!とする明快・小気味よい押し出しのW.Shorter(Ts)のブローイングは辺りを睥睨・黙らせ、草木も聞き惚れる。  打弦がなんとか締めくくる、不満足なエピローグ。  W.Shorter(Ts)、P.Woods(As)、T. Jones(Tp)、Kenny Burrell(EG)、Elvin Jones(Ds)、Release Date: Sep 1, 1963。

♯♭♪ (*^.^*) : Victoria de Los Angeles 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Victoria de Los Angeles L'altra Notte In Fondo Al Mare Chants d'Auvergne Muntanyes del Canigó El rossinyol La dama d`Aragó La filadora Muntanyes regalades La filla del marxant La presó de Lleida El bon cacador El Cant Dels Ocells   Federico García Lorca./ Anda jaleo   Canteloube/ Chants d'Auvergne : Baïlèro Jayme Ovalle/ Azulão   Granados/ Goyescas : La maja y el ruisenor   Arrigo Boito/ Mefistofele : L'altra Notte In Fondo Al Mare   J. Turina/ Triptico : Farrucca Nr. 1   Manuel de Falla/ La vida breve  : -f La Vida breve : Allí está! Riyendo Asturiana Vivan los que rien Siete canciones populares españolas   Villa-Lobos/ Bachiana Brasileira nº 5 1   J.P. Martini/ Plaisir d´amour   Copeland/ El Amor Brujo : Song of the Will O' the Wisp   Joaquín Turina/ Saeta en forma de Salve   Catalani/ La Wally : Ebben? Ne andro lontana   Chausson/ Poème de l"amour et de la mer   Berlioz/ Les nuits d'ete, Op. 7   Fauré/ Requiem : Pie Jesu Clair de lune   Massenet/ Manon : Je suis encore tout étourdie   Franck/ La Procession   Ravel/ L'enigme eternelle   Verdi/ Otello : Dio ti giocondi Simon Boccanegra :  Ernani : Sorta E La Notte / Ernani! Ernani, Involami   Rossini/ La Cenerentola : Nacqui all’affanno Il Barbiere di Siviglia : Una voce poco fa 1  Bizet/ Habanera   Puccini/ Gianni Schicchi :  O mio babbino caro Suor Angelica : Senza mamma, o bimbo, tu sei morto Ah! Son dannata! madama butterfly : duet -1 -2   Haendel/ Dixit Dominus (Psalm 109)   Bach/ Mein gläubiges Herze, Cantata BWV 68    Mozart/ Exultate, jubilate   Brahms/ Dein blaues Auge   Wagner/ Lohengrin -f Tannhäuser -f

♯♭♪ (*^.^*) : Dennis Chambers 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   The Fatback Groove- James Brown 2017 UK Drum Show Performance  Dennis Drum Solo - Santana [Live At Montreux 2011  In The Pocket The Big Open Drum Solo  & the Buddy Rich Big Band: Dancing Men   Victor Wooten Trio | PASIC 2018 Drum Solo - NIACIN (Billy Sheehan - John Novello)   Bag’Show 2019 - part 1  Reunion feat Tower of Power Some Skunk Funk Soul Sacrifice CAB rehearsal NANIWA EXP & R.Bona & Buddy Rich Big Band & M.Stern  3 & J.McLaughlin 1 2 3 4 5 & Niacin &  T.Sakurai and G.Howe 1 Ottawa 2007 Very Hot Stuff during their tour drummersfestival 07 1  Drum Solo 0 1 2 3 4 5 6 7 8  | Tribute  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Alicia Keys 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Alicia Keys * aliciakeysVEVO Raindrop Prelude Trouble Man New York No One Lesson Learned‬‏ Fallin' 1 2 Rapture 1 New york Broken down! How It Feels To Fly 1 Pray For Forgiveness Try Sleeping With A Broken 1 Karma 3 My Boo If I Ain't Got You Un Thinkable 1 Doesn't Mean Anything The Life When you Really Love Someone Superwoman 1 2 Butterflyz The Thing About Love Like You'll Never See Me Again Gangsta Lovin 1 Never Felt This Way Feelin' U, Feelin' Me Prelude to a Kiss Nobody Not Really Samsonite Man Caged Bird Where Do We Go From Here? Slow Down 1 Heartburn I Need You Lovin U Why Do I Feel So Sad Jane Doe Troubles Teenage Love Affair Goodbye Impossible Why Do I Feel So Bad Diary Sure Looks Good To Me Girlfriend 1 Go Ahead YOU DON´T KNOW MY NAME How Come You Don't Call Me 1


nice!(160) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3400

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -マウント タマルバイス州立公園 -2(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 Centre Nautique de Lozari (ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3400

チビちゃんがげっそり痩せている。  ”粒あん入り”あずきもなか(岡山市、オハヨー乳業)と、”たい焼きモナカ”(山梨、江南乳業)、シュガーコーン(前同)を買い込む。 バイシュクルに跨り、広い道路を走ると秋風がまとわり付き、くすぐりながら千切れて飛び散る。  とっくに陽は山嶺の向こうに、没し深く沈み込んでいる。  しかし天空は、仄かに青い、白い雲が高い処を飛んでいく。  『オーィ、………*』  鰹を味噌焼きにすると、ホクホクと魚らしい旨味が際だつことを知った。

♯♭♪ (*^.^*) : Gil Evans 0 1 2 3 4/ Into the Hot   :     ジャケットは、深紅のグラデーションを背景に左足を開き、両手を後ろやや上向きに突っ立っている紳士。  ギル・エバンスは、ここでは耽美へのこだわりを持ったリスナーの側面・顔を見せる。  ギル・エバンス・オーケストラと銘打っておるが、ギルのオーケストラでなく、総合監修を担っている。  ジョン・キャリシの作品を演奏するユニットと、セシル・テイラーのユニットでアルバムは構成される。  John Carisiの3曲と、Cecil Taylorの3曲が交互に配置されたアルバム。  Moon Taj(8:20)、12音音階、John Carisiの曲、ゆったりしたテンポで始まり後半速くなる。  インドの広い宮殿の中庭を照射する、月の光輝に浮かぶ白き陰影・澄明、はかない刹那の喪失を想わせるだろうか!?。  Joe Wilder(Tp)とEddie Costa(P)インプロヴィゼーションが、すばらしい!。  Pots(5:45)、C. Taylor(P)とJ. Lyons(As)の火の玉の奔流、圧倒的な濃密ソロで始まる。  A. Shepp(Ts)のフリー・フォームブローイングは新鮮で瞠目、『キャリコ!・キャリコ!、キュイン!・キュイン!』テイラーのブラックホールが駆けめぐる。  H. Grimes(B)のブンブン唸るワーヤー、S. Murray(Ds)のインパルスのさざ波の煽情。  ブラスのユニゾンのさり気ない絶妙の噴出は見事。  テイラーは言う『短時間にエネルギーを凝縮し、そして全体をしっかり構成することが重要なんだ。』と。  絶頂の霊峰が幾つか仕組まれた管弦楽風の魅力があり、パッション・情熱と思惟がそよぎの中で融けあい・反応・素早く反射することで、心地良いカタルシスを提出する。  Angkor Wat(6:21)、12音音階、John Carisiの曲。  John Carisi(Tp)とP. Woods(As)のインプロヴィゼーション、そしてEddie Costa(P)、Doc Severinsen(Tp)らのソロの突出が聴き応えあり、幻想的な雰囲気だろうか!?。  Bulbs(6:51)、フリー・フォームの壮大な叙情詩。  C. Taylor(P)、J. Lyons(As)、A. Shepp(Ts)、H. Grimes(B)、S. Murray(Ds)らの大理石の宮殿・集団的美の秩序構築への素早い呼応、屹立した激しい魂の飛礫の投げ合い。  Barry's Tune(3:40)、John Carisiの曲、躍動する4ビートアンサンブルの助奏、Barry Galbraith(G)の長いインプロヴィゼーションで始まる。  P. Woods(As)、C. Terry(Tp)、B. Brookmeyer(Tb)、Art Davis(B)らのインプロヴィゼーションと卓抜な流麗・華麗が聴き応えあり。  Mixed(10:11)、Cecil Taylorの曲、静かな靄のたなびき、緩やかに激しく奔走する大地と空気の息づき、モンゴルの緩やかな夜明け・草原の輝きを想わせる。  C. Taylor(P)、J. Lyons(As)、A. Shepp(Ts)、H. Grimes(B)、S. Murray(Ds)、Ted Curson(Tp)、R. Rudd(Tb)らのフリー・フォームのソロ、交響詩はとてつもないテンションの唸り・軋み・照射・爆発の連続。  落ち着いた後の、J. Lyons(As)のソロは一陣の緑風、一息つく。  R. Rudd(Tb)の心地良い木漏れ陽のシャワーを浴びて散歩、なだらかな勾配、緩やかなカーブの静謐に姿を消す。  作者は申す、『これは、……が恋に墜ちた時の感興なんだ。』と。  P. Woods(As)、C. Terry(Tp)、B. Brookmeyer(Tb)、Art Davis(B)、Joe Wilder(Tp)、Doc Severinsen(Tp)、Eddie Costa(P)、C. Taylor(P)、J. Lyons(As)、A. Shepp(Ts)、H. Grimes(B)、S. Murray(Ds)Release Date:Oct 10, 1961。

♯♭♪ (*^.^*) : Vesselina Kasarova 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Vesselina Kasarova Mozart/ Come ti piace imponi 1 Deh, se piacer mi vuoi Venga pur, minacci, e frema Ma che, sempre l'istesso . . Non più di fiori 1 2 Ah perdona il primo affetto Parto, parto, ma tu ben mio 1 2 3 4 Oh Dei, che smania è questa Non ho colpa 1 Voi che sapete records Mozart Arias Ah se fosse intorno al trono Deh, per questo istante solo Batti Batti o Bel Masetto Terzetto 'Se al volto mai ti senti   Handel/ Con l'ali di costanza Il Trionfo del Tempo e del Disinganno Verdi prati Sta nell'ircana Scherza infida 1 -1 -2 Alcina -1~ Dopo notte Fiero incontro Ombra mai fù Con l'ali di constanza   Verdj/ O don fatale Fu la sorte dell'armi a' tuoi funesta Bellini/ Romeo Entrance aria Deh tu, bell anima E questo il loco...Ah! se tu dormi I Capuleti e i Montecchi 1   Rossini/ Oh patria/di tanti palpiti "Amici, in ogni evento m'affido a voi", Contro un cor che accende amore Una voce poco fa 1 2 3 4 5 Cruda sorte, Amor tiranno 1 Nacqui all'affanno Kavatine Rosina L'italiana in Algeri Perche turba la calma 1 Per lui che adoro Pensa alla patria Di tanti palpiti Amor possente nome Ah! quel giorno ognor rammento Il barbiere di Siviglia   Donizetti's / O mio Fernando 1 2 Akt 3 aus LA FAVORITA Que faire... Sol adore de la patrie Per Questa Fiamma ... Pensate Che Rivolti   Saint-Saens/ Mon coeur s'ouvre а ta voix 1 2   Berlioz/ Se Romeo T'Uccise un Figlio La Mort de Cléopâtre D'Amour l'ardente flamme ORPHÉE ET EURYDICE   Offenbach/ Bonjour, monsieur, je suis la bonne   Bizet/ Carmen-f Scène Première: Chanson Habanera Carmen - Act II -1 -2 -3 End Act III Final Scene Près des remparts de Séville   Massenet/ Pourquoi me reveiller? Charlotte's Letter 1 Mi lusinga il dolce affetto 1 2 Werther! Werther! Air de la lettre   Le Cid/ Chimène : Pleurez, pleurez mes yeux   Gounod/ Ô ma lyre immortelle   Giovanni Battista/ Il Pianto di Maria da cantarsi davanti al sepolcro   Haydn/ Arianna a Naxos -1 -2   Schubert'/ Im Frühling 1 Gluck/ Orphee et Eurydice-f Qu'entends-je? Qu'a-t-il dit? Amour, viens rendre à mon âme J’ai perdu mon Eurydice   Dvorak/ Moravian Duets   Tchaikovsky/ Mad of Orleans   Lisa/Pauline duet Pikovaya Dama-f Queen of Spades-f   R Strauss/ Der Rosenkavalier: final duet- Ist ein Traum/Spür nur dich allein Day mi, Bozhe, krila lebedovi Moscow «LIVE-f Begegnungen in Bulgarien Ya Kazhi Mi Bulgarian Soul -1 -2 -3 -4 Portrait -1 -2 -3

♯♭♪ (*^.^*) : David Sanborn 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -David Sanborn ♫Topic ♫ Top Tracks *   DREAMING GIRL Come To Me Nina Comin' Home Baby 1 Everything Must Change Since I Fell For You 1 Ain't No Sunshine When She's Gone Lisa 1 The Dream Nobody Doese It Better Man From Mars Superstar Sandra Saxofone TRY A LITTLE TENDERNESS 1 2 Neither One Of Us (1983) Slam Savanna Don't Let Me Be Lonely Tonight 1 Have Yourself A Merry Little Christmas 清水みさと People get ready Day Dreaming First Song I Told U So Good Bye & Charlie Haden Love And Happiness Chicago Song 1 Let's Stay Together 5_15 Use Me Slam 2 D'angelo Came Island Teen Town Hideaway Smile Basin Street Blues Steve Gadd Solo Leverkusener Jazztage Maputo As We Speak Chicago Song Steve Gadd, Carlitos Del Puerto Bootsy Collins & others Love Is Not Enough Live at Montreux 1993 Back Again 「SNAKES」 Live Under The Sky '92 Two Brothers Ronnie Cuber  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Albert King 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Albert King * 0 Walking The Back Streets And Crying Angel Of Mercy I'm Doing Fine As The Years Go Passing By Personal Manager Crosscut Saw  I Wanna Get Funky -f Breaking Up Somebody's Home Everybody Wants to go to Heaven, But Nobody Wants to Die Kansas City Blues At Sunrise Oh pretty woman Don't Throw Your Love On Me So Strong Guitar Man  Get Out Of My Life Woman The Sky Is Crying CADILLAC ASSEMBLY LINE The Hunter Match Box Blues I'll Play The Blues For You Flat Tire As The Years Go Passing By Blues Power Oh, Pretty Woman  As The Years Go Passing By Drowning On Dry Land Blues At Sunrise Crosscut Saw Lonesome Feel Like Breakin' Up Somebody's Home Red House I'll Play the Blues For You Stormy Monday The big King does the king's things -f Years gone by (1969)  -f Blues at Sunrise YEARS GONE BY -f KING ALBERT -f -f Lovejoy -f THE PINCH -f Blues at Sunrise -f In Session 2010 1983 -f in Sweden 1980 -f Japan Blues Carnival 1989 -f Call It Stormy Monday -f Montreux 1989 -fblues Killing Floor The Feeling Born Under A Bad Sign 1 Texas Flood Stormy Monday  I'll Play the Blues for You, Pts. 1-2 As The Years Go Passing By Don't Lie To Me Oh, Pretty Woman I'll Play The BLues For You Fillmore East 1 The Sky Is Crying Live Japan 89


nice!(171) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3399

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -マウント タマルバイス州立公園 -1(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 La tour génoise -2(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3399

『なんとしたことを!、…*、(-.”-;)』。  翌朝、朝日の射すしっとり湿った土の上に、緑が投げ出されていた。  陽が沈み寂寥が降りてくる頃、”本能を試した”憾みはくっきりと甦る。  気持ちは酸に侵され空しい、暫く自失。  西方の峰々に陽と昼が収斂され、無彩色に侵される頃、塀や木立の影から這い上がり、音もなく駆けめぐる。  作曲家で言えばラベルのような……と、いつも想う。  それが嬉しい。  今日も =(・。.・)=チビちゃんの仔の姿が見えない。

♯♭♪ (*^.^*) : Gil Evans 0 1 2 3 4/ Out of the Cool   :     ジャケットは、黒い壁が破れた穴、高椅子に座り振り向いた紳士。  丘陵を乗り越えはるばるやってくる海洋風、白く乾いた外界を眺め窓辺に微睡む。  気怠い昼下がりの気分に呼応するような、寛いだサウンド・テンポで開始。  重厚なリッチな和音・部厚い管弦アンサンブルがゆったりと進行。  おやっ!?、と想わず嬉しくなるギターの弾きがあり、ズンズン・しずしずと溌剌と歩む。  明るい希望をどんどんまき散らし、疾走するヨロコビに満ちたホーン、エッジを擦ったようなギターの弾き。  次第にサウンドは厚みを帯びはじめ絢爛たるテクスチュアーが繰り広げられるよう、サックスが主題を受け継ぎさらりと咆哮。  低弦は黙々と力強く寡黙な精神で進行、電気弦が明快にテーマを繰り広げる。  明快な旋律は俄に大要をあからさまにしない、序曲や舞台音楽のようである。  フランス映画のシーンを想わせる洒脱な洗練された気分に包まれる。  荘厳なパルテノン神殿を想わせる、大理石の精緻、優しい石柱の膨らみ、見上げるようなフレームは確かな期待がやってくる空間。  記憶を辿るような、かわいい解りやすい主題が打弦で発表される。  次いでホーンが引き継ぎ、滔々と余裕たっぷりに放射され、部厚い弦楽アンサンブルが覆い被さり、過不足ない交歓がさらりと後腐れなく終わる。  ウエストサイド・ストーリー風のテーマ、モダンダンス風リズムを低弦が展開。  打楽器がギリシャ彫刻を切り出す。  部厚い管弦がホールいっぱいに、豪華な色調絵巻サウンドをぶちまける。  雄弁な凄腕・超越やり手の電気弦が原色のパテをベタベタ塗りたくる。  ホーン、サックス、管弦が次々に存分にこねくり回し・展開、曼荼羅のユニゾンを翻す。  ザクザクしたテンポを切り刻み、夢見るようにうそぶくように進行。  Nevada(15:33)、。 Where Flamingos Fly(5:11)、。 Bilbao Song(4:12)、。 Stratusphunk(8:03)、。 Sunken Treasure(4:20)、。 Sister Sadie [*]、。 Gil Evans(P, Arr, Cnd, Main Performer)、E. Jones(Ds)、Billy Barber(Tuba)、Budd Johnson(Ts,Ss)、Eddie Caine(As)、Bob Tricarico(Flt,Basson,Piccolo)、Release Date: Nov 18, 1960。

♯♭♪ (*^.^*) : Veronique Gens 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Veronique Gens Fauré/ Au bord de l'eau, op. 8 no 1   Purcell/ Dido's Lament When I am laid in earth L'heure de l'opéra   Gluck/ Enfin, il est en ma puissance   Dardanus/ Cesse Cruel Amour De Régner..   Médée/ Ah! Nos Peines Seront..   Berlioz/ Les Nuits d'été op. 7: Sur les lagunes 1 Le spectre de la rose Villanelle L'île inconnue Absence Au cimetière Zaide L'enfance du Christ - Epilogue -1 -2   Pergolese/ Stabat Mater   Monteverdi/ Lamento Di Arianna   Ravel/ Alyssa -1 -2 -3   Debussy/ Claire De Lune Nuit d'étoiles   Faure/ Clair De Lune Le papillon et la fleur Au bord de l'eau Après un rêve Chi'io Ti Ceda?   Purcell/ Fairest isle all isles excelling   Handel/ Ogni vento L'alma mia fra le tempeste Ahi, nelle sorte umane Agrippina 1 2 Reportage sur l'Arperggiata avec une âme italienne   Mozart/ Concert aria K. 416 O Temerario Arbace Esci omai, garzon malnato La Finta Giardiniera Salzburg~* E Susanna non vien.. Don Giovanni cosi fan tutte 1 2 Tito Deh Per Questo Ch'io mi scordi di te?/Non temer Non mi dir Donna Anna Vorrei punirti, indegno Porgi Amor LND Figaro Three short arias

♯♭♪ (*^.^*) : David Murray 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -David Murray ♫ Top Tracks* ♫Topic  Santa Barbara And Crenshaw Follies Ballad For A Decomposed Beauty Milford Graves Documentary -1 -2 Body and Soul for Faro Herve Samb Live Black Saint Quartet -1 -2 -3 -4 Marc Johnson On Drums en Espanol Medley XIII Festiwal Jazz na Starówce 2007 Espagnol No me platiques Ugly Beauty Vamping With T.T. Hope Scope Round Midnight The Roots featuring Ornette Coleman -1 -2 -3 XPRESSIONBAND PROYECTO CON & Cassandra Wilson in studio World Saxophone Quartet If 6 was 9 The Wind Cries Mary Picasso Suite & John Hicks & The Gwo Ka Masters Morning song 1 Clip Live at Village Vanguard Live @ Jazz Standard 2007 Prophet of Doom Four and More & Cuban Big Band interview -1 -2  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Albert Collins 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Albert Collins * Two-Lane Highway Lights Are On Cold, Cold Feeling 1 2 Meltdown When A Guitar Plays The Blues I'm Beginning To Wonder I Got A Mind To Travel Blues For Stevie When the welfare turns its back on you Blue Monday Hangover Too Many Dirty Dishes Blues for Stevie Master Charge Angel of Mercy Snowed In Avalanche Snowed In .1980 Cash Talkin' The Moon is Full Dyin' Flu Iceman 1 Lights Are On But Nobody's Home 1 Soul Food If Trouble Was Money 1 2 Same Old Thing Ego Trip Love Me Like You Say Same Old Thing Conversation With Collins 0 1 Honey Hush Travelin' South Black Cat Bone Shoe on the Other Foot If trouble was money Black Cat Bone & The Icebreakers Live Frosty Dirty Dishes at Montreux 1992 Frosty Call It Stormy Monday Live From Austin Texas Snatchin' It Back My Woman Has A Black Cat Bone The Things I Used To Do Cold Cuts I Got That Feeling


nice!(174) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3398

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -マウント タマルバイス州立公園(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 La tour génoise -1(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3398

無限の愉しみをうっちゃった、世界が没する夕暮れは、不安な希望に満たされる。 『フ~*ッ、食った!!。』、食後の呻き、深呼吸ともけじめのつかぬ気分の発散はなさらず。  きっと慇懃に約束を思いだしたかのように、“そそくさ ……”、“フッ!”とご帰還いたす。  人物との付き合いという情念・衝動は微塵もなし。  ほんの気まぐれ偶然のいたずら、ちょっとした質の悪い出来心で、『ポンッ!…』とキュウリを投げた。  背を低くして牙をかざし、『ハ…*ッ!!』と威嚇の発声を放ち、野菜を顎にしっかり固定し闇を疾走。 

♯♭♪ (*^.^*) : Gil Evans 0 1 2 3 4/ Gil Evans & Ten   :     トランペト2本、トロンボーン2本、フレンチホルン、アルトサックス、ソプラノサックス、バスーンの多管編成、10名。  渋くて新しいリッチなGil Evansサウンドが詰まっている。  Remember(4:34)*、オリジナルとは違った、ゆったりした微睡むようなテンポ、ホーンが絶妙に融けあい、渋くてとてもいい・ホレボレするサウンド。  そよ風に誘われつつも、おっとりした夢見るように、ピアノ・管弦で始まる。  スティーブ・レイシー(Ss)の個性的な芯のある、タラタラとマイペースで噛みしめるように、散歩するような演奏がとりわけ聴き所、これは全編に及ぶ。  Ella Speed(5:50)、速くて快活、リードの目の覚めるような、精気漲る演奏がすばらしい。  管のユニゾンで展開される、ベースのボーイングに、弱音ホーンが、さらりとリズミックに放射、ピアノがリリックに慇懃な演奏。  Big Stuff(4:49)、劇音楽風の空間が広がり、勇壮なゆっくりした曲。  ホーンが混じり・融けあい・呼応・綾なすあたりは、しみじみ感じ入ってしまう。  このアルバムを最も印象づける曲。  Nobody's Heart(4:26)、淡い滲んだようなピーチカラーに染まりつつ、緩慢に無彩色に侵される充足の夕空があり、飄々と・おっとりと・ゆっくり吹き抜ける超高層風はとても穏やかで静謐。  滔々とゆったりと大地・天空の広がりを想わせる、重厚なアンサンブルが美しい。  ピアノとトロンボーンが見事に歌う、うっとりする響き。  Just One Of Those Things(4:26)、スティーヴ・レイーシー(Ss)の目眩く・速いソロは、アンサンブルと上手く融けあっており、とても新鮮であり好ましい!。  心に随喜が走り・満ち渡り、ホク!ホク!と歓喜が興るんだ。  管弦のオブリガートで颯爽と駆け出す、ピアノも負けじと澄明に歌う。  If You Could See Me Now(4:18)、タッド・ダメロン(Tad Dameron)の作品、黄昏れるようでもある諦観トロンボーン、流麗な憂愁・華麗が聴き応え充分。  Jambangle(4:57)、ブ ギウギ+スイング風の快活な曲、ピアノから始まるスティーヴ・レイーシー(Ss)の明瞭・明快な演奏で、たちまち気分爽快に包まれる。  トロンボーンのソロも楽しめる、ヨロコビのアンサンブルは充足の後ろ姿で閉じる。  Gil Evans(P.Arr)、S. Lacy(Ss)、Lee Konitz(As)、Louis Mucci(Tp)、*JohnCaeisi(Tp)、Jimmy Cleveland(Tb)、Bart Varsalona(BTb)、P. Chanbers(B)、*Jo Jones(Ds)、Nick Stabulas(Ds)、ほか、Release Date:Sep 6, 1957。

♯♭♪ (*^.^*) : Veronica Cangemi 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Veronica Cangemi Ritorna a lusingarmi   Giovanni Battista Pergolesi/ Missa di S. Emidio -1 -2   Cavalli/ Ercole amante : Ed a che peggio'. Panzarella Come solo ad un grido Tomb scene 'Gradisci o re Figlio, tu prigioniero? Sonno, potente nume Bella Iole, e quando mai sentirai Sol s'iinarcan gli emisferi Mormorateo fiumicelli Misera, ohime, ch'ascolto Amor ardor piu rari Veggio, o di veder parmi? Salva, nettuno Ahi che pena e gelosia Se ninfa al pianti E vuol dunque ciprigna   Mozart/ Lucio Silla : Vieni ov'amor t'invita aria de Lucio Cinna Nel fortunato istante Ah sì, scuotasi omai Vieni ov'amor t'invita Don Giovanni : -1~ Ho Capito La ci darem Finale Presto Presto via che venga Le nozze di Figaro : Deh vieni non tardar La clemenza di Tito : S'atro che lagrime Cosi Fan Tutte : Trio Rinat Shaham   Vivaldi/ Ottone in Villa   Handel/ Agrippina : Non ho cor che per amarti... Allegrezza, Allegrezza!! Con saggio tuo consiglio Rinaldo : Lascia ch'io pianga Alcina : Ballets Sta nell'ircana Vorrei vendicarmi All'alma fedel 1 tornami a vagheggiar Ariodante : Dite spera e son contento Se tanto piace al cor Neghittosi or voi che fate? 1 Agrippina : Voi che udite il mio lamento Non ho cor che per amarti.. Ezio : La mia costanza Finchè un zeffiro soave Misera ove son... Ah, non son io che parlo Finchè un zeffiro soave La mia costanza :  Il Trionfo del Tempo e del Disinganno : Tu del ciel ministro eletto   Gluck/ Orfeo ed Euridice Che L'innocenza giustificata   Vivaldi/ Orlando Furioso Come in vano il mare irato La farfalletta audace s'invola Destin avaro Ritorna a lusingarmi Orlando Furioso Catone in Utica la fida ninfa : Destin avaro 1 Dolce fiamma 1 Dite, oimè Agitata Da Due Venti 1 Griselda : Ombre Vane, Ingiusti Orro Agitata da due venti Ottone in Villa : Misero spirto mio

♯♭♪ (*^.^*) : David Darling 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Magnolia Tree Remembering our Mothers Away In A Manger Beautiful Life Bach's Persia Stones Start Spinning Slow Dawn  Solitude Minor Blue Awakening Lady Child's Dream Sweet River  In Love and Longing The River II -VI - -f  Morning - Cello Blue, 2001 1 Minor Blue Luar Alma Divina Celloblue Morning Celloblue Cello blue Garden of love Bach's Persia Celloblue Prayer and word Celloblue Solitude Sweet Relaxation Sri Ma Serenity Mello Cello Celloblue Presence Sweet River Sojourn Saudades Inside the Om Lugu Lugu Kan-Ibi Celloblue Thy will not mine be done Celloblue Children Knowing Others Wisdom Slow Dawn Remember String religion Eight String Religion Abolish War Slow Dawn Icaro Blue Awakening Lugu Lugu Kan-Ibi St.GIGA Sound tides 22  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Blues :     Chicago Blues Fest 2012 - 14 artists in 3 days -f Chicago Blues, Live -f -1 -2 -3 -4 -5 American Folk Blues Festival 1982 -f American Folk Blues Festival '83 -f Toot Blues-f Blues Houseparty-f Gary Moore Live Blues Ballads And Blues 2002-f JUST BLUES -f Relaxing Blues Blues Music 2015 -1 Relaxing Blues Blues Music 2014 -f -1 -2 This Is The Blues -f -1 -2 -3 -4 Modern Blues Collection -f The Very Best of Blues -f Various - Best of blues -f  Romantic Blues Mix -f Delta & Louisiana Blues -35 great tracks -f  Delta Blues -2 hours of Blues, 41 great tracks -f Classic Blues & Rock N' Blues & Harp Mix -f -1 -2 Blues Guitar: Mustang Cruising -f All that Jazz and Blues Instrumental -f Chicago Blues, Live -f -1 -2 -3 -4 Slow Blues -f Moonlight Blues -f


nice!(170) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3397

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -ポント レイズ -1(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 La tour génoise(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3397

……ピリピリとひげを左右いっぱいに伸ばし振るわせる。  鼻に焦点を絞り食べ物を頬張ったまま、威嚇であり満足の“ヨロコビ”の発表を行なう。  『……ングワァル、ル。……∠∂∇ΨΘ⊥∋Π∨∀∃』   まったく……!、背筋がのびのび、脳裏でさまざまな爽快が出現し、失せる。  雲の裂けめからあちこちに、パリパリ糊の効いた真っ白の敷布のようなどこか不安げなしっかりした一途な朝日が射す。  静穏な峻烈な爽快な風が朝靄を侵すのを深く吸う。

♯♭♪ (*^.^*) : Freddie Hubbard 0 1 2 3 4/ First Light/ SR322/ LP    :     燦たる躍動のリズム、スキップのリズムを突き出すベース、舞うような軽やかなラテンパーカッション。  そしてしなやかな陰影と憂愁に包まれる管弦楽、燦たる黄金の輝き・目眩く・超越的饒舌の響きを放つ解放のホーン、満たされたリッチな気分に浸ることが出来る。  ドンセベスキーの魅惑の世界、エモーションに絡みつかれ囚われてまう。  First Light 1(11:05)F. Hubbardの曲、Eピアノとベース、パカッションに揺り起こされ、ゆったりと大きく伸びをして目覚める。  潮風の高台で横殴りの真っ新の朝陽を浴び、燦たる黄金を放つ解放のホーン。  『トゥ…*・トゥ…*・トゥッ・トゥッ・トゥ・……♪、……♪、……♪』、クンビア風スキップのリズムを突き出す”情熱長弦”・R. Carter(B)。  きっぱり目覚めたホーンは、飄々と爽快をたなびかせ、次第にに気分が昂揚、目眩く放射の速度を増す、一切を振りきり”湾岸道路”を疾走、ゆっくり右周り、やがて南下する。  ラテンの明晰を弾けさせる、G. Benson(G)。  木管のトレモロ風のヨロコビの歓声は、艶やかな房州特有の照葉樹と砂浜に迫り出した竹林の戦ぎの様なんだ。  南方から押し寄せる気持ちのよい茫洋たる海流・黒潮、輝きを放ちキラキラ躍動する。  目眩く銀の海原、沸き立つ煌めきの海洋、ビョウ…*、ビョウ…*と吹き渡る海風。  風を呼び込み明るく跳躍、高く舞い上がり、巻き舌でおどける木管。  ラテンのゆったりしたうねりに絡みつく解放のリズム。  全身を弓のように仰け反らせ渺々と、思いっきり放射する黄金ホーン。  ビョウ…*・ビョウ…*と、燦々と燦めき流れる太陽風、何もかもはためき・煽られ・千切れ・吹き飛ばされる。  大きくカーブを切った岬で見失う。  Uncle Albert/Admiral Halsey 1(8:16)Paul & L. McCarthneyの曲、ゆっくりした呟きのような開始、ホーンが目覚め、辺りの木々の戦ぎが歌い始める。  木管の優しいオブリガート。  やがて、俄に何かに急かされるようにテンポが速くなり、パラ~*パラ~*と、バラ~*バラ~*と。  管弦楽の助奏で一気に元気づき、G. Benson(G)の甘い弾き、躍動、”ブルン~*ブルン~*”振り回す。  心地良い長弦の唸り、しなやかなストリングアンサンブルの助奏。  ”ヨヨ~*”と、もたれ掛かるような木管、トレモロを交え闊達に歌う、管弦楽の雑木林の丘の木立に姿を消してしまう。  Moment to Moment(5:42)ヘンリー・マンシーニの曲、ゆっくりと夕焼け空を見上げるホーン、優しさと憂愁の混沌とした所在ない心持ち。  しなやかな管弦楽の助奏、やがて木管の助奏に解けてしまう。  Yesterday's Dreams(3:55)ドン・セベスキーの曲、背後の岩山から降りてくる、一陣の涼風がひたひたと辺りを浸食。  優しい憂愁を帯びた管弦楽のオブリガートに包まれる。  岩山に立ち澄明なメロディーを歌い出すホーン、ミュートの甘い誘い、沈静の叙事詩の断片を投げつける。  辺りの房州竹の向こうから、憂愁の夜陰が染み出し流れ出す。  語りかけるようなホーン、夕闇に包む憂愁の管弦楽、明快・新鮮なベースの推進。  Lonely Town (From "On The Town")(6:59)R.バーンスタインの曲、木管と管弦楽で緩やかに静かに開始、ベースに導かれやがてホーンが滔々とリリックに、すばらしい叙情を放射。  ベースとパーカッション、Eピアノが躍動し始める。  自信たっぷりのホーンが、実にはればれのびのびとみごとな陰影で演奏、やがてアンサンブルの憂愁に絡みつかれ絶える。  Fantasy In D(6:55)*、。  F. Hubbard(Tp,Flghr)、A. Moreira(Prc)、George Marge(Flt,Clt)、H. Laws(Flt)、G. Benson(G)、R. Wyands(P)、R. Carter(B)、A. Moreira(Prc)、J. Dejohnette(Ds)、D. Sebesky(Arr)、Release Date:Sep 14, 1971。

♯♭♪ (*^.^*) : Valery Afanassiev 1/ ☆□You Tube Search :     Froberger/ tombeau   Debussy/ des pas sur la neige   Rachmaninov/ preludes op. 32, nos. 5, 12   Tchaikovsky/ barcarolle   Scriabin/ preludes, op. 11 nos 2, 4, 1   Schumann/ andantino di clara wieck Grieg/ lyric pieces - book 3 - op 43 nos 1-2   Bach/ Clavier bien tempéré BWV 846 857 -part I(1:08:24) BWV 858 869 -partⅡ(1:13:54) - part III(1:17:06) - part Ⅳ(1:18:31)   Beethoven/ Piano sonata no.32 -1 -2   Brahms/ 4 Ballades op. 10,2 Rhapsodies op. 79,Klavierstücke op. 116(1:15:55) Klavierstucke op 117,118,119(1:11:14)   Chopin/ Nocturne in B-flat minor,op.9 no.1 mazurka in f minor   Wagner/ Elegy for piano in a flat major   Wagner-Liszt/ Elas traum Liszt/ Sonata in B Minor consolations nos. 3, 5 | Le Silence des Spheres/Молчание сфер -1 -2 -3 -4

♯♭♪ (*^.^*) : Dave Holland 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Dave-Holland ♫Topic ♫ Top Tracks *  McCoy Tyner & Dave Holland Liège, Belgium Hands Big Band Overtime How's Never San Sebastian Billie's Bounce Herbie Hancock, Wayne Shorter, Dave Holland, and Brian Blade - Full Concert (OFFICIAL) Herbie Hancock, Wayne Shorter, Dave Holland, and Brian Blade - Pathways - 8/15/2004 (Official) Prime Directive Jazz in Marciac 2009 Last Minute Man The Art of Conversation  The Winding Way (Part I) [live 2002]  Mr. PC Jazzfest Berlin 1990 - (III)  JazzBaltica 2003 Dave Holland Solo - JazzBaltica 2003  Dave Holland Big Band - Last Minute Man - 8/15/2005 - JVC Jazz Festival (Official) "The True Meaning Of Determination" Dave Holland Quintet Metamorphos and interview 2002 Dave Holland Quintet - Full Concert - 08/10/02 - Newport Jazz Festival (OFFICIAL)  Cymbalism Solo  Good By Porkpie Hat Free for all 1 Metamorphos and interview 2002 & Christian McBride Big Band Billy Kilson solo Quintet Vicissitudes & Kevin Eubanks -1 -2 Pathways My Favorite Things Impressions -1 -2  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Susheela Raman 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Susheela Raman * Ganapat Kamakshi Light Years Sarasa L'Âme Volatile Blue Lilly Red Lotus Song to the Siren Trust In Me Mayai Love trap How Many Roads Bliss Bolo Bolo Mahima Leela Sakhi Maro Maya 1 Salt Rain 1 Ennapane Yeh Mera Deewanapan Hai O Rama 1 where_did_you_sleep_last_nigt Waiting in vain I'm Set Free Blue Lily, Voodoo Chile YOU DO RIGHT Gopono kothati What Silence Said velavaa yeh mera deewana pan Hai! Ganapati  Cheb Mami Sharabi 1 Nagumomo 1 Woman O Rama Paal 1 Nagumomo 1 Mohabbat Ki Jhooti Kahani Vel What Silence Said Marudumalai/Maste Nazron Aux sources Indiennes


nice!(173) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3396

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -ポント レイズ(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 ピュンタ・スパノ -1(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3396

黄泉の世界の底に冷ややかに横たわる人物を、呼び戻してくれる。  生きていることを知るのと同時に、呼んだのは野生がのびのびくつろぎ、遊びに耽り愉しんでいて発した“音”と知る。  すっかり安心しとろりとした泥のように、深い冥海の底に落ちていった。  屏などに沿って作られている“航路”を守りつつ、どこからともなく“ふらっ”と気まぐれに現れる。  ライオンとそっくりの“まる顔”の“野獣”が『んにゃ ~*!』と発しながら遊びに訪れるが、話し込んで行くはずはない。 

♯♭♪ (*^.^*) : Freddie Hubbard 0 1 2 3 4/ The Body & The Soul   :     ジャケットは、F.Hubbardの演奏中のアップが、画面からはみ出している。  Wayne Shorterのアレンジはリッチな分厚いサウンド、しっとりした叙情たっぷり、時々出現するEric Dolphyの木管が実に聴き応えあり。  全編のF.Hubbard(Tp)の澄んだストレートな陰影のあるトーンがすばらしい。   Body And Soul(4:36)、合奏から木管、ホーンに移る開始は、夢から覚めるようにゆったりしたもの。  静かな雰囲気に包まれるホーンの響きはとてものびのびしており、安らぎをくれる。  Carnival (Manha De Carnaval)(5:19)、合奏で弾むように開始、F.Hubbardのトーンはいい余韻を伴い、とても滑らか・流麗・開放感がいっぱいであり気持ちがよい。  Chocolate Shake(3:56)、駸々と寂寥が降りてくる夕暮れは、居たたまれない。  心の悲痛を声に出して放射したくなる。  Dedicated To You(3:22)、トボトボと家路を辿る、カサコソと枯れ葉が吹き寄せられ、冷気にほてった四肢や顔、首筋がジン~*とジン~*、心地良い。  Clarence's Place(3:29)、E. Dolphy(As)のすばらしいブローイング!。  F.Hubbard(Tp)からW.Shorter(Ts)、C.Fuller(Tb)、C.Walton(P)へとソロオーダーが渡り、見事な合奏でコーダ。  Aries(3:04)、速いテンポでホーンが颯爽と駆け出す。  自在な展開で目まぐるしい放射の限りを尽くす、ただただ聞き惚れるばかり。  Skylark(4:32)、叙情溢れるサウンド・ゆったりした優しい助奏、F.Hubbard(Tp)の繊細な放射のトーンはストレートで黄昏れており、とても美しい。  I Got It Bad (And That Ain't Good)(3:41)、むっくり起きあがるような合奏、F.Hubbard(Tp)のゆったりしたテンポ、気怠い黄昏れた放射、しなやかなアンサンブルの助奏。  ホーン・C.Fuller(Tb)とB.Northern(Fhrn)の響きがとても美しい。  Thermo(4:15)、目まぐるしく変化する曲、分厚いアンサンブルとR.Workman(B)がグングン推進。  F.Hubbardは意気揚々とのびのび。思いっきりやりたい放題。  C.Walton(P)のソロがあり、分厚いアンサンブルが見事なメリハリを付ける。  F. Hubbard(Tp)、Curtis Fuller(Tb)、Bob Northern(Fhrn)、E. Dolphy(As.Flt)、W. Shorter(Ts,Arr)、C. Walton(P)、R. Workman(B)、L. Hayes(Ds)、Release Date: Mar 8, 1963。

♯♭♪ (*^.^*) : Vaclav Neumann 1/ ☆□You Tube Search :     Telemann/ Concerto for 3 French Horns and Violin   Suk/ Fantasie g-moll -1 -2 -3   Smetana/ Libuse A minha Pátria Die Moldau -1 -2 Prodana nevésta -Ouverture   Dvorak/ Symphony no.7 -1 -2 -3 -4 no.8 -1 -2 -3 -4 -5 -6 no.9 -4 Violin Concerto -1 -2 -3 Cello Concerto -1 -2 -3 -4 -5 -1 -2 -3 In Nature´s Realm op.9 Carnival Overture Rusalka -1 -2 Slavonic Dance op.46-1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 op.72-1 -2 -4 -5 -6 -7 -8   Beethoven/ Leonora no.3 -1 -2   Gluck/ Che fiero momento Chiamo il mio ben cosi   František Chaun/ Pictures for Orchestra   Svatopluk Havelka/ Symphonic Fantasy   Rachmaninov/ Piano Concerto no.3 -1 -2 -3 -4 -5   Mahler/ Lieder eines fahrenden Gesellen -1 -2 -3 -4   Martinu/ Symphony no.2 -1 -2 no.3 -1 -2 -3 no.5 -1 -2 -3 -4 Rapsodia Concierto para viola Inventions for piano and orchestra -1 -2 -3   F.J. Strauss/ Horn Concerto in C minor op.8   Liszt/ Hungarian Rhapsody no.2 Hungarian Fantasia -1 -2

♯♭♪ (*^.^*) : Dave Burrell 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Dave Burrell ♫Topic ♫Top Tracks    Dave Burrell Black Robert 1976  East Side Colors "Naima" at WRTI  D Burrell Quintet w K Jordan, J Brandon Lewis, W Parker & A Cyrille -(I) -(Ⅱ)  Vision Festival 18 - Roulette, Brooklyn - June 15 2013 Vision Festival 19 - Brookyn - June 15 2014 I Only Have Eyes for You (Original Version)   'Take The A Train' - 1977 France (Live Video)  @ Bimhuis 40  at The Stone, NYC - July 30 2014  We the People Who Are Darker Than Blue If There's a Hell Below Sorrow Song Vision Festival 23 The Crave Ghosts Cool Reception The Girl From Ipanema Sophisticated Lady Blase in Montreux Ming  at the windup space / baltimore / 2011 Crosscurrent 3 10th 2011 -1 -2 -3 -4 -5 solo piano, Willisau 1980 Echo Portrait of Linda in Three Colors, All Black Blind Willy Eternal Unity - Vision Festival 17  full album* : The 360 Degree Music Experience – In: Sanity (Full Album) 1976

♯♭♪ (*^.^*) : Sezen Aksu 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Sezen Aksu * 1 Küçüğüm 1 Seni Kimler Aldı 1 Yine yeni yeniden Ne Ağlarsın Unutmadım Gün Gelir Yalnızca Sitem hoş geldin Vazgeçtim Hadi Gülümse  Sanima Inanma Ne Kavgam Bitti Ne Sevdam Adı Bende Saklı perişanım şimdi Istanbul Istanbul Olalı 2 Yarası SakLım 1 Sezen Aksu 1 Guvercin besik Kolay Olmayacak Eskidendi Eskiden Keskin Bıçak roman kizi kutlama Güvercin Gidemem 4 Günlük 1 şey Hırsız Polis Hala haber bekliyorum Adı Menekşe Onursuz Olmasın Aşk Nihayet Yol Arkadasim 1 TÜKENECEĞİZ Sorma rumeli havası Eğreti Gelin yine mi çiçek Sardunyalar Şimal Yıldızı geri dön Aynalar istanbuL istanbuL oLaLi SON BAKIS 1 seviyorum kahretsin Sinanay Takvim Lâl 1 Tutuklu 1 şebnem ferah düeti ünzile Firuze ahdım olsun su gibi Sizi Ünzile Git Ben SenDe Tutuklu KalDım Sevgili Hata Sürgün Erkek Güzeli Biliyorsun kaybolan yıllar Aysegul Aldinc Geçer Firuze Sende Benim Kadar Gerçekleri Görüyorsun Sarı Odalar Dua Eller Günahkar Dansöz Dünya.. 1 klasikleri -f


nice!(166) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3395

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -レアーズ ランディング -1(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 ピュンタ・スパノ(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3395

目が開く頃に子を撫でてやることが出来れば、暖かい毛に被われた野獣は、あたたかくて自分にぶつかる手の主を仲間として扱ってくれるが、それはムリなのさ。  『そうっ ~*、と』ガラス戸を開け、”鼻の黒”に、”こんにちは”をしようとしたら一瞬、水を浴びたように“キョトン!?”と大きな目を瞠った。  石火に一瞥を叩きつけ枯れ枝や落ち葉、石ころを蹴散らしたちまち遠ざかった。  『ん ぁ……!!』。 夜更けにかわいい野獣は耳元で『カリッ、カリッ、……*』音を発て網戸で爪を研ぐ。 

♯♭♪ (*^.^*) : Freddie Hubbard 0 1 2 3 4/ The Artistry Of Freddie Hubbard   :     ジャケットは、褐色の暗いモノトーン、膝に肘を突きアゴ突き上げている、ニヒルな笑み。  名プレイヤーのソロが随所に散りばめられており、実に嬉しい。   Caravan(7:29)、F.Hubbard(Tp)の気持ちのいいストレートな、元気いっぱい・卓抜なテクニックを発揮した放射。  C.Fuller(Tb)、L. Hayes(Ds)の洗練された軽快なプレイ、J.Gilmore(Ts)のハッとする・目眩く展開が聴き所。  T.Flanagan(P)のヨロコビを隠しきれない流れるようなタッチのプレイも、すばらしい!。  Bob's Place(10:04 )、意欲満々に開始する。  F.Hubbard(Tp)の放射は絶好調であり、枯れたサウンド・快進撃は実に心地良い。  J.Gilmore(Ts)の野獣が獲物を咥えて首を振り回すようなヨロコビを隠しきれないブローイングはすばらしい!。  T.Flanagan(P)の堂々とした真摯な放射は実に好感を持つ。  A.Davis(B)の見事なアルコ、L. Hayes(Ds)の心地良いソロと続き、合奏となり昂揚しコーダ。  Happy Times(4:32)、F.Hubbard(Tp)がのびのびとストレートな放射。  J.Gilmore(Ts)の含蓄のあるブローイング、C.Fuller(Tb)、T.Flanagan(P)とソロ、合奏となり昂揚しコーダ。  Summertime(10:10)、なんとも開けっぴろげな開始、リズミックな推進。  F.Hubbard(Tp)のシンプルな繰り返しを経て、C.Fuller(Tb)の自由な展開。  J.Gilmore(Ts)の奥深く浸透するトーン、含蓄のある野獣が獲物を咥えて首を振り回すようなヨロコビを隠しきれないブローイング。  T.Flanagan(P)の端正な内省的なプレイ。  F.Hubbard(Tp)の卓抜なプレイもそろそろ飽きが来る、”間”が無いため鬱屈感を覚えてくる。  The 7th Day(10:38)、アンサンブルの助奏、F.Hubbard(Tp)の快進撃が始まる、期待が何も起こらない。  T.Flanagan(P)の吹っ切れた真摯なプレイは、嫌みがなくすばらしい!。   C.Fuller(Tb)に続き、J.Gilmore(Ts)の奥深く浸透するトーン、含蓄のある野獣の得心はすばらしい!。  F.Hubbard(Tp)のとても渋い放射がフェイドアウト。  F. Hubbard(Tp)、Curtis Fuller(Tb)、John Gilmore(Ts)、Art Davis(B)、T. Flanagan(P)、L. Hayes(Ds)、Release Date: Jul 2, 1962。

♯♭♪ (*^.^*) : Utah Symphony 1/ ☆□You Tube Search :     Utah symphony Vickerman  Harpist Timpani Battle: Nielsen Symphony no. 4   Henri Lazarof/ Spectrum   Gaylen Hatton/ Music for Orchestra   Steven Sharp Nelson & Marshall McDonald/ AFRICA - a symphony composed -1 -2   Gottschalk/ A Night In The Tropics   Leroy Robertson/ Piano Concerto   Thomas Sleeper/ Symphony no.1 -1   MARCEL BITSCH/ SUITE Harpist   Arthur Honegger/ Pacific 231   Darius Milhaud/ Pacem in terris op.404   Elmer Bernstein/ True Grit   Handel/ Father of Heav'n!   Meyerbeer/ Les Huguenots : Ô beau pays Vignettes   Erik Satie/ Jack in the Box   Mahler/ Symphony no.1 no.2 -1~ -f   Tchaikovsky/ The Nutcracker Suite Ballet Favorites   Rachmaninov/ Chanson Georgienne   Stravinsky/ Firebird Suite   Mahler/ Symphony no.1 Titan -1 -2 -3 -4   Beethoven/ Symphony no.7 -1 -2 -3 -4   Tchaikovsky/ Symphony no.5 -1 -2 -3 -4   Shostakovich/ Symphony no.7 "Leningrad" | Daniel Léo Simpson/ Sonata for Two Trombones & Pianoforte - I, II, II

♯♭♪ (*^.^*) : Dave Brubeck 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Bluette Chopin tribute take Five 1 2 3 4 7 8 9 Blue Rondo à la Turk  Georgia on My Mind St Louis Blues My Favorite Things Lover 1961 Joe Morello Drum Solo - Castilian Blues/Castilian Drums Take the A Train (Live in 1966) 1966 Joe Morello Extended Drum Solo - “Blues for Joe” - Newport in Paris  Sixth Sense  Southern Scene - At Carnegie Hall (1963)   St Louis Blues- Belgium 1964  Don't Worry 'Bout Me Calcutta Blues  Guest Paul Desmond & Gerry Mulligan all the things you are  Stompin' for Mili | Dave Brubeck Quartet, 1954  Blue Shadows in the Street Unsquare Dance Koto Song  Fujiyama & RNO To Hope! A Celebration Mass Moscow 1997  Unsquare Dance - Jazzfestival Burghausen 2001   full album* :   Brubeck Meets Bach (2007) 2CDs  Live In Juan-les-Pins (1967).  Greatest Hits & Best Of  The Essential Time Out Album  Live in 64 Jazzwoche Burghausen   Jazz Icons Live in 66 1080p60 HD upscale  Trio feat. Gerry Mulligan & Paul Desmond - Berliner Jazztage 1972 "Live In Portland 1959"   full album* :。

♯♭♪ (*^.^*) : Sertab Erener 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Sertab Erener * 1 Sade 1 Sus İyileşiyorum Dönmüyorsun Cumartesi Pazar Sakin Ol  Söz Çocuktuk Bir Zamanlar One More Cup Of Coffee 1 Vur Yüreğim 1 2 3 Bu Böyle 0 1 2 3 4 5 6 Incelikler Yüzünden 0 1 2 3 Bir Damla Gözlerimde 1 Nerdesin Leave 1 Lal 1 2 3 Sessiz Gemi Yanarim 1 Back To The Beach Aldirma deli gönlüm 1 Yara 1 Aşk Ölmez 1 2 Satılık Kalpler Şehri Yolun Basinda Aslolan Asktir Bir Çaresi Bulunur 1 2 3 Elif Yılmaz Açık Adres Gel Barışalım Artık Aslolan aşktır 1 Mutlu Olmak İçin  Lal Painted on Water Bir çaresi bulunur elbet Aşk / Fos here i am Asla1 1 Darg?n De?ilim 1 Rumeli Hisarı Konseri(44:15) Everyway That I Can Dim Dim 1 Soz Bitti Koparılan Çiçekler 1 2 3 Yüz Yüzeyim EVERY THAT I CAN  Sevdam Ağlıyor 1 Söz Bitti 1 Aldirma Deli Gönlüm 1 Kim Hakliysa Sen Ağlama 1 Sakin Ol! Rüya 1 2 Aşk 1 Sir Bu Yaz Yalnızlık Senfonisi 1 2 Every Way That i Can Kumsalda Zor Kadin 1 Sen Ağlama Oysa Bahçede Güle güle şekerim Masal Tek Başına 1 Mecbursun 1 Dos gardenias 1 2 Hadi Yüreğim Ha Gayret I will always love you Somewhere Over The Rainbow japonya Queen Of The Night O Ye


nice!(165) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3394

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) USA -レアーズ ランディング(ストリートビュー)フランス -コルシカ島 タルa -1(ストリートビュー)

雨の日の釣り師-3394

ごく近くまで来る、きちんと距離を保ちひげを“ピリピリ”振るわせ、親が食べ終わるまで大人しく待つ。  きっと親が終わってから、”ひとり”で食べ始める、いつもそうである。  何日か前に親が魚をくわえ、“クロネコ大和”でどこか?……へ 失せたことがあったので、仔が生まれたと知る。  謎の多い不思議な生き物の前にはなかなか姿を見せてくれない、駆けたり木によじ登ったり、迷子にならないまでに長じないと。

♯♭♪ (*^.^*) : Flora Purim 0 1 2 3/ Everyday Everynight / SMJ-6244/ LP   :     ジャケットは、窓越しの横殴りの明かりを浴び、ソファーの背もたれに腰を下ろし、首を傾げ、左手を耳の上に当て寛いでいる。  明暗と斜に投げかけられた影絵が魅惑の空間。  上気した艶やかな顔を、風に撫でてもらってるようにも、真剣に……のことを想っているようにも、いたずらっ子への叱りを考慮しているようにも見える。  溢れるいっぱいの色彩に覆われたポリリズム。  どこか遠い南半球の宇宙基地で、太陽風に吹かれてしまって、異星人の僕らはどこから来たのか、そしていずこへ ……。  このCDを探していて、モコ麻呂さんにお世話になった。  緩・急交互に曲を配置。  時代の凄腕スタジオ・ミュージシャンが至る所で実力を発揮、聴き応えのあるサウンドを提出。  Everyday Everynight(4:58)、2拍のマーチ風に始まる軽快なテンポ、期待が一気に膨らむ、緩急テンポに交互に転換。  たら~*たら~*とした放心の呟き、少しハスキーな卓抜なボイスはキュート。  R.De Souza(Tb)が気怠い充足のヨロコビを吐露、じつにいい味わい。  Samba Michel 1(4:10)、ホッ…*、ホッ…*、キュッ…*、キュッ…*、パキ!、パキ!、!ッ…*!ッ…*!ッ…、フローラ・プリムの卓抜な、目眩く魅惑の詠唱に聴き惚れる。  サンバはプレスト、擦れる革、叩かれ打たれるベル、ホイッスル・笛。  矢継ぎ速に繰り出される、歓喜・ヨロコビ、はためき疾走するイメージはとても熱気に包まれている。  The Hope(3:40)、前の喧噪から静寂へさまざまな・多彩なさり気ないリトゥルインストゥルメントが心地良い響き。  J.Pastorius(B)のたゆたい寄せては返す灰紫の憂愁に包まれた、広大な空間構築はとても満足。  くすんだ電気弦のオブリガート、ザクザク刻む弦の弾き。  Five-Four(3:34)、変拍子、打ち鳴らす、パキ!、パキ!、どんどん加速、何処かにどんどん行ってしまう。  J.Pastorius(B)のオブリガートが陰影のあるいい空間を構築。  Walking Away(4:56)、ジャケットを想わせるイメージが浮かぶ。  タメたっぷりに憂愁を甘く吐露、ゴキ!・ゴキ!、ブン!ブン!、鋭利なリズムを刻む、R.Brecker(Tp)に次ぎリードがたっぷり繰り返す、スキャット風ヴォイスが叫ぶ。  I Just Don't Know(3:59)、ドンッ…*!!、と押し出されて始まる。  潤いと伸びのある魅惑のヴォイスにズンズン引き込まれる。  別のボイスも加勢複雑なリズムを投入、鼓が煽る。  In Brasil(3:52)、ゴツゴツしたリズム部門、ヴォーカルは肩を聳やかし悪びれず、なんともすばらしい!。  ヨロコビの打楽器のオブリガートで、コロコロ滔々と歌う、電気弦も歌いながらズンズン行ってしまい朱の地平に消える。  Las Olas 1(4:22)、J.Pastorius(B)の曲、渚の波音、ああぁ~*、無歌詞ボーカル。  ピアノがポロ!ポロ、キャラ!キャラ!、コロ!コロ!、サラ…*サラ…*。  Blues Ballad(1:57)、J.Pastorius(B)の憂愁に覆われた世界、諦めと希望の混沌とした危うい気持ちをフローラ・プリムがうたいリードが助奏。