SSブログ

雨の日の釣り師-3841

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -92(ストリートビュー)スペイン -マジョルカ島 -2(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -18

雨の日の釣り師-3841

じっと目を凝らさないと見えない。  晴れ晴れした額を擦るものは、ヨードとナトリウム、タンパク質の合成物が解け合わずに幾重にも腐食し重なったもの。  些か押しつけがましいねっとりと重く、不思議と被服にもその痕跡を止めず。  総体が脳裏にも明晰に記憶しがたい、憧れのみが頭の奥のほうにくっきりと巣くうものである。  荒野を這いながら草木を戦がせ吹き抜ける風のように、夜更けに活字の荒涼に疲れたねこの窓辺に不意に出現、ますます頭の蜂は喧噪を極める。

♯♭♪ (*^.^*) : Ornette Coleman 0 1 2 3 4/ Paris Concert PA-7169,80   :     全体は『ハッ!・…*』とする濃密な鋭気・意欲に溢れ、覇気を漲らせ伸び伸びと意欲満々、自信と誇りを存分に吐露させた傑作だと思う。  怠惰になり凝ってしまった筋肉を心地良く解してくれるようだ。  体調の深淵・澱の蓄積を測る試金石!、図らずも傾斜・地滑りを起こしてしまった音楽感覚・感性を清冽な戦ぎで蘇生・喚起激励してくれる。  そんな時にこそ、取り出して全身で被爆したい、そしてヨロコビを享受したい!。  おなじみのO・コールマンの(Tp)と(Vln)も聴ける。  廃盤中!?。  Second Fiction、下降音階のなんとも印象的なメロディーで始まる、リズム部門は始めのみ4ビート、後はすんなり・さらり・極く自然にフリー・フォームに移行。  ホールの極上の余韻、張りのあるしっとり艶やかなサウンドはうれしい。  O・コールマンのしなやかな音色や、しっかりした芯のある心地良い低音、嘶きの科のある風な高音、独特の消えゆくビブラートなど、いずれもすばらしい!。  Summer-Thang、O・コールマン(As)とドラムはメロディーを数回繰り返す。  フリー・フォームのドラムは大理石の寝床を積み上げる、D・レッドマン(Ts)は対位法的にメロディーを提出、みごとなハーモニーを生み出す。  ボト!ボト!した、C・ヘイデン(B)のソロは、思惟の歓喜の飛沫が飛び散り、圧倒される。  Silhouette、E・ブラックウェル(Ds)の乾いたフリー・フォーム打撃は凄まじいアフリカンリズム風でグングン推進する、発止!と間合いを図ったO・コールマンのブローイングは深いカタルシスを流す。  歓喜・随喜のドラムソロには参る。  14 Juillet、O・コールマンはトランペット、息遣いはリードそっくり、C・ヘイデンの思慮深い慇懃な弾き。  余韻たっぷりのドラムの大理石宮殿の構築にいたく感心・喝采。  O・コールマンは止めどなく素早い放射を繰り広げる。  Fantasy 77、D・レッドマンはダブルリードのチャルメラ風楽器(Musette)でエキゾチック・動物的なサウンド、火の出るような・息のとても長いブローイング。  これはチャルメラ族のダブルリードの笛(ガイタンス)そっくりのサウンド。  O・コールマンは、トランペットを取りだし滔々と放射。  不思議なギュワン!ギュワン!サウンド、何かを弾く風に聞こえる楽器も、これはモンゴルの口に咥えて弾く楽器とそっくりの音。  Reminiscence、C・ヘイデンのボーイング(アルコ)で静かに幽玄の気分で始まる、やがてフリー・フォームのインプロヴィゼーションは戦慄の饗宴へ。  O・コールマン(Vln)のノコギリの目立て風のフリー・フォームのボーイング、ドラムはブラシで連打、それでもJazzのエスプリはムンムン分泌され続ける、次第に熱気が立ちこめる。  All Day Affair、ユーモラスな踊り出すようなメロディーを低音で朗々とブローイング、寛いだ気分が拡がる。  C・ヘイデンの重低音も心地良い。  O・コールマンのフリー・フォームブローイングは佳境、ごり押し風とも思える独自の音階・展開は凄腕の見せ場を呈する。  ヒューマンな恐ろしいほどの直情的なリリシズムを改めて思い知らされる、やはり・またもや。  ユニゾンのコーダで丁寧に収める。  O. Coleman(As,Tp,Vln)、D. Redman(Ts,Musette)、C. Haden(B)、Ed Blackwell(Ds)、Release Date:Feb 14, 1971。

♯♭♪ (*^.^*) : Purcell, Henry 1/ ☆□You Tube Search :     When I am laid in earth (Dido's Lament) 0 1 2 3 4 5 6 7 Rondo 1 O Let Me Weep, For Ever Weep Airs, fantasies and dances Abdelazer -1 -2 0 1 Fantasia upon a ground for 3 violins Fantazia for 4 viols Thy hand, Belinda.. Music for the Funeral of Queen Mary -1 -2 -3 -4 Fairest isle all isles excelling When I am laid in earth King Arthur Trumpet Tune 'The Cebell' Sound the Trumpet Echo Pastorale,Hornpipe from The Fairy Queen Largo and Allegro Dido & Aeneas Eneas and Dido.. Sound the trumpet In vain the am'rous flute Hark! How the songsters of the grove Hark! hark! each tree Jubilate Deo

♯♭♪ (*^.^*) : Esperanza Spalding 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Esperanza Spalding ♫Topic ♫ Top Tracks *   Ponta De Areia Samba Em Preludio Espera If That's True Body & Soul‬‏ Fall In‬‏ Chim Chim Cher ee Junjo ‪O bem do Mar Mela Mompouana‬ Apple Blossom Midnight Sun Look No Further Wintersun  Esperanza Spalding 1 2 EPK at the White House honoring Stevie Wonder  Song -1 -2 -3 -5 Music Lounge I Know You Knew 1 Prelude for Lovers Overjoyed 1 I Know You Know 1 2 3 Fall In She got to you 2 Studio Footage Performance-1 -2  Ponta De Aeria 1 2 3 Love In Time 1  Grooves Live in San Sebastian : -Jazz Ain't Nothing But Soul -She Got To You -I Know You Know / Smile Like That -Mela -1 -2 -Wild Is The Wind -Fall In -Coisa Feita -Crayola at the White House.. The Bottoms Winter Sun I Adore You 1 2  Studio Footage Newport Jazz Festival 2008 She Got To You Cantora de Yala 1 I Adore You Live in Copenhagen Grooves 1 Making of Colorado TIM Festival lovano us5 village vanguard us5,#2 pt. 1 In The Studio featuring Interview 1 2 3  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Joan Osborne 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Joan Osborne * 0 St. Teresa 1 2 What Becomes Of The Broken Hearted new album Breakfast in Bed Sara Smile One of Us 1 2 3 4 5 6 7 8 9 How Sweet It Is 1 Please Don't Tell Me.. Baby is a Butterfly Love Is Like A Heat Wave & Heart He Reached Down I'll Be Around & The Funk Brothers Band Holy Waters Brick House Joan Osborne*。


nice!(152) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3840

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -91(ストリートビュー)スペイン -マジョルカ島 -1(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -17

雨の日の釣り師-3840

今日の反省などは一切せず、こんどの作戦を忙しい頭で巡らす、取り返しの出来ない愉しみの時である。  その夜は黄泉の国で、夕立の去った薄赤い空に向かって、松林の向こうに焦燥に駆られ、馳せ駆けつける釣り人を発見する。  !……疲れる。  静穏そのものに見えるが、前夜に何度も暦を確かめて、予め“その時刻”を知っている人物、だんだん落ち着かなくなる。  同時に空手形のズッシリした獲得のヨロコビに満たされ、表情に余裕が広がる。

♯♭♪ (*^.^*) : Ornette Coleman 0 1 2 3 4/ Crisis   :     *を除きO・コールマンのオリジナル。  O・コールマン、フリージャズの闘志、自宅を解放した”アーチストハウス”でロフトJazzを創造していた頃、ニューヨーク、グリニッジビレッジのニューヨーク大学でのコンサートを収録。  Broken Shadows(5:59)、幾度も大きくうねり、押し寄せる長いゆったりした波のような、なんとも心地良いフリー・フォーム、O・コールマンの(As)のトーンは艶やかで澄明であり、ホールの絶妙の残響が加わりとても美しい。  Comme il Faut(14:26)、管のユニゾンの後、C・ヘイデンのロに続き、D・チェリー、D・レッドマン、Oコールマンと続く。  それぞれの楽器の呼応は実に上手く”美的宮殿の構築”を行っている。  春辣として精気に満ち、深い絆で結ばれている。  D・コールマンのドラムはフリー・フォームであり、すばらしい暖かいパルスを送り続ける。  Song for Ch*(11:32)、チェ・ゲバラのを悼みC・ヘイデンが作曲。  絶えず転調を行う畢竟のプレイ、O・コールマンは、すばらしい!、美の宮殿を構築する。  C・ヘイデンは、超絶技巧を繰り広げる。   Space Jungle(5:20)、激しいフリー・フォームの応酬は、見事なテクスチュアーの美を見せてくれる。  実に聴き応えがある、節度あるインプロヴィゼーションはとてつもなく心を揺さぶり、稀なカタルシスを提供する。   Trouble in the East(6:39)、D・チェリーぼインディアン・フルート、D・レッドマンのクラリネット、O・コールマンの(Vln)による集団的自由な即興演奏、対位法的なメロディーの引き摺り、放射、ブローイングを美的秩序を保ち、斬新な実験、挑戦を行っている。  O・コールマン(Vln)のカデンツアで見事に締めくくる。  O. Coleman(As)、C. Haden(B)、Don Cherry(Tp,Flt)、D. Redman(Ts,Clt)、Ornette D Coleman(Ds)、Release Date:Mar 22, 1969。

♯♭♪ (*^.^*) : Poulenc, Francis 1/ ☆□You Tube Search :     Harn Gloria Domine Deus Gloria Agnus Dei II Gloria -1 -2 -3 -4 -5 -6 Sinfonietta -1 -2 -3 -4 Suite française d'après Claude Gervaise -1 -2 -3 -4 -5 -6 -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 Concert champêtre-Andante Les Biches -1 -2 La voix humaine -1 -2 -3 Le Bal Masqué -1 -2 Novelette N.1 Mouvements Perpétuels Improvisation N°15   Two Piano Concerto -1 -2 -3 -1 -2 -3 -1 -2 -3 Piano Concerto -1 -2 -1 Concerto pour orgue Sol mineur -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 Élégie for Horn & Piano Sonata for Flute & Piano 1 2 Sonata for Oboe and Piano -1 -2 -3 Trio for Piano, Oboe & Bassoon Sonata per clarinetto e pianoforte 1 Sonata for two pianos -1 -2 -3 Villageoises for piano Les Chemins de l'amour La Dame de Monte-Carlo Eloge de la danse sur une sonate Sextet for Wind Quintet & Piano -1 -2 -3 -1 -2

♯♭♪ (*^.^*) : Esbjorn Svensson 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Dodge The Dodo Oleo Three Falling Free Part I Seven days of falling Free Fou From Gagarin's point of view 1 Layers.of.Light Seven Days Of FallingElevation of Love Believe beleft below for guitar and KAT The Wraith What Though The Way May Be Long A Picture Of Doris Traveling With Boris Did they ever tell Cousteau Behind The Stars Serenade For Hands off fragile impressions PAT METHENY Goldwrap Dodge The Dodo -1 -2 -1 -2 Seven Days Of Falling/Elevation of Love 1 live @ Belgrade Jazz Festival 2006 The Face of Love Three Falling Free -1 -2 Viaticum Spunky Sprawl When God Created The Coffee Break Elevation of Love From Gagarin's Point Of View Tribute to Esbjörn Svensson Jazz Baltica 2011  full album* :  Trio -f Winter in Venice 1 Viaticum  full album* : 。

♯♭♪ (*^.^*) : Joan Jett & The Blackhearts / ☆□You Tube Search    ♫ Top Tracks for Joan Jett & The Blackhearts * 0 1 Do You Wanna Touch Eye to Eye dirty deeds done dirty cheap Cherry bomb Love Hurts A.C.D.C. Fake Friends American Chopper Light of Day 1 Crimson & Clover 1 BACKLASH I Love Rock N Roll 1 I Hate Myself For Loving You  Bad Reputation Tribute


nice!(181) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3839

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -90(ストリートビュー)スペイン -マジョルカ島(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -16

雨の日の釣り師-3839

=ΘΘ=ΠΠ~ が飛び出してくることは無かったが、カーブを過ぎた直後に、>゚~~~ なんか這い出て来ることは充分考えられる。 竹林のカーブを駆けていたとき、横断する>゚~~~を踏んづけそうになり心臓が飛び出しそうな思い出が。 砂が踏み固められ曲がりくねった、いつものルートを辿る。  農家の屋敷や防風垣、稲束をぶら下げた群がつぎつぎに出現、仄かに渋い・いがらっぽい・爽やかな藁の匂いが全身に浸みる。  クネクネ道、見通しが少ないのでバイシュクルを走らせるのは緊張がある。

♯♭♪ (*^.^*) : Ornette Coleman 0 1 2 3 4/ Love Call   :     Airborne(10:30)、O・コールマンのブローイングは溌剌とし屈託がない、実に伸びやかで爽快。  E・ジョーンズのドラムスは羽根のように軽やか、ヒューヒューと滑空する。  D・レッドマンの太く渋いブローイングは、とても熱い。  Check Out Time(8:22)、4ビートのブルース、D・レッドマンは唸るようなブローイング、畳みかけるようなユニゾンで終わる。  Check Out Time (Alternate Version)(7:57)、ゆっくりしたテンポ、D・レッドマンは実に寛いだブローイング、軽快な・颯爽としたO・コールマン。  Open To The Public(8:05)、E・ジョーンズのドラムスはドカン!・ドタン!、ヒュン~*・ヒュン~*と大理石の宮殿をヒョイヒョイ構築する。  Love Call(8:45)、O・コールマンは(Tp)でパラ~*・パラ~*・……とテーマを提出、D・レッドマンのブローイングは、E・ジョーンズのドラムスはドカン!・ドタン!。  Love Call (Alternate Version)(5:31)。  Just For You(4:14)、ゆっくりしたテンポ、O・コールマンの(Tp)とD・レッドマンの(Ts)が対位法的にテーマを演奏、和声がとても美しい。  O. Coleman(As,Ss,Vln)、E. Jones(Ds)、D. Redman(Ts)、J. Garrison(B)、Release Date:Apr 29, 1968。

♯♭♪ (*^.^*) : Piston,Walter 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Piston,Walter  Symphony no.1 -1 -2 -3 Symphony no.2 -f Symphony no.3 -f -f Symphony no.4 -f -f Symphony no.5 -f Symphony no.6 -f -1 -2 -3 -4 Symphony no.7 -f Symphony no.8 -f Three New England Sketches   Concerto for Orchestra Piano Concerto Concerto for Two Pianos and Orchestra Violin Concerto no.1 no.2 Viola Concerto The Incredible Flutist 1 2   Prelude and Allegro Fantasy passacaglia    String Quartet No. 5 Concerto for String Quartet Piano Quintet -1 -2 -3 Duo for Viola and Violoncello    Tocata Pieces for Wind Trio Sonatina Flute Sonata 1 Sonatina for violin 1 2  Sonata -1 -2 -3 Toccata

♯♭♪ (*^.^*) : Erroll Garner 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Erroll Garner ♫Topic ♫Top Tracks*   Earl's Dream Lullaby of Birdland Misty 1 2  I'm In The Mood For Love I get a kick out of you Samba de uma nota so  Autumn Leaves (They long to be) Close to you Yesterday My Silent Love Penthouse Serenade  The shadow of your smile   Honeysuckle Rose Lullaby Of Birdland Like It Is The Girl from Ipanema  Where or When Honeysuckle Rose watch whaAffinidad t happens Flip Wilson Show - For Once In My Life  Moonglow  Like It Is Dreamy Over the Rainbow The Lady is a Tramp  The Man I Love Just one of these things Nightwind  Ja da Again Sweet And Lovely Don’t Be That Way  Affinidad  Cheek To Cheek  Idaho Dancing In The Dark A Cottage for Sale Will You Still Be Mine Teach Me Tonight That Old Feeling Labra The Loving Touch April in Paris  What is this thing called love  full album* :  Historical First Recording -f 35 MINUTES of Erroll Garner LIVE in '64! -f GREATEST HITS  -f The Best Thing in Life Are Free -f Encores In Hi Fi  -f Jazz 625 . 1964  -1 -2 CLOSE UP IN SWING  -f Essential Jazz Legends -f "Overture to Dawn: The Apartment Sessions Vol 1"  -f Up In Erroll's Room -f 。

♯♭♪ (*^.^*) : Jim Morrison 1 / ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jim Morrison full album* dancing & Pamela Courson Jim Morrison1 2 & Pamela Courson the doors The Doors with Ian Astbury morrisons lament Roadhouse Blues Jim Morrison Lost Paris tapes*


nice!(156) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3838

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -89(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Faro cap De Barbaria(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -15

雨の日の釣り師-3838

黄と緑、橙のバスが追い抜き、砂ぼこりで喉が掠れる。  轍の跡は走り易い、道の端は砂利が寄せられタイヤがめり込み・ハンドルをとられ、危険ですらある。  砂煙を蹴立て近寄ってくる大型のトラックやバスを、認めたときは先ず忌々しい想いで、いっぱいになる。  運良く左の小径に逃げ込む、端がササに覆われ、また松の根っこがところどころ背を見せる。  あまりの平穏に伸び伸びする、しかし油断できないのさ!。   

♯♭♪ (*^.^*) : Ornette Coleman 0 1 2 3 4/ The Shape Of Jazz To Come   :     総て、O・コールマンの曲、4ビート。  一服の喫茶のような、寛ぎがある。  Lonely Woman(5:02)、一度耳にすると決して離れぬ、剥き出しの悲嘆、どこか希望が見えるメロディーな明快で、すばらしい!。  Eventually(4:23)、速いテンポ、D・チェリーの溌剌とした放射、そしてユニゾンでの呼応は火の出るようである。  Peace(9:05)、ゆったりしたテンポ、語りかけるようなメロディーのユニゾン、C・ヘイデンのボーイング、深い思惟を巡らす、低音でのO・コールマンの放射がある。  大股散歩風の展開、D・チェリーの滔々と・朗々とした放射に陰影が隠り見事。   Focus On Sanity(6:52)、C・ヘイデンの弾きでメロディーが提出される、火の出るような激しいフリー・フォームブローイングで一気にテンションが未知渡る、ホーンの点描的な放射は刺激的であり納得のいくもの。  Congeniality(6:44)、意気込み弾むようなメロディー、O・コールマンのグーンと伸びをしたブローイングもさらりとしており心地良い。  ユーモラスな展開も見せる。  D・チェリーは鋭気に満ち自信たっぷりである。  Chronology(6:05)、O・コールマンは明快で骨太のブローイング、D・チェリーは意欲満々。  O. Coleman(As)、C. Haden(B)、Don Cherry(Crnt)、B. Higgins(Ds)、Release Date:May 22, 1959。

♯♭♪ (*^.^*) : Pierné,Gabriel 1/ ☆□You Tube Search :    Gabriel Pierné/ Divertissement sur un thème pastora Cydalise et le Chèvre Paysages franciscains -1 -2 Cydalise et le Chèvre-pied -1 -2 -3 Ramuntcho, Ouverture Les Cathédrales Morceau de Concert pour harpe et orchestre Ramuntch Cydalise

♯♭♪ (*^.^*) : Ernie Watts 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Charlie Haden Quartet West with string orchestra Easy On The Heart Our Spanish Love Song Always Say Goodbye My Love And I  Ruth's Waltz Alone Together Blue in green  solo en Four Sleeper You Say You Care GOING DOWN SLOW In Your Own Sweet Way Ernie Watts 1 Spirit Song Four Days Bebop 1 Urban Renewal Makin' music No Doubt About It 24th Street Blues Looking glass Stolen Moments Live At The Ballard Jazz Festival Looking glass Abraham's Theme Knowing When To Leave Melody Goin' Home Skylark  full album* : 。

♯♭♪ (*^.^*) : Jimi Hendrix / ☆□You Tube Search     ♫ Top Tracks for Jimi Hendrix * 0 1 Bleeding Heart PALI GAP 432HZ WITH DOLMENS Angel 1 2  American Woman Blue Suede Shoes Red House Dolly Dagger Foxey Lady Purple Haze 1 Izabella at the Shokan house All Along The Watchtower Stockholm 1969 12 STRING BLUES Freedom Hey Joe Live 1 2 Red House Live at Woodstock Hey Joe 1 Valleys Of Neptune Voodoo Child Somewhere Cocaine 1 1968 All Along The Watchtower Purple Haze Hear My Train A Comin Solo Little Wing Sgt Peppers Electric Church VOODOO CHILD LIVE 1 Private Performance Marquee Club Hound Dog Sunshine Of Your Love Purple Haze performing solo at 1969's woodstock Jam Session Johnny B. Goode Thanks Albert Maysles! Earth Blues Jam Suey Star Spangled Banner at Woodstock Killing Floor Burning At Frankfurt Miles Davis Collaboration My Little one Tobacco Road   full album* :  Feedback -f Documentary -f Stockholm 1969 -f The Last 24 Hours -f 2000 -f Live In Vancouver -f live Stockholm 1969 -f Experience Live in Stockholm 1969 -f Falkoner Centret, Copenhagen, Denmark 1/10/69 -f Shokan House Rehearsals -f

      

nice!(164) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3837

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -88(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -アパ・サドゥレ(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -14

雨の日の釣り師-3837

葦の葉っぱを手折り籠に敷き、心の広い博学、煩悶して背が曲がって固くなってしまったハゼを、さらに上を葉っぱで覆う。  砂よりも綺麗な砂を背に描いた、生き匂いやつ、くりくりした小さい目。  新道路の砂利道のところどころの窪みに、茶の水たまりがある。  よく見ると小さい泡がぶくぶく出ている。  漁師の棲む岬の方に輸送する水道、鉄管のちいさな割れ目か?、穴?から“ジュル・ジュル”漏れ沁み出てる。 

♯♭♪ (*^.^*) : Ornette Coleman 0 1 2 3 4/ Change of the Century   :     野心と自信、そして確信を秘めた顔のジャケット。  リズム部門は、4ビート。  Ramblin'(6:39)、バップ風に始まるが、フリー・フォーム寄り、C・ヘイデンの推進は強力、O・コールマンは、溌剌としている、D・チェリーの放射は明快。  Free( 6:24)、O・コールマンのフリー・フォームブローイングは鮮烈、想いっきりインプロヴィゼーションを展開、D・チェリーのフリー・フォーム放射はとても熱気を帯び、双者の呼応はスリリング。  The Face of the Bass(6:59)、C・ヘイデンのソロにリードとホーンが呼応する、D・チェリーの晴々した放射。  Forerunner(5:16)、C・ヘイデンの推進は速くて強力、O・コールマンは大胆に自在にフリー・フォームブローイング。  Bird Food(5:31)、スリリングな、バップ風のメロディーを新しい展開で、激しい思惟の放射、明快なブローイング。  Una Muy Bonita(6:02)、C・ヘイデンは深い弾き、O・コールマンは明快なトーンで悠々とメロディーをブローイング。  D・チェリーは、ミュートホーンでインプロヴィゼーションを展開。   Change of the Century(4:41)、ホーンとリードの激い咬み合で開始、ベースはダイナミックなうねりを注入する。  O. Coleman(As)、C. Haden(B)、Don Cherry(PktTp)、B. Higgins(Ds)、Release Date:Oct 8, 1959。。

♯♭♪ (*^.^*) : Penderecki, Krzysztof 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Penderecki, Krzysztof  Polymorphia * 1 2 3 Symphony no.1 -f  no.2 -f -f -1 -2 -3 no.3 -1 -2 -3  no.4 -f no.7 -f -f  no.8 -1 -2   Utrenja COMPLETE Concerto Grosso Fonogrammi Psalmus De Natura Sonoris no.1 no.2 Dimensions of Time and Silence Emanationen Kanon 1 Anaklasis Utrenja Ewangelia Threnody for the Victims of Hiroshima 1 2 The Dream of Jacob Dies Irae -1 -2 Resurrection Piano Concerto -1 -2 -3 -4 Capriccio -1 -2 Partita for Harpsichord and Orchestra -1 -2   Piano Concerto -f -1 -2 -3 -4 Sonata per violoncello e orchestra   Violin Concerto no.1 -f -f -f no.2 "Metamorphosen" -f -f -f Concerto para Viola de Arco -1 -2 -1 -2   Cello Concerto no.1 -1 -2 no.2 -1 -2 -3 -4 no.3 -1 -2 -3 -4   Penderecki Sextet World Premiere -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 String Quartet no.1 no.2 Song of Cherubim Te Deum -f -1~ Polish Requiem -1~ Paradise lost -1~ Die Teufel von Loudun -1~ Interview | The Shining - Opening The Shining ending credits Midnight with the stars and you 1

♯♭♪ (*^.^*) : Eric Dolphy 0 1 3 4/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Eric Dolphy ♫ Topic ♫Top Tracks*  Stolen MomentsS Yearnin' Butch And Butch Teenie's Blues Screamin' The Blues Duquility Warm Canto The Baron Eclipse 17 West Sketch of Melba dianna You Don't Know What Love Is Left Alone Springtime -1 -2 It´s Magic Body and Soul Impressions -1 -2 South Street Exit Straight Up And Down The Meeting Warm Canto Ezz-Thetics Nardis Gazzelloni Lydiot Thoughts Honesty Round Midnight Amazing Havana Song with Charles Mingus Every Time We Say Goodbye Softly as in a Morning Sunrise My Favorite Things  -1 -2 -3 Bali Hai The Things We Did.. & John Coltrane Quartet -1 -2 God Bless the Child India Orchestra U.S.A., and Chamberi Miles Mode Master of Masters Music Matador +clifford brown Fire   full album* : Here and There -f Charles Mingus & Eric Dolphy Sextet -f At The Five Spot, Vol. 1 -f

♯♭♪ (*^.^*) : Jessie J 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jessie J * Wild 1 Very good French I Need This ASK:REPLY Silver Lining Laserlight Nobody's Perfect Who's Laughing Now Silver Lining Domino Price Tag ft. B.o.B Mamma Knows Best Do It Like A Dude 1 Who You Are -f Live At iTunes Festival 2012 -f


nice!(153) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3836

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -87(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Es Calo(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -13

雨の日の釣り師-3836

無事コールタールの大きな鍋や、ドラム缶に辿り着くと足が地に着く。  振り向くとたくさんの対の雄姿が爽やかな風に揺れ、渇いた夕陽を反射して眩しい。  けっして体に染み込むことのない潮の吐息を吸い、爽快な疲労を曳きずり寡黙な仲間に ”恨み” を込めて遠ざかる。  夕凪の頃、遠くのこんもりした木立が無彩色に浸食されかかっている。  去りがたい想いを振り切り帰還する。 

♯♭♪ (*^.^*) : Ornette Coleman 0 1 2 3 4/ Twins   :     全曲、O・コールマンの曲、リズム部門は、4ビート、深い心揺さぶるカタルシスは提供されず、ちょっと立ち寄って聴きたい。  5曲は、総て別の日に収録。  O・コールマンの吹っ切れた・胸の透く上昇・解放・明快なトーンは、なんと瑞々しく心地良いことか。  First take(17:00)、この曲のみダブルクァルテット(8名)の部厚いサウンド・熱気。  D・チェリーや、E・ドロフィー、C・ヘイデンなどのソロもうかがえる。  長いドラムで終わる。  Little Symphony(5:15)、C・ヘイデンのワクワクする推進、D・チェリーの溌剌とした放射。   Monk and the Sun(5:35)、O・コールマンの明快なブローイングは爽快の極致、D・チェリーとの卓抜なユニゾン。  Check Up(10:10)、チャーミングなシンプルなメロディー、D・チェリー、S・ラファロのソロも。  Joy of a Toy(4:35)、O・コールマンの軽快なブローイングは、なんとも気分がすこぶるよろしい。  O. Coleman(As)、Don Cherry(PctTp,Crnt)、C. Haden(B)、E. Dolphy(BClnt)、F. Hubbard(Tp)、S. LaFaro(B)、B. Higgins(Ds)、Ed Blackwell(Ds)、Release Date:May 22, 1959、Jan 31, 1961。

♯♭♪ (*^.^*) : Part,Arvo 2 /☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Arvo Pärt  Tabula Rasa 0 1 2 3 4 5 -Cantus in memory 1 2 3 -Carretera -Bystanding Declination -Rugby 1 II. Silentium: Senza moto Symphony no.3 -1 -2 -3 no.4 -f Silentium Da Pacem Domine 1 Pari Intervallo Für Alina Stabat Mater -f -1 -2 -3 Creator Spiritus-f Festina lente 1 Fratres For Cello And Piano -1 -2 -1 -2 1 2 24 Preludes for a Fugue-1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 -9 Spiegel im Spiegel 1 2 An den Wassern zu Babel Sarah Was Ninety Years Old -1 -2 -3 Alina! Fui Allne Mirror in the Mirror spiegel im spiegel Solo Spiegel im Spiegel Silouans Song Salve Regina Te Deum My Heart is in the Highlands Magnificat Sueño de Angel Ensayo-1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 Tribute to Gerry lost in desert Impresije elegie il canto della torre bells nobleness of Marin lyric poem Smoke-1 -2 -3 the mathematician contemporary dance Night Ride Resting Rabbit Memories Radio Toast Victoria Larrambebere Björk interviews

♯♭♪ (*^.^*) : Enrico Rava 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Enrico Rava ♫ Topic ♫ Top Tracks *  Catania novembre 2012 I'll Close My Eyes Spleen 1 Live Genova Jazz per Haiti 1/2/2010 Round About Midnight Trailer_7thDAY Nature Boy Full of Life You Can't Go Home Again Donna 1 2 l'angelo 1 Une petite folie Landes De Merveille Canzone di Nausicaa 1 Amorevole 1 Laura You Don't Know What Love Is Estate 1 2 3 Algir Dalbughi Le solite cose Mi ritorni in mente Night Bird blue marine Il tempo di morire Katcharpari Doxy Autumn Leaves Scrapple From the Apple Poinciana L'age mur Sola A Career Retrospective Long Tail Spider Blues Il Signore del Pianoforte Enrico Pieranunzi E penso a te BARCO HASTA EL CIELO -1 -2 Djembe III Serie Amore baciami Catania Theme For Jessica che cosa c'è? al Teatro Regio di Torino Enrico Rava Quintet 1 2 Lavori Casalinghi 22e Rimouski Festi Pm Jazz Lab-17 -1 -2 Sibiu Jazz Festival 2007- 1 -2 -3 -4 -5 Sonamundi at Teano Jazz Festival 2006 50 anni di jazz Space is the place Taichung Jazz Festival 2009 Cecil Taylor/ Taht Cun-un-un-un-an Talk 1 2  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Jesse Colin Young 1/ ☆□You Tube Search :      ♫ Top Tracks for Jesse Colin Young * 0 1 2 Maui Sunrise the highway is for heroes Fire On The Water Night School SONG FOR JULI Ophelia Peace Song Love On The Wing Miss Hesitation Barbados Before You Josiane Came Susan Light Shine Rye Whiskey Josianer Grey Day Ridgetop The Perfect Stranger let your light shine Sunlight Four in the Morning Sugar Babe  Song For Juli Sunlight 4 in the Morning Riddgetop Sugar Babe‬ Fire On The Water Fight For It The Perfect Stranger‏ Rye Whiskey Little Suzie Get Together what's going on Sunlight 1 Mornin' Sun Darkness Darkness‏‏ Ridgetop 1 2 Another Strange Town ‪what's going on / mercy mercy me Miss Hesitation T-Bone Shuffle LIVE NBC Performance Darkness Darkness Full Concert - 12/15/73 Full Concert - 04/17/76 1988 Japan Full Concert - 11/26/89


nice!(153) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3835

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -86(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -La Savina(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -12

雨の日の釣り師-3835

少し北寄り砂州の先端の西側、細かい砂利の透き通った遠浅に目を見張った、直ぐ沖合は深い紺碧で潮が速く流れていそうでゾキゾクした。  木箱に詰まった瓶に入ったジュースをめいめいの好みで貰い、あっという間に飲んだ。  何となく選ぶとも無くオレンジジュースに手を伸ばした。  あんな凄い所、どうやって見つけたのか?!解らない。  TVのアンテナ工事の手伝いでの途中、堤防の上を軽トラック通ったことはあったが。

♯♭♪ (*^.^*) : Oregon 0 1 2 3/ Distant Hills/ SR-3179/ LP    :     レンガのテラスで会話する人物の描かれた、滲んだ水彩画のジャケットは珍しい。  Jazzのエモーションは無くネオクラシカル手法、フォーク的なメロディーである、メンバーは何れもオレゴン州出身。  極光(7:44)、タブラが打たれオーボエが気怠い牧歌風メロディーをたなびかせる、ネオクラシック風とでも言うような曲想、回想的な叙情があり、このアルバムをとても印象づける。  ダークスピリット(5:31)、ついでシタールがビ~*ンとたなびき、エキゾティズムがムンムンで瞑想の叙情。  マイ・チニータ(6:58)、コンガの早いリズムに誘われ、ヴァイオリンが挑発的なメロディーを奏でる、トランペット、オーボエが加わり、フリーインプロヴィゼーション風であるが現代音楽的な手法であろう。  遙かなる丘(6:32)、12弦ギターで哀愁たっぷりのフォーク風メロディーを奏で、クラリネットに続きオーボエ、イングリッシュホルンが牧歌的な叙情をゆっくり奏でる。  渓谷の歌(5:00)、12弦ギターにオーボエ、ベース、ドラムによる躍動的なフォークソング風メロディー、演奏はJazz手法が空回りしている空しさが残る。  わが友への歌(5:21)、12弦ギターとベースが圧倒的なソロを披露、ゆっくりと歩む旧友との訥々とした会話の叙情。  告白(6:25)、フリーインプロヴィゼーションでありリズムな崩壊している、オーボエが静かに幽玄のメロディーをたなびかせる、ピアノと12弦ギターが加わり次第に昂揚し、あっけなく終わる。  Ralph Towner(G,P,Tp)、Glen Moore(B,Flt,P,Vln,BG)、Collin Walcott(Cl,P,Cng,Sitar, Tabla,)、Paul McCandless(EnglishHorn , Oboe)、Release Date:Jul 2, 1973。

♯♭♪ (*^.^*) : Offenbach, Jacques 1/ ☆□You Tube Search :     Orpheus in der Unterwelt* Les Contes d'Hoffmann*  Les Contes d'Hoffmann -1~ Ballade à la lune 1 Je suis veuve d'un Colonel Dites-lui qu'on l'a remarqué Ah, que j'aime les militaires Je suis alsacienne Amours divins! ardentes flammes! La grande-duchesse de Gérolstein

♯♭♪ (*^.^*) : Elvin Jones 0 1 2/ ☆□You Tube Search  :     ♫ Top Tracks * ♫Topic  Elvin Jones Jazz Machine - 01 E J 's Blues  1975 Elvin Jones 4tet  Three Card Molly for all the other times Sweden Three card molly Ginger Bread Boy Impressions.  Three Card Molly Elvin Jones Jazz Machine - Vienna 1991 1968 Copenhagen Joe Farrel Jimmy Garrison  Trio 1968 Drum Solo -1978 Produced and Directed  Jazzfestival Bern 1991 fragm. 3 01 E J 's Blues Agenda 28 Edición FESTIVAL Night in Tunisia Jazz a Juan, 1996 Solo Demonstration Horace Silver Quintet Zycopolis TV Three Card Molly for all the other times The Children Ginger Bread Boy HElvin Jones Richard davis Raunchy Rita Mr. Jones Jimmy Garrison Sextet Whew Solo 1 Afro Blue Dido Afrique ANTIGUA  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Jennifer Lopez 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for  Jennifer Lopez * 0 1 Do You Know Where You're Going To Love Don't Cost A Thing If you had my love Adiós Loving You 1 You belong to me Como Ama Una Mujer 1 Amarte es todo Still Quien Será Stronger Promise Me You'll Try Amar Es Para Siempre Should've Never Brave Sola Louboutins Baila All I Have Que ironia What is love Toma de Mí Alive Sings Happy Birthday to a Dictator I Follow Rivers El Deseo de tu Amor Follow The Leader On The Floor 1 Papi 1 Britain's Got Talent Goin' In Me Haces Falta Let's Get Loud Ain't It Funny Feelin' So Good I'm Glad Goin In Get Right I'm Real Jenny From The Block On The Floor Dance Again Hypnotico Jenny From The Block Jennifer Connelly Picture* full album *


nice!(155) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3834

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -85(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Kiosko Restaurante El Pirata -1(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -11

雨の日の釣り師-3834

 “祭りの後” の充足、夕凪の頃、何時しか無彩色が立ちこめ、冷気が降りてくる。  満ち潮時の撤退はスリルに満ちている。  堤防はすっかり海水の中、ひたひたと波が洗っている。  海の中を200mほど足で航海する、右は緑を帯びた碧で引き込まれそうな怖い優しさがある。  左は細かい砂礫に波紋の隆起がきれいな外洋。  軽トラックの荷台に乗せられ訪れ、泳いだことが一度だけある。

♯♭♪ (*^.^*) : Oregon 0 1 2 3/ Music of Another Present Era   :     ジャケットは何故か、俵宗達の風神雷神図屏風を想わせるアジア情緒たっぷり。  アメリカでは好評を博したそうだ。  対峙して聴くものでなく、風呂上がりなどに夜風に吹かれて聴きたい。  1年後のアルバム Distant Hills と共通点の多いアルバム。 タブラとシタール12弦ギターの奏でる、牧歌的な叙情、ネオクラシックの手法、フォーク風メロディー。  幾つかのフリーインプロビゼーション。  提供されるカタルシスはJazzのエモーションはなくクラシックそれもルネッサンス、地中海のモダニズムを引きずっている。  クラシック音楽好きが初めて耳にすると、明るいメランコリックとロマンティックなサウンドに目を奪われるだろうか!?。  Jazzファンは、全く別の世界の感興に呆れきっと投げ出すであろう。  12弦ギターのリリックなロマン、タブラの乾いた官能の唆し、シタールの瞑想的な幽玄世界、これらの構築する叙情はドップリ浸かれば、それはそれで深い満足が得られ、忘れた頃、何かの折りにに無性に聴きたくなりきっとディスクを引っ張り出す。  もし、少しでもうさんくさく感じることがあれば、聴くのを躊躇するだろう。  裏を返せば、一度でもじっくり聞く事があれば、深いインパクトが刻み込まれます。  そして、雨に閉じこめられた釣り人は、稀な魅惑を求めて再びその謎に導かれ、オレゴンの荒野、地中海の乾いた風のヒリヒリする心地よさ・くすぐり・妖しいタブラの響きに向かう。  Ralph Towner(G, P, Mellophonium, 12 StrgG, ClassicalG)、Glen Moore(B,Flt)、Collin Walcott(Prc,Vln,Sitar, Tabla,)、Paul McCandless(EnglishHorn , Oboe)、Release Date:Jan 1, 1972。

♯♭♪ (*^.^*) : Mussorgsky 1/ Mussorgsky 1/ ☆□You Tube Search :     Boris Godunov* Boris Godunov : 1 2 3 4 5 6 Prologe Incoronation Boris' Monologue Clock 1 Coronation 1 2 Holy Fool The hallucination Boris' Death 1 2 3 4 5 6 last duet and dath-1 -2 Forest, near Kromy-1 -2 The fountain-1 -2 Boris Christoff  Pictures at an Exhibition -f -1 -2 -3 -4 -1 -2 -3 -4 -1 -2 -3 -4 -5 -6 -1 -2 -3 Gnomus 1 Old Castle Promenade Catacombae Kiev 1 2 Night on Bald Mountain 1 2 -1 -2 -1 -2

♯♭♪ (*^.^*) : Nielsen, Carl 1/ ☆□You Tube Search :     String Quartet op. 13 Tågen Letter   Symphonic Rhapsody Symphony no.1 -1 -2 -3 -4  no.3 "Espansiva" -f -1 -2 -3 -4  no.4 -1 -2 -3 -4 -5  no.5 -1 -2 -3 -4 -5 -excerpt  no.6 -1 -2 -3 -4 -5 -6 Saga-Dream Pan and Syrinx Aladdin Suite -1 -2 -1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 A Fantasy Journey Helios Ouverture Overture to the opera Maskarade Cockerel's Dance Kleine Suite Three Piano Pieces Violin Concerto -1 -2 -3 -4 -1 -2 -3 -4 Clarinet Concerto -1 -2 -3 -4 Flute Concerto -1 -2 -3 Woodwind Quintet -1 -2 -3 Quintet -1 -2 -3 -4 String Quartet op. 13 -1 -2 -3 no.2 -1 -2 -3 no.3 -1 -2 -3 no.4 -1 -2 -3 Saul & David -1~ 。

♯♭♪ (*^.^*) : Jeff Beck 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jeff Beck Group * Where were you THX 138 Thelonius Two Rivers Psycho Sam Seasons Amazing Grace Instrumental A Blast From the east El Becko Big Block Led Boots Scatterbrain 1 Angel People Get Ready Stratus What Mama Said Blue Wind Goodbye Pork Pie Hat a day in the life 1 Drown in my own tears Cause We've Ended As Lovers 1 The Pump Sling Shot Freeway Jam


nice!(156) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3833

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -84(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Kiosko Restaurante El Pirata(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -10

雨の日の釣り師-3833

大きな船体がぐっと傾ぎ、白波を蹴立てて横に滑り移動する。  木造の船体が身震い、いきなりドッ!!と真っ黒い排気煙を吐く、スクリューを反転させ推進を停止させる。  漁を終え次々に帰還する船の様子を眺める。  沖合の点が次々に見る見る間に接近し、つぶさに接岸作業を見せてくれる。  力強い・活き活きとして、ぶっきらぼうにさえ見える男らしい光景!、きっと気持ちと胸が “ぐっと” 満たされる。

♯♭♪ (*^.^*) : Omar Sosa 0 1 2 3/ Afreecanos    :     キューバのピアニスト、オマール・ソーサ(Omar Sosa)の世界各国のミュージシャンとのワールドミュージック。  心地良いラテンのビートそしてアフリカのサウンド、しかしJazzのセオリーの唐突な・発作風乱入がいささか美の不調和を引き起こし、独特の印象を形成する。  たゆたうカリブの情熱やパカーンと突き抜けた開放感、突き抜けた明快な色彩、なんとも心地良い間合いからの跳躍がすばらしい!。  鬱屈したエモーションのJazzピアノとは一線を隔した、キラ!キラ!たゆたう叙情・情念は希有なもの。  アフリカ民族楽器やリズムなどに疾走するJazzビートが唐突に乱入するパラドックス、そしてミュージシャンは国際色が濃い。  ピアノは叙情を湛えキリリとした豊かなな色彩を帯びており、精神を屹立させてくれる。  Prologo(1:50)、カラ~*カラ~*乾いた音色、パーカッションとほのぼのヴォイスによる。  Oll(4:18)、コラの音色が気持ちいい。ゆったりしたもたれ掛かるブルース、ヴォーカルはワールドビートにドド~~ンと揺られ心地良い。  アフリカ民族リズムで進行中にに疾走するazzビートが、唐突に畳みかけるように乱入するため当惑する構成でもある。  Nene La Kanou(5:01)、女性ボーカル、ゆっくりたゆたいながら進行するカリブリズム、キラ!キラ!した色彩のピアノは魅惑の間合いを持ち澄明に於いて無類、ホーンアンサンブルがすばらしい寂寥を分泌する。  Ye ye Moro(5:59)、ピアノが実に明快に静謐と間合いを湛えており、高原を吹き抜ける風のように歌う、ラテンのリズム木管とボーカルの饗宴は情熱が迸りそして弾け、なんとも気分がよろしい。  Babalada(7:43)、牛追い唄を勝手に想像させるボーカルで始まる、やがてカリブリズムの推進、木管の助奏とよく通るボーカル、ホーンの憂愁は甘く切ない。  たらたらとした叙情そしてキリリとした明快な音色、鷹揚で魅惑の擽りを秘めたピアノはとても美しい。  Light in the sky 1 2(6:54)、木管の卓抜な唸りに驚く、しっかりしたボーカル、明快なピアノは憂いを帯び絶妙の間合いで響き渡り、極上の哀愁をゆっくり分泌している。  悲嘆の木管とどうにもならない諦観の吐露を行うピアノ、さらにむせび泣く木管、燦たる黄金の飛沫、ひたひたと渚に打ち寄せるカリブの海流を想わせる。  このアルバムを最も印象付ける曲。  D'Son(5:14)、うまく調和しないいきり立つJazzシステムとラテンの情熱・民族音楽の苛立ち、のびのびしたフルートと快活なホーン、情熱的な沈潜するリズム。  ピアノはたっぷりと間合いを湛えつつ、朗々と滔々と思いっきり喝采を歌う。  Tres Negros(4:30)、トーキングドラム、民族コーラス、アフロリズムとJazzのエモーション、成就しない美の構築とが入り交じったダイナミックな構成。  Mon Yalala(4:03)、コラの乾いた響きは目眩く寂寥の燦めき、女性ボーカルは悲嘆を投げる、とてもゆっくりした進行。  すばらしい間合いを発揮するピアノ、内向的な感傷をポツリ・ポツリ奏でる。  Tumborum(5:13)、アフロビートとJazzが入り交じって混沌として調和せず葛藤している、トーキングドラムとむせび泣きの木管、堂々たるボーカル。  打楽器的な高い跳躍のピアノは驚くほど快活。  Why Anga?(6:45)、女性ボーカルのしなやかな身のこなし、フルートのオブリガート、ピアノの極彩色の叙情、ホーンの憂愁、たっぷりしたリズム。  Omar Sosa(P)、Ali Boulo Santo(Kora)、Baba Sissoko(Talking Ds)、Bill Ortiz(Tp)、Childo Tomas(B)、Christophe "Disco...(G,Sitar)、Jorge Alabe(Ds)、Julio Barreto(Ds)、Release Date:Jan 1, 2008。

♯♭♪ (*^.^*) : Mussorgsky 1/ ☆□You Tube Search :     Boris Godunov* Boris Godunov : 1 2 3 4 5 6 Prologe Incoronation Boris' Monologue Clock 1 Coronation 1 2 Holy Fool The hallucination Boris' Death 1 2 3 4 5 6 last duet and dath-1 -2 Forest, near Kromy-1 -2 The fountain-1 -2 Boris Christoff  Pictures at an Exhibition -f -1 -2 -3 -4 -1 -2 -3 -4 -1 -2 -3 -4 -5 -6 -1 -2 -3 Gnomus 1 Old Castle Promenade Catacombae Kiev 1 2 Night on Bald Mountain 1 2 -1 -2 -1 -2

♯♭♪ (*^.^*) : Ella Fitzgerald 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *  I say a little prayer These Foolish Things (Remind Me of You)  At Last Bewitched, Bothered, and Bewildered It’s Only a Paper Moon  Manhattan  Cry me a river  Misty Ev'ry Time We Say Goodbye I Love Paris.... A Foggy Day It's De-Lovely Love For Sale Do Nothin' Till You Hear From Me Easy To Love I Am In Love Do I Love You I Get A Kick Out Of You Autumn in New York Someone to Watch Over Me Blue Moon These Foolish Things i can't give you anything but love Midnight Sun It never entered my mind Nice work if you can get it  Moonlight In Vermont Oh, Lady be Good! How High The Moon Night and Day  full album* : 。

♯♭♪ (*^.^*) : Jazmine Sullivan 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jazmine Sullivan * 1 New R&B November 2008 Need U Bad Accept What God Allows Best Friend Bust Your Windows Silent Tears Lions,Tigers, and bears 1 After The Hurricane Little Black Book


nice!(163) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3832

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -83(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Platja de Ses Illetes2 -3(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -9

雨の日の釣り師-3832

『ドドドッ…♪、ドドドッ…♪、ゴン・ゴン…♪、ゴン・ゴン…♪』、いつものポイントでこちら向きに仲良く旋回し、船縁から勢いよく一筋の放水を行い、ちょうど目の前でエンジンを止める。  その少し前に『”チン♪”、”チン♪”、……』、鋼の棒を打つ音がきっと聞こえる。  よく陽に焼け赤銅色の体躯、ねじり鉢巻きの直立男がロープで縛ったバケツを勢いよく投げ込み、いっきに引っ張り上げ甲板にぶちまけている。

♯♭♪ (*^.^*) : Omar Sosa 0 1 2 3/ Live à FIP   :     ラテンのパーカッション、Saxを含むクインテットのサウンドは、エキゾチックな叙情の見事な切れ味、甘美なアフリカの風が吹き抜けすこぶる爽快。  Nuevo Manto(9:11)、うねるように滔々と緩やかに、紫の憂愁を曳き、息を潜めて電気長弦が推進する。  甘美なパーカッション、気怠い・ぶ太いリードの咆吼は、ストレートですこぶる気分がよろしい。  澄明なキリリ!としたピアノの叙情が聳える。  Métisse(7:27)、ソプラノSaxが6/8の速いテーマを提出、中東風の(Vo)は語るようでとても渋い、独特の間合いを保つピアノ、パーカッションも呼応。   African Sunrise(3:52)、リトゥルインストゥルメントの魅惑のサウンド、祈りのようなヴォーカル、キリリ!とした粒立ち、妙なる美しさの余韻のピアノ。  Dos Caminos(6:11)、飄々と歓喜の疾走のパーカッション、素早い呼吸で発止と追撃するリード、打弦ピアノは一切の妥協を排す、緩急が目まぐるしく入れ替わりラテンの血がざわつく。  Iyawo(5:49)、バラード・子守り歌、優しいメロディーをピアノが独特の間合いでタラタラと、何時しか歓喜の躍動の坩堝に。  El Consenso(10:12)、ピアノソロで追想風に始まる、またもやうねるように滔々と緩やかに、紫の憂愁を曳き、息を潜めて電気長弦が推進する。  ヴォーカルがなにやらうそぶくように、独り言のように、言葉を投げ捨てる。  リードが卓抜なブローイング、ストレートで実に好ましい。  Paralelo(7:18)、リードの挑みかかるようなシンプルなテーマの提出、ピアノに引き継がれる。  沸き立つようなエモーションに満ちておる、素早いコロ!コロ!、キャリ!キャリ!、そのまま突っ走り新たな展開・発明も無くコーダ。  Muevete en D(3:24)、キラ!キラ!したワルツ、滔々と草原や海浜を駆けめぐり、木陰で休む。  Omar Sosa(P,Vo)、Luis Depestre(Reed,Hand Prc)、Childo Tomas(B,Vo)、Miguel "Angá" Diaz(Prc)、Steve Arguelles(Ds)、Release Date:Oct 10, 2006。

♯♭♪ (*^.^*) : Monteverdi, Claudio 1/ ☆□You Tube Search :    Orfeo* Vespro della beata vergine* Poppea* Madrigali* Ulisse* L'orfeo* Lasciatemi morire*   Il quarto libro dei madrigali, -f L'Incoronazione di Poppea Lasciatemi morire Pur ti miro, pur ti godo L'Orfeo -Toccata -Sinfonie -Ritornelli -Vanne Orfeo felice a pieno -Chorus II Le Poème Harmonique 1

♯♭♪ (*^.^*) : Eliane Elias 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Eliane Elias ♫Topic ♫ Top Tracks *   The TIme Is Now Just For You Samba Triste 1 stay cool Bananeira Brasil Imaginado Slideshow Jammin Fotografia Movin' Me On Day By Day The More I See you Doralice A Volta Mon Amour A house is not a home dindi Apareceu The More I See you Estate Light my Fire 1 So Nice They cant take that away from me Bye, Bye, Blackbird Passarim Just one of those things Waltz For Debby Chega de Saudade Take Five Segredos A Volta Guedes Call Me Beautiful love chiclete com banana Ai Ai Ai Fame I'm Not Alone Segredos Get It The Frog Time Alone Just One Of Those Things Tangerine Fotographia The Continental Desafinado 1 2 The Way You Look Tonight Here's something for you Looks Like December Caipora 1 Get It Chega de Saudade The Time Is Now Bird of beauty North Sea Jazz 2008 Time Alone Photograph That's All It Was Talk 1   full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Janis Joplin 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Janis Joplin  ♫ Top Tracks for Janis Joplin * 0 1 Cry Baby* 1 2 3 4 5 Summertime* 1 2 3 4 Trust Me 1 2 Little Girl Blue 1 My Baby The Rose 1 2 Piece of my heart 1 2 Maybe One Night Stand Me and Bobby McGee 0 1 2 3 Me & Bobby McGee A Woman Left Lonely I Need A Man To Love 1 2 get it while you can 1 Ball and Chain One Good Man Ego Rock A Woman Left Lonely Misery 'N The Last Time Just A Little Bit Harder As Good As You've Been Call on me Flower in the sun Magic Of Love To Love Somebody 1 2 Codine Coo Coo Get it while you can 1 Raise Your Hand 1 2 Move Over 2 Half Moon Ball and Chain 2 Tell Mama 1 Try Mercedes Benz 1 Piece of my heart Woodstock '69 Raise Your Hand 1 Get it while you can kosmic Blues 1 Careless Love Down On Me interview 1 full album* :


nice!(168) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3831

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -82(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Platja de Ses Illetes2 -2(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -7

雨の日の釣り師-3831

”太陽風”世界の魔力に絡みつかれ。夢中になり心の旅に埋没していて、ふと気が付くと雲行きで突然薄暗くなってしまって、すっかり退却の時刻を逸してしまっている。  よく見えないヌルヌルの足下、眼を凝らして確認しつつ、擦り足で少しずつ進むのは本当に心細い。  “トウフ”の上で潮風に吹かれ、平らなゴツゴツ屋根の上で足をぶらぶらさせていると、対の腰の張った頼もしいのが静謐な面もち嬉しい音で入港してくる。  ひたひたと足下に潮騒を感じるのと同時である。

♯♭♪ (*^.^*) : Omar Sosa 0 1 2 3/ Aleatoric EFX :     ピアノソロ、ラジオ・ブレーメン(独)でのライヴ。  通奏低音(ドローン)に澄明なインプロヴィゼーションが散りばめられている。  予め録音された音源や、ココナッツの殻を用いたエフェークター、モンゴルのホーミーのサンプリングなどで多彩なサウンドを表出している。  Follow Mys Shadow(7:03)、通奏低音に自由な即興で開始、祈りに似たコーラス風の効果サウンドが被せられる。  長い間合いをとった自由な即興は、ゆっくりしたテンポで荘厳な気分をもたらす。  Impromptu in D Minor(4:40)、ドビュッシーを想わせる、沈潜・下降する洒脱・開放感いっぱいのメロディー、清冽・強靱な粒立ちのタッチ!、水の流れを想わせる流麗なメロディー、いずれも陰影と絢爛を併せ持ち、ラテンの燦たる燦めきがドドォ…*と迸る。  Mute Ostinato in(7:13)、バラード風な開始、やがてエフェクターを使用した摩訶不思議な宇宙が目の前に。  月山の山伏達が取り憑かれたの如く、聳える岩山をザクザクと切り開き分け入っていく。  碧い山嶺の木魂する余韻を残し終わる。  Pentatonic Reserch(6:35)、山の王の宮殿の長い・上り下りのある廻廊をそぞろ歩く、谷底の方からなにやら朦々と這い上がる。  Das de Iyawo(9:12)、バラード、キューバのシンプルなリズム(モントゥーノ)。  何も考えずに広い水晶宮を彷徨う、何時しか見覚えのある懐かしい景色、ピーチ色に染まる海浜に出てしまう、長い影を曳いてトボトボ還る。  Sobre un Manto en E Minor(4:26)、たらたらしたテンポ、エフェクターは行く手に出没する妖精か地平にのさばる巨大な生き物の咆吼の様相。  Intense Moon in F# Minor(5:19)、速いテンポで駆け抜ける草原の風、さっと舞い上がり空を駆け上がり、大きな環を描きそして大きな樹木に急降下する野鳥の群れ。  Siberian Horses(4:57)、ホーミーがたなびく草の高原である、闊達に跳躍するピアノは明快でよろこびに溢れ返っている。  Muevete en D(2:57)、颯爽と駆け抜けるピアノ、ホクホクとした頬、輝きに溢れる額。  Omar Sosa(P,Main Performer)、Release Date:May 1, 2004。

♯♭♪ (*^.^*) : Milhaud, Darius 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Milhaud, Darius Symphony no.1 -1~ -1~  no.2 -1~ -1~  no.3  no.4  no.5 -1~  no.6 -1~  no.8 -1~   no.12 -1~   Suite Provençale op.152a Le boeuf sur le toit 1 2   Le Carnaval d'Aix 1 La Creation du Monde 1 Suite Francaise op.248 La Cheminée du Roi René, Op.205 Le globetrotter op. 358 Suite pour Ondes musicales Martenot et piano    Piano Concerto  no.1 no.2 Concertino d'Hiver Concerto for percussion and orchestra Concerto per viola e orchestra no.1, Op.108 Concerto per arpa e orchestra op.323 Scaramouche Concertino d'Automne op.309 Cello Concerto #1 Mark   La Creation du Monde: Overture -1~ La creation du monde Le Boeuf sur le Toit   Sonata per viola e pianoforte n.1, op. 240 Sonata per pianoforte n.1 op.33 Saudades do Brasil L'Automne op.115 Sonata per oboe, flauto, clarinetto e pianoforte, Op.47 Suite per violino, clarinetto e pianoforte, Op.257b Les charmes de la vie La muse ménagère, Op.245 -1~ Printemps   Quartetto per archi n.2 op.12 Quartetto per archi n.3 op.32 String Quartet Nr.14   Trois Opéras-Minute

♯♭♪ (*^.^*) : Egberto Gismonti 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Caravela Janela de Ouro Dança Solitarie No1 Salvador  & O 7 Aneis Ano Zero improv Carta Marítma Estudo No.5 Ruth Variações sobre..  Pêndulo 1 O Gato Tributo a Wes Montgomery Passarinho 7 Aneis 1 2 Tango São Paulo 1 Lendas IL NAUFRAGO Sete Aneis 1 Selva Amazônica Raga 1 Pêndulo Computador O sonho Dança das Cabeças concert on the beach -1 -2 -3 Bodas De Prata -1 -2 Lôro H.1994 Montréal 21 nov India 1984 Heineken Concerts 1994 Forrobodo Heineken Concerts Rio de Janeiro Forrobodo Danca Dos Escravos   full album* : Computado Orfeo Novo, 1971-f

♯♭♪ (*^.^*) : James Morrison 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for James Morrison * James Morrison The First Cut Is The Deepest Better Man Call the Police If The Rain Must Fall This Boy Wonderful world 1 You Give Me Something 1 2 3 Pieces Don't Fit Anymore undiscovered


nice!(157) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3830

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -81(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Platja de Ses Illetes2 -1(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -6

雨の日の釣り師-3830

しかし危険は海の中ばかりでない。  この防波堤は潮が満ちると潜水し、子供の腰の高さまで波で洗われる。  台風の時期、『……さんが還れなくなっるぞーい!!。』と、消防隊員が叫びながら雨の中を駆け抜ける。  あの”豆腐”の中で必死になっている光景が、ありありと浮かぶ。  要塞側に緩やかな湾曲を持つため、目測で目印に向かって真っ直ぐ歩くと恐ろしいことになる。 

♯♭♪ (*^.^*) : Omar Sosa 0 1 2 3/ Mulatos   :     萌黄のジャケットを開くと、裸足のオマール・ソーサはピアノに向かい、正面に向かって大きく見開いている。  さまざまの顔色の人々、バンダナを巻いた頭上に果物籠を乗っけている人物も。  キューバのピアニスト/キーボード奏者(Paquito D'Rivera)や、タブラ奏者(Philippe Foch)、アラビアリュート奏者(Dhafer Youssef)らの中東・北アフリカ・インド音楽の要素が散りばめられている。  これらは互いに肉となり血となり、叡智となり、極上の詩情を侵出させている。  全体は交響詩のようであり、一環してゆったりたゆたうリズム、鷹揚な寛容に覆われている。  日本的なテイストの侵出を感じるのは、”Label: Vivid Sound Japan”で頷ける。  Ternura(7:30)、躍動するリズムは風を切るスピード感が迸る、沸き立つようであり、屈託なく実に溌溂としている。  ちょっとチック・コリア〔Chick Corea 1/ ☆□You Tube Search :〕を想わせる。  鬱屈したJazz特有の閉塞感や、無用のエモーション、手垢で塗れたフレーズの片鱗もない。  Nuevo Manto(6:14)、カリブの海流を想わせるゆったりしたテンポ、色彩豊かな魅惑のカリブサウンドはなんとも心地良い、遠来のうねり・すばらしいいドライヴ感。  マリンバと卓抜な溌溂としたクラリネットの音色に惹きつけられる。  背景でのコーラス・ヴォーカル、効果サウンドは完全に融合しており、分厚い・奥行きのサウンドに。  La Tra(5:46)、クンビアのリズム、クラリネットの音色とエキゾチックな妖しいサウンドは実に美しい。  ダイナミックな曲を易々とこなすピアノとクラリネット、トレモロ風のオブリガートがなんとも情緒たっぷりの風を運んでくる。  Reposo(4:23)、澄明・明快・キリリ!硬質のピアノは、独特の間合いを持ち静謐・内省な美を構築、ハッとして息をのむほど美しい。  琴に似たサウンド、Oud・アラビアリュートの音色の魅力に触れることは、なんとよろこびであることか!。  渋くて・妖しく儚い、そしてなにより自信に満ちておる。  La Llamada(7:27)、アフリカ系キューバのリズムは、とても情熱的であり歓喜をタップリ秘めていて、”ハーゲンダッツ - Kokuto & Kuromitsu”のようである。  Dos Caminos(5:39)、何かを予兆させるに充分な開始は、ホク!ホク!として、すばらしい!。  洒脱の極み・絶頂の、フルートのようにコロ~*コロ~*転がすようなクラリネットに、大いに驚きそして得心。  Iyawo(6:23)、ゆっくりした全く気負いの片鱗もないピアノの叙情は目眩くよろこび、ボーカル・コーラスはオブリガート、サウンドと化し風となっている。  L3zero(6:41)、アフロキューバンのリズム・躍動をピアノで奏でる。  なんとしっくりした完成度の絶頂、Jazzとの調和・融合・共和・親和であろう。  El Consenso(5:21)、遠くの鐘の音にハッとさせられる。  遠い日々を思い起こすような、懐かしむような、剥き出しの心情が硬質な・粒立ちのピアノから溢れ出している。  止めどなく、押しとどめようがない、つぎつぎに湧き出し、うち震える大理石の机、床、壁を伝い、褐色の大地に還っていく。  Omar Sosa(P,Vo,Hrmnm,Tblr,Bll)、Dieter Ilg(B)、Paquito d'Rivera(Cl)、Dhafer Youssef(Oud・アラビアリュート)、Philippe Foch(Tbl)、Aziz Arradi(Gumbr,Vo)、Steve Arguelles(Ds)、Label: Vivid Sound Japan、Release Date:Sep 21, 2004。

♯♭♪ (*^.^*) : Meyerbeer,Giacomo 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Meyerbeer Les Huguenots* Robert le Diable* Il Crociato in Egitto* Le Prophète* L'étoile du nord*   Dinorah, Ombre légère 1 2 O paradis. L'Africaine Pour Berthe moi je soupire Alimelek oder Wirth und Gast -Ouverture Struensee -Ouverture Le Hugenots-f 1 Psalm 91 Qui in manu Dei requiescit

♯♭♪ (*^.^*) : Eddie Henderson 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Dear Old Stockholm Precious Moment Naima  Blue in Green So What On Green Dolphin Street Goodbye The Moontrane Hibby  Scorpio-Libra  Well You Needn't  Anus This Is For Albert  I Remember Clifford  Dolphin Dance &Edwards,J・Smietana trio Arroyo  To Wisdom the Prize Time And Space Smoke Screen Involuntary Bliss  Butterfly Eddie Henderson & Friends Play The music of Amit Golan (1964-2010)  Movin' On  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : James Taylor/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for James Taylor * Handy Man You've Got A Friend Everyday Steamroller Carolina in my Mind  Old Blue Sweet Baby James 1 Enough To Be On Your Way Shower the People Fire and Rain The Nearness of you Still Crazy After All These Years Close Your Eyes


nice!(150) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3829

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -80(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Platja de Ses Illetes2(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -5

雨の日の釣り師-3829

潮時はとて速く、じっと見つめると目が回りそう。  垂直の断崖が海中深くから屹立している。  潮がぶつかり捩れて回り込む潮下側、渦が次々に生まれ巻きながら流れておるのさ。  蟹や巻き貝など何でも、”ガシガシ”かみ砕く銀色の幅広縦縞が薄れてしまった奴らが遊んでいる。  じっと覗き込んでいると眼が慣れてきて、キラッ!!としたものが見える。  眼光鋭くはち切れんばかりの好奇心と猜疑心、超越的突進力を秘めて待ち伏せておる。

♯♭♪ (*^.^*) : Omar Sosa 0 1 2 3/ Pictures of Soul   :     打楽器奏者アダム・ルドルフ(Adam Rudolph)との即興演奏、極めて野心的なセッション。  ラテンの跳躍、熱狂、情熱の噴出・投影など見あたらず、静かな内省的な美の構築の現場に立ち会う。  提出される叙情は、摩訶不思議な祈りとか巡礼を想わせる。  Portrait(4:02)、魅力的なパーカッションの誘いで静かに始まる、フリーフォームのインプロヴィゼーション。  澄明で内省的なピアノは、長い間合いを持ってポツリポツリ!、とても静謐に覆われている。  ドビュッシーの”沈める寺”を想わせる。  The Call(4:50)、さまざまな打楽器・リトゥルインストゥルメントが打ち鳴らされる音色に魅惑される、ピアノは内省的な美の構築に徹する、発散・飛躍・跳躍・華やかな展開をしない。  Kachirumba(4:53)、早いテンポのパーカッションの連打は息つく暇もない、打楽器的なピアノ演奏で対応している。  Eye of the Blackbird(2:04)、野鳥のような木管の囀り、草笛のようにも聞こえる、ピアノは風か水の流れを滔々と繰り出す。  Dreams(1:35)、とても短い散歩風。  The Wandering Night(4:49)、高い天井、長い廊下をゆっくり進むようなピアノの音色はとても明快で快活、よろこびに溢れておる。  Cuzco Refrain(2:52)、ルドルフのプリペイテドピアノで始まる、双者発止とやり合う。   Intermezzo(1:08)、ユーモラスなインプロヴィゼーションは短い。  Trace of Burning Stars(3:22)、速いパーカッション推進、ガンガン疾走するピアノ。  Green Silence(5:08)、ゴングが響き、ピアノが内省的な美を構築する、さまざまな打楽器のサウンドは美しい。  Winter of the Flower(5:23)、とても内省的な美の構築が見られる、ゆっくりと静かに、楽しかった遠い日々を想い出しているよう。  Sweet Summer(3:35)、静寂に包まれる高原にふわりと舞い降りる、木々の下はクマザサに覆われており朝靄がたなびいておる。  Serenade for Two(2:45)、快活なタブラに導かれ、ピアノがしずしずと呼応。  Kiss of the Rain(1:26)、珍しい楽器で魅力的なサウンドが奏でられる。  Pilgrimage(8:15)、ビリビリと空間を響かせる不思議で魅惑に満ちたサウンドで始まる、Harmoniumである。  寂寥の風が吹き、優しい郷愁の想いが目眩く。  このアルバムの最も魅惑的な曲。  Black Exit(0:27)、エンディング、どんどん遠ざかる。  Omar Sosa(P)、Adam Rudolph(Prc,Cng,Tbl,Flt)、Release Date:Jan 13, 2004。

♯♭♪ (*^.^*) : Mendelssohn, Felix 1/ ☆□You Tube Search :     Symphony no.1 -f -f  no.2 "Lobgesang" -f -f -f -f  no.3 -f -f -f -f -f  no.4 -f -f -f -f -f  no.5 -f -f -f  no.6 1  no.7 1 2  no.8  no.9 1  no.10 1   Violin Concerto -f -f -f -f -f   Piano Concerto no.1 1 2 3 no.2 1 2 no.3 -1~ Heilig Deutsche Liturgie Veni Domine and Laudate pueri Dominica II post pascha Warum toben die Heiden -1 -2 Richte mich Gott op.78-2 Sechs Sprüche 1 Hor mein Bitten no.1 Psalm 42 : -Coro -Meine Seele dürstet nach Gott -Wie der Hirsch schreit Weihnachtskantate Elias * : -1~ Overture Höre Israel,. Sei stille dem Herrn Selected highlights Elijah * : Hear Ye, Israel Help, Lord ~ And then shall your light break forth 1 As God the Lord of Sabaoth Chorus Overture : Hebrides 1 2 Night's Dream-1 -2 1 Meerestille und glückliche Fahrt Trumpet Athalie Le nozze di Camacho Overture Ruy Blas op.95 Ouverture : Le nozze di Camacho Paulus Ruy Blas Meerestille und glückliche Fahrt La Bella Melusina Violin Sonate -1 -2 Klaviertrio -1 -2 -3

♯♭♪ (*^.^*) : Earl Klugh 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Long Ago And Far Away Dance With Me  Maybe Tonight  Last Song Twinkle I'll See You Again  Wind and the sea ocean blue Rainbow Man Autumn Song All The Time Fall In Love Cry a Little While  A Natural Thing Across The Sand   Angelina Morning in Rio Laughter In The Rain heart string Christina Across The Sand  I Don't Want To Leave You Alone Anymore  Sunset Island Laughter In The Rain Las Manos De Fuego Live at Java Jazz Festival 2013   BET on Jazz: The Jazz Channel This Time This Time Tropical Legs Living Inside Your Love Wishful thinking Tropical Legs  For The Love Of You Maybe Tonight  Midnight In San Juan Whispers & Promises Desert Paradise Jamaica Farewell Julie Debra Anne  If It's In Your Heart  Las Manos De Fuego DR. MACUMBA (Live)  Doin' It Doc (A Rhyme) This Time in lyrics  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : James Chance & The Contortions 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -James Chance & The Contortions ♫ Top Tracks for James Chance * 0 1 I DON'T WANT TO BE HAPPY Thow Me Away 1  Terminal City Contort Yourself 1 2 3 4 5 6 7 Designed to Kill 1 2 3 Sax Maniac 1 2 3 Don't Stop Til You Get Enough King Heroin 1 Don't Want To Be Happy Anesthetic My Infatuation Jaded Put Me Back In My Cage The Fix Is In dish it out Take Your Soul Oz ROVING EYE SUPER BAD I Can't Stand Myself Melt Yourself Down Good Times The Fix Is In Dish It Out I got you That's When Your Heartaches Begin Bedroom Athlete Christmas With Satan Jailhouse Rock I Can't Stand Myself 1 2 Irresistible impulse 2014-Warszawa Christmas With Satan King Heroin Round Midnight I Wanna Be Your Dog Life Round Here Superbad I danced with a zombie Down and dirty Throw Me Away Sophisticated Cancer Disco Jaded White Cannibal in Berlin Do the Splurge La Grange à Musique PardonToTu I don't want no body Can't Stop the Fever Electric Piano Aurora Sessions -1 -2 MANFLU Keep it Simple  full album* :  Buy -f -f


nice!(172) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3828

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -79(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Platja de Ses Illetes1(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -4

雨の日の釣り師-3828

遠くから見ると突端にポンっ!と“トウフ”を置いたような黒いシルエットに見える。  少し外に傾いでいるのがなんとも可笑しい。  頑丈な石を砕いてコンクリートで固めた太い鉄筋の入った頑丈な作り。  内側に小さな部屋が隠されており、要塞であった痕跡を残している。  その屋根によじ登って竿を持つ、足がかりが全くないスリルがいっぱい。  一度登ると簡単には降りられないので必要な物は全て運び上げる。  足下はストンッ!と垂直に落ち込んでおり、深い深藍の潮が流れているのが見える。

♯♭♪ (*^.^*) : Omar Sosa 0 1 2 3/ Sentir   :     ヴェネズエラ(1)、キューバ(1)、モロッコ(4)、プエルト・リコ(1)、U.S.A.(2)のミュージシャン(Prc,Vo)、オマール・ソーサ〔Omar Sosa(P,Prc,Vo)〕、以外は全て民族楽器とヴォーカル。  パーカッションとヴォーカルの極めて密な呼応・反射・交歓・親和が迸る、調和のあるインプロヴィゼーション。  エキゾチックな祈りに似たサウンドや、ヴォーカル、構築され・提出される美に浸透力があり、ガン!ガン!、ズン!ズン!、聴く者を鼓舞してくれる。  澄明な波紋の広がりの様に静謐と沈潜、燦たる燦めきを放つピアノは、くっきり・キリリ!と硬質・明快であり、図り知れぬ覇気に満ちている。  Opening for Eleggu(2:15)、おやっ!としたささやかな驚き、寺院を想わせる低弦の打撃、速いパーカッションとボーカルで覚醒する。  Sucesion en Blanco(5:46)、澄んだ鐘が響き渡り、なんとも気持ち晴れ晴れ、明快な打楽器の歓迎、いつもの長い間合いのピアノは強靱であり沈潜する快感もある。  複数の打楽器による複雑なポリリズム、ヴォーカルはとっても吹っ切れた爽快が吹き抜ける。  Rojo Chango(3:31)、急なテンポで目まぐるしいメロディーは聴く者の体を駆けめぐり、気持ちよく駆け抜ける。  Manto Blanco(3:31)、明快なリズムは粘り腰、不思議なヴァイオリン風の楽器の音色。  Toridanzon(4:25)、陽気なリズム、よろこびのヴォーカルが弾ける、卓抜なパーカッションの切れ味。  Azul Yemaya(6:31)、夕暮れの渚、倦まず押し寄せるうねり、波間に長い残照の投影、風に吹かれ裸足で砂浜に寛ぐ。  Oda al Negro(4:03)、急なパーカッションとピアノのデュオ、快活で運動の躍動に満ちている。  Sister in Yellow(5:53)、ラップ詩と複雑な打楽器のリズム、コーラス。  Cielo y Mar Azules(2:56)、ポリリズムと躍動、自由なヴォーカルによる溌溂とした祝祭。  Tres Notas en Amarillo(5:28)、ゆっくりしたボレロ、魅惑のボーカル、滔々と飄々とサラリ!と海流の様に歌うピアノは清冽で瑞々しい、とても未来志向の意欲を覗かせる、生き生きとしたもの。  Rojo y Negro(5:33)、急な推進のリズムはどんどん駆けていく、非言語と聞こえるラップ詩はサウンドと化しておる、キラ!キラ!したピアノ、ヴォーカルのオブリガートは心地良い。  Eggun(3:47)、複雑なリズムとパワフルなヴォーカル、フリーフォーム風のピアノのコーダ。  Sentir(3:55)、ビーンと響き渡る魅惑のサウンド、流れるようなメロディーのピアノ、あっけないヴォイスで終わる。  Omar Sosa(P,Prc,Vo)、Gustavo Ovalles(Prc)、Martha Galarraga(Vo,Clvs)、John Santos(Vo,Djm,BtDs)、El Houssaine Kili(Prc,Vo)、Release Date:Jan 1, 2002。

♯♭♪ (*^.^*) : Massenet, Jules 1/ ☆□You Tube Search :     Manon* Le Cid* Don Quichotte* Werther* Cendrillon*  Les Érinnyes Meditation from Thais 1 2 3 4 5 ELEGIE 0 1 SERENADE D'AUTOMNE CREPUSCULE VOUS AIMEREZ DEMAIN Va laissse couler mes larmes Nuit d'Espagne Ah! Fuyez, douce image Pourquoi me reveiller Werther,Werther ! Werther -Pourquoi me réveiller -version pour baryton -Charlotte's Letter Scene Va! Laisse couler mes larmes Pourquoi me reveiller 1 Pourquoi me réveiller Je suis seul!... Ah Ah! Fuyez, douce image Pourquoi me reveiller 1 2

♯♭♪ (*^.^*) : Duke Pearson 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Black Coffee Theme from Rosemary's Baby Prairie Dog Scrap Iron  3 A.M. Modern Jazz Classics  Amanda Wahoo  Two Mile Run Witchcraft  Exodus  Is That So New Girl Make It Good Jeannine  Friday's Child After The Rain  Big Bertha  Hush!  Cristo Redentor Sweet Honey Bee You Know I Care Summertime Jean De Fleur Stormy Jean De Fleur  Les Liaisons Dangereuses (1962)  Sandalia Dela Minor League I love You  Minor League  Idle Moments  Nomad  Xibaba Taste of Honey  full album* :   The Right Touch

♯♭♪ (*^.^*) : Jade Valerie 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Jade Valerie * Like A Bird FM SAINT VOX Always On My Mind Jurga And We Can Work It Out Just Another Day 1 Life is cool Here On My Own Stuck With You Empty Pages No You Don't The Last Living By Numbers Razorman A Deeper Shade Of Blue Out In The Sea Cinderella Lucky Lady Undone 1 We Can Run Real Emotion 1 Unbreakable Show Me La La La Lovesong Goodbye Like a Bird 1 Piece of love Everything's Gonna Be Alright message blog 3Weeks/November/2009 Dug Out From the Archives -1 -2


nice!(157) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3827

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -78(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Platja de Ses Illetes (ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -3

雨の日の釣り師-3827

圧倒的な充実は釣り戦略の先鋒で飛びきりの仕事をする。  取り返しのつかない存在なのだ。  ぼくらは、星月夜に空から訪れる不躾な嘴で、彼たちが突かれるのを想像しない。  そのヌメヌメ・ざらざら・くねくねした虹色の射す肌理のそよぎを想う。  鈎で貫かれ身悶える恨みは、その下手人の意識の中に入り込み悲痛となって復讐する。  この船溜まりになっているワンドは、弓なりに沖に突き出た防波提で守られている。

♯♭♪ (*^.^*) : Omar Sosa 0 1 2 3/ Spirit of the Roots   :     ラテンとアフリカの楽器によるポリリズム、祝祭を想わせるヴォーカル・コーラス、目まぐるしく変遷・入れ替わるリズム、土の香りのするアルバム。  Eleggu(0:49)、叫びともコーラスとも思えるヴォーカルとラテンパーカッションの曲、あっと言う間。  La Tela Pa'Oya(5:37)、速いテンポ、楽しい祝祭風のコーラス、ポリリズム、朗読風のソロヴォーカルで終わる。  It's My Head(6:03)、ポリリズムのさまざまなパーカッション、パラ~*パラ~*、ピアノが速い独特の間合いで叙情を展開、沈痛・あっけらかんの同居するバスクラリネットが、とてもすばらしい。  Fabriciano con Chango(4:19)、目まぐるしく変遷・移行・展開するテンポ・メロディー・サウンド。  Tienes un Solo(7:10)、バスクラリネットの傑出したソロに続きピアノが滔々と流れる大河の叙情を、コーラス、重低音の打楽器が厳かによろこびに満ちて演奏。  To Miles and Joseito, Ibae(4:09)、噴出するポリリズム、とても快活なコーラス。  Agua Larga Pa' Yemaya(5:35)、コーラスの後、ポリリズムの推進をものともせず、ピアノとリードが自由になんとも溌溂とのびのび演奏。  Remember Monk(6:40)、静かにそして重低音のパーカッションで始まる、リードがフリーフォーム風に咆吼、激しい目まぐるしいユニゾンを展開。  Chancletera(6:11)、さまざまな楽器によるポリリズム、ヴォーカル、粘りつくようなリード。  Antes de Ir Va Esto(9:15)、ゆったりとたゆたうシンプルなリズム、憂いのあるフルートと畢竟のリードにより魅惑のメロディーが奏でられる。  ピアノはタラ~*タラ~*と陶酔の境地、このアルバムの白眉。  Mi Nrgra,Tu Mombon(4:12)、速いテンポのボレロ、闊達なヴォーカル。  Para Ella(5:18)、ゆっくりしたテンポ、リードとピアノによるバラード風。  Elegguá(0:52)、狂乱のフリーフォーム、不思議な突拍子なエンディング。  Omar Sosa(P)、Anastasia Newkirk(Vo)、Felix Reinoso(Vo)、Jose Gomez(Vo)、Bill Ortiz(Tp)、Elliot Humberto K...(Ds)、Jesús Diaz(Bng,Cng,Bll)、John Calloway(Flt)、Jose Francisco Perez(Dnc)、Release Date:Jan 26, 1999。

♯♭♪ (*^.^*) : Martinu,Bohuslav 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Martinu,Bohuslav Symphony no.1 -f no.2 -f no.3 -1 -2 -3 no.4 -f no.5 -f -f no.6 -f Sinfonia Concertante -1 -2 -3 -4 Sinfonietta "La Jolla" -1 -2 -3   Memorial to Lidice Three Fragments from "Julietta" -1 -2 Partita for string orchestra Parables -1 -2 Fantasia La Bagarre Toccata e Due Canzoni -1 -2 -3 Rapsodia Concierto para viola Inventions for piano and orchestra -1 -2 -3 Concerto for 2 violins -1 -2 Concerto da Camera -1 -2 variatinos sur un théme slave variationen   Piano Concerto no.1 -1 -2 -3 no.2 -1 -2 -3 no.3 -1 -2 -3 no.4 -1 -2 -3 -1 no.5 -1 -2 -3   Double concerto -f The Frescoes of Piero della Francesco -1 -2 -3 The Opening of the Springs -1 -2 Sonata for Viola and Piano

♯♭♪ (*^.^*) : Duke Jordan 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   My Old Flame Blue Monk The Feeling Of Love All the Things You Are  Summertime Satin Doll  How Deep Is The Ocean  "Tea For Two~Stardust"  Wait and See On Green Dolphin Street  No Problem Glad I Met Pat, Take 4  My old flame Jordu  Dear Old Stockholm GLAD I MET PAT  Happens to Me  I Should Care  Here's That Rainy Day  full album* :  Flight To Denmark (1973, SteepleChase)  Brooklyn Brothers East And West Of Jazz (1962) Two Loves   full album* : 。

♯♭♪ (*^.^*) : Imogen Heap 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Imogen Heap * 0 1 Speeding Cars 1 2 Leave Me Here To Love  Goodnight and Go Hide and Seek 1 2 Loose Ends Kidding Leave Me To Love Just for Now Hide & Seek in Tanzania Wait It Out Whatever Live at Royal Albert Hall Cumulus Entanglement Little Bird Lifeline Congratulations Sleep First Train Home 1 Missing You Rollin' And Tumblin Neglected Space Thriller The Walk Tidal Wait It Out Swoon Earth  Aha! Entanglement Me The Machine Loose Ends Closing In  Canvas You Know Where to Find Me Angry Angel Have You Got It In You?  Glittering Clouds The Listening Chair Tiny Human Come here boy Mic Check The Beast Candleligh Angry Angel The Walk Bring it Home Blanket The moment i said it Not Now But Soon Headlock Run-Time Let Go Just For Now 1 Sleep Let go  full album* :


nice!(165) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3826

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -77(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Escull des Mèrmol -1(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -2

雨の日の釣り師-3826

ピタ!ピタ!、ザブン!ザブン!、サラ…*・サラ…*、ユ~ラ・ユ~ラ、長~いうねりが訪れる。  肌理の細かい緑や茶の藻類がびっしり繁茂、緩やかな斜面はとても滑り易い。  辺りの溝の砂礫を棒で掘ると、扁平の管を自在に伸縮させることが出来る、尊敬する赤黒い茶のエイリアンに遭遇する。  “岩イソメ”は、潮の干満の砂礫の中に澄んでいる。  今は、高圧酸素で満たされた、自動販売機などで出合うことも出来る。

♯♭♪ (*^.^*) : Oliver Nelson 0 1 2 3/ Main Stem  :     ジャケットは、演奏中の上半身、坊主頭、モノクロ。  Main Stem(6:52)、合奏で颯爽と走り出す、O. Nelson(As)の意欲満々の滔々と放つブローイング、張りのあるトーンは気持ちがよろしい。  Joe Newman(Tp)との楽しいバトルを繰り広げる。  H. Jones(P)の端正な味わいわい深い華麗な演奏は、すばらしい!。  J & B(5:52)、ブルース、合奏で華麗なサウンドを繰り広げる。  O. Nelson(As)のストレートでとても気持ちよく歌い上げるブローイングは、とても魅力的。  Joe Newman(Tp)のソロはとても元気、あっけらかんとして好ましい、Ray Barretto(Cng)が軽快なテンポで陽気に推進する。  H. Jones(P)の華麗にして流麗、そして静謐な佇まいがとてもいい。  合奏で盛り上がり、コーダ。  Ho!(4:33)、合奏でシンプルなテーマが繰りかえされる。  H. Jones(P)の華麗にして流麗、そして静謐な雰囲気に包まれる感じがとてもいい。  O. Nelson(Ts)のいい余韻のブローイングは、渋くて・味わい深く・ヒューマンな優しさに包まれており、とてもすばらしい!。  H. Jones(P)の卓抜な演奏は、華麗にして寡黙、得も言われぬ魅惑があえう。  Latino(6:12)、速いテンポの明るいメロディー、Joe Newman(Tp)のソロはとてもストレート、屈託が無くよろしい。  O. Nelson(Ts)の目眩くスピードのあるブローイング、凄く気持ちのいい音色だ。  H. Jones(P)の明快にして味わい深いタッチは、ますます冴え渡る。  Tipsy(5:19)、Joe Newman(Tp)のミュートでウキウキとメロディーが提出される。  H. Jones(P)のサラリとした卓抜なタッチに感心する、Joe Newman(Tp)のミュートがとても五月蠅い。  O. Nelson(As)の艶やかな音色のブローイングは気持ちいい。  George Duvivier(B)のソロから合奏、コーダ。  Tangerine(7:03)、ラテンのリズムに導かれ、O. Nelson(Ts)のストレートな好ましいブローイング、Joe Newman(Tp)のミュート。  O. Nelson(Ts)のどっしり構えた、全世界に放つストレートな悩みは、いつしかきれいに昇華されていく。  H. Jones(P)の優しい雰囲気に包まれる。  O. Nelson(Ts)の果てしない広がりの地平に向かって放つ、ブローイングのなんとすばらしいことか!。  O. Nelson(As,Ts)、Joe Newman(Tp)、H. Jones(P)、George Duvivier(B)、Ray Barretto(Cng)、Charlie Persip(Ds)、Release Date: Aug 25, 1961。

♯♭♪ (*^.^*) : Ligeti,Gyorgy 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Ligeti,Gyorgy Mysteries of the Macabre -f Violin Concerto -f Aventures and Nouvelles Aventures  -f Lontano -f -f -f -f -f Requiem -f 1 2 4 -Kyrie -III Dies irae Concert Romanesc -f -f -f -1 -2 Streichquartett n° 2 -f Hungarian Rock  Lux Aeterna 1 2 3 Musica Ricercata II Atmospheres 1 2 Hamburg Concerto Aventures Apparitions -1 -2 Concerto for Piano and Orchestra Six Bagatelles, CARION Continuum for harpsichord CELLO CONCERTO for Sigfried 1 Sonata for Solo Cello 1 2 3 Poème Symphonique For 100 Metronomes 1 Trio for Horn, Violin and Piano -1 -2 Chamber concerto 1 2 3 ATMOSPHERES Hungarian Rock 1 String Quartet No. 1 Volumina Ramifications Clocks and Clouds -1 -2 Artikulation  Juan Pérez Floristán Continuum Volumina Continuum 6 Bagatelles for Wind Quintet  Nouvelles Aventures /w score Melodien -1 -2 Musica ricercata No. 7 etude for piano 15 -White on white Ejszaka (Night) and Reggel (Morning)  Sándor Ligeti 1 Trio for violin, french horn and piano, "Homage to Brahms"  Piano Concerto -1 -2  1 -1 -2 -3 -f  Passacaglia Ungherese  Jupiter and Beyond  Síppal, dobbal, nádihegedűvel  Nonsense Madrigals Ballad and Dance  Monument - Selbstportrait - Bewegung  Passacaglia Ungherese  Étude Nr. 1 "Désordre"  Ligeti Etude 13: "The Devil's Staircase"  Continuum für Cembalo MR2 Szimfonik LIVe Aventures

♯♭♪ (*^.^*) : Duke Ellington 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Duke Ellington ♫Topic ♫ Top Tracks *  "Thanks for the Beautiful Land on the Delta" "Blues for New Orleans" "Portrait of Louis Armstrong"  "Blues for New Orleans" Second Line "Portrait of Mahalia Jackson" "Portrait of Wellman Braud" "Tone Parallel to Harlem" johnny hodges all of me ISFAHAN "Heaven" Passion Flower  All Of Me 1 Stompy Jones 1 Just Squeeze Me Things Ain't What They Used To Be Let's Fall in Love Prelude To A Kiss 1 Just a Memory Passion Flower BILLY STRAYHORN Blood Coun Going Up Blue Goose take the "A" Train In A Sentimental Mood Isfahan MEETS COLEMAN HAWKINS mood indigo Satin Doll 1  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Iggy Pop 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Iggy Pop * 1 Living' on the Edge of the Night 1 2 Candy 1 2 In The Death Car 1 Après Les Passantes Sea Of Love the stooges Never met a girl like you before Et si tu n´existais pas Teddybears I'M BORED Les Feuilles Mortes Je Sais Que Tu Sais Beside You Aisha Bang Bang let's boot and rally How Insensitive I Want to go to the Beach Spanish Coast Nice To Be Dead The Idiot-China girl I'm Bored Little Know It All Gimme Danger Death is Certain The Idiot-Nightclubbing Beside You Five Foot One Home Cry For Love The Passenger 1 2 3 Bang Bang Louie Louie Fuckin' Alone Real Wild Child Break Into Your Heart Gardenia Lust For Life 1 Nazi Girlfriend Corruption Sixteen Tonight Wild America Butt Town Monster Men Mass Production Nightclubbing  full album* :


nice!(170) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3825

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -76(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -Escull des Mèrmol(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島 -1

雨の日の釣り師-3825

強固なコントラストの光輝が燦々と降ってくる。  体力をはなはだ消耗させ、排斥の情熱がむき出しであり、『フ……ッ!』正直で一途な徹底にうちのめされる。  ジリ!ジリ!肌を焼かれ、カラ…*カラ…*喉を乾燥される、嬉しい付き合いである。   この碁盤の線が、倦まず暖かい潮に洗われる。  キラ!キラ!した輝き・光輝が船縁に反射、目眩くテクスチュアーが踊る。

♯♭♪ (*^.^*) : Oliver Nelson 0 1 2 3/ Straight Ahead  :     ジャケットは、演奏中の横顔のアップ、淡い暗ブルーのモノトーン。  Images(5:48)、George Duvivier(B)の導く幽玄の空間で、静かに妙なるサウンドが流れ出す。  O. Nelson(As)の流れるような揺れるメロディーはとても美しい。  E. Dolphy(Bcl)のたゆたう広がり・拡散は魅惑に満ちておる。  2管が響き合い融けあい干渉して生まれる、陰影の濃い色彩は息を飲むほど、すばらしい!。  Six And Four(7:18)、合奏で弾むようなシンプルなテーマが執拗に繰りかえされすこしずつ変容する。  O. Nelson(As)の甘い・渋い・言い淀んだような、臆する発表は次第に目眩く燦たる構造物を完成させる。  Richard Wyands(P)はタラタラと、ポロ…*ポロ…*と。  E. Dolphy(Bcl)の超越的意欲の噴出した、圧倒的な鋭意に動機が提出され、世界はたちどころに蹂躙されてまう。  Richard Wyands(P)はタラタラと、ポロ…*ポロ…*と。  弾むようなシンプルなテーマが執拗に繰りかえされ、そのままコーダ。  Mama Lou(5:04)、O. Nelson(As)とE. Dolphy(Flt)でオリエンタル風のストレートなテーマが提出される。  変奏部は、弾むような速いテンポに、O. Nelson(As)の甘い・渋い・言い淀んだような臆する発表。  E. Dolphy(Bcl)の超越的意欲の噴出した、キト!キト!のすばらしいプレイ!。  Richard Wyands(P)はタラタラと、ポロ…*ポロ…*と。  合奏でドドーンと賑わいが起こる。  E. Dolphy(Flt)のしっかりと締めくくる、妙なる澄明に魂を奪われる。  Ralph's New Blues(9:57)、E. Dolphy(Bcl)の脊髄から絞り出される随喜、天地を激しく行き来する卓抜のブローイングに、世界中の野獣・昆虫・生ある一切の有象無象は頭を垂れてまう。  ありがたいチベット高僧の説教がたっぷり下される。  O. Nelson(As)の実に味わい深い・慇懃なブローイングは自由奔放で、発明はいっこうに止まらぬ。  Richard Wyands(P)はタラタラと、ポロ…*ポロ…*と、そしてGeorge Duvivier(B)のソロ。  ユーモラスな合奏で繰りかえされ静かなコーダ。   Straight Ahead(5:36)、速いテンポ、合奏でテーマが提出される。  O. Nelson(As)のソロ、素早い滑らかな説得力あるブローイング、E. Dolphy(Bcl)の超越的な意欲に包まれたブローイング、なんとも心地良い。    Richard Wyands(P)はタラタラと、ポロ…*ポロ…*と。  E. Dolphy(Bcl)とO. Nelson(As)の白熱した素早いキック、回し蹴り、頭突き、蹴手繰りのバトルは両選手とても充足。満足の様子。  111-44(3:27)、合奏でスリリングなテーマが提出される。  E. Dolphy(Bcl)の闊達・血気盛んな野獣の咆吼、O. Nelson(Ts)の渋くて味わい深いブローイング。  Richard Wyands(P)はタラタラと、ポロ…*ポロ…*と。  合奏となり、分厚いいい響きの盛り上がり、きっぱりしたコーダ。  E. Dolphy(As,Flt,Bcl)、O. Nelson(As,Ts,,Cl,Arr)、Richard Wyands(P)、George Duvivier(B)、R. Haynes(Ds)、Release Date: Mar 1, 1961。

♯♭♪ (*^.^*) : Lehár,Franz 1/ ☆□You Tube Search :     Merry Widow*   Wo die Lerche singt Meine Lippen, sie küssen so heiß Vilja Lied 1 2 3 4 Count of Luxembourg Waltzes Dein ist mein ganzes Herz Die lustige Witwe 1 Lippen schweigen~ 1 Das Land des Lächelns : Dein ist mein Ganzes Herz Tatjana : Scheidend von den goldbeglänzten Höhen La vedova Allegra : Vilja Lied Zigeunerliebe : Hör' ich Zymbalklänge 1 Der Zarewitsch : Einer wird kommen.. Bin ein gluckseliges Kosende Wellen.. The Merry Widow* : 1 2 3 4 Overture Ja, wir sind es die Grisetten Lippen schweigen~ Dein ist mein ganzes Herz Die lustige Witwe 1 Wilde Rosen Ballsirenen Altwiener Liebeswalzer Korallenlippen Honignymphen Tanzsuite Grützner Giuditta Gold und Silber Eva Waltzes Adria Walze Paganini-f

♯♭♪ (*^.^*) : Doris Day 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Doris Day ♫Topic ♫ Top Tracks *    When I Fall In Love Fly Me To The Moon A Sentimental Journey When You're Smiling   Tea for two Amapola April in Paris Three Coins In The Fountain Dream A Little Dream of Me More Again Blue Skies Should I Surrender Close your eyes I Didn't Know What Time It Was  If I Were A Bell  Too marvelous for words  I'm Sittin On Top Of The World On The Street Where You Live  When Your Lover Has Gone Romance on the High Seas Tea for two Day By Day Perhaps Perhaps Perhaps Who, Who, Who  A Sentimental Journey Secret Love Perhaps My Girl  WHO WHO WHO It All Depends On You Every now and then Fly me to the moon  let's take an old-fashioned walk Game of Broken hearts calls in to Magic Your mother and mine Snuggled On Your Shoulder Sentimental Journey Just You, Just Me Swinging On A Star  It's Magic Que Sera Sera  Federal Fugitives  full album* :  The Best of Doris Day -f  

♯♭♪ (*^.^*) : The Human League/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for The Human League * Don't You Want Me -1 2 The Things That Dreams Are Made Of Seconds Human 1 (Keep Feeling) Fascination Mirror Man The Lebanon  1 2 Open Your Heart Luise LEBENON Being Boiled Heart Like A Wheel Soundtrack To A Generation THE SOUND OF THE CROWD Love Action Tell Me When Being Boiled All I Ever Wanted Mirror Man Data's Only Human HEART LIKE A WHEEL Darkness I NEED YOUR LOVING Do or Die', on O.T.T. Together in electric dreams Hard Times Being Boiled Keep Feeling Fascination Fascination Peel Session Empire State Human Mirror Man Sin City Human League Stay With Me Tonight The Lebanon Open Your Heart Luise One Man In My Heart 1 LOVE IS ALL THAT MATTERS Tell Me When Life On Your Own I NEED YOUR LOVING  full album* :


nice!(164) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3824

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -75(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 シェバントシェバント -1(ストリートビュー)

   フェルナンド・デ・ノローニャ島

雨の日の釣り師-3824

乗組員の姿は見えず、きっと明日の出撃に備え腹巻き姿で午睡を貪ってるに違いない。  前から見ると喫水線から首筋、肩の辺りの堂々とした張りの豊かさの力漲る曲線はいつ見ても感心する。  堂々とした力を秘め、じつに立派でほれぼれする。  重油と潮、コールタールの幾重にも織りあった匂いを吸い込む。  深くて濃い藍色の波頭からあっけらかんと、ギラギラ波間を漂いながら反射する光跡を浴び風に吹かれる。

♯♭♪ (*^.^*) : Oliver Nelson 0 1 2 3Eric Dolphy 1 3/ The Blues And The Abstract Truth   :     ジャケットは、両掌で頬を抑え、真っ直ぐ前方を見ている、黒い背景。  O. Nelson(As,Ts,Arr)の卓抜なアレンジが堪能できる。  O. Nelson(Ts)のシンプルにして、実に味わい深い・実験的美の探求の動機が露出したブローイングや、B.Evans(P)の何気ないようにも見える、妖しいインプロヴィゼーション美、E. Dolphy(As)の火の出るような圧倒的な先進のブローイング、天空をすばしこく飛翔する龍が出現する。  Stolen Moments(8:45)、F.Hubbard(Tp)のストレートな心地良い放射、E. Dolphy(Flt)の見事な木管は凄く新鮮であり、歳月を経ても色褪せることがない。  木管の明快な意志にいっぺんに目が覚める。  極めて魅力的な始まり、朦朧としたものから起きあがり、意欲に燃え何かに立ち向かう、前奏曲-リスト〔Liszt, Franz 1/ ☆□ : Les Préludes -1 -2 -1 -2 -3〕のザクザクした首を撫でられたような、ゾクッ!。  O.Nelson(Ts)は幽玄の情緒をたなびかせるしっとりした、思慮深い味わい深い、シンプルなブローイングは稀なもの。  B.Evans(P)の瞑想・迷走する打弦、神経質な精緻な打弦が聴ける。  合奏で魅惑のサウンドが披露され静かに終わる。  Hoe Down(4:43)、タイトルの紹介アナウンスがあり、合奏で快活なテーマの提出。  F.Hubbard(Tp)の華麗な放射、些か饒舌過多の感がありうんざり。  E. Dolphy(As)の胸の透く新しいブローイングに心が奪われる、一切の不都合が払拭されるような心地よさ。   圧倒的な発明の連続・固まり・核爆発は、なんと溜飲を下げ脳を刷新、体液を戦がせるだろう。  様々な発言が絡みつく目眩く随喜の奔流、ホーンが一掃し粋がる若者のやりたい放題。  O.Nelson(As)のスッキリしたシンプルなブローイングがキラリ!と冴える。  Cascades(5:30)、アンサンブルでテーマが提示され、O.Nelson(Ts)の渋い慇懃なプレイに続き、F.Hubbard(Tp)の快活な疾走する放射、タメが無く一本調子に聞こえてしまう。  B.Evans(P)の想わず引き込まれてしまう、ワク!~*、ワク!~*するサムシング・セクシーなプレイにに出会うことになる。  Yearnin'(6:20)、P.Chambers(B)とB.Evans(P)でテーマが提出される。  合奏で繰りかえされ、E. Dolphy(As)の想わず瞠目する迫真のプレイに出会う、F.Hubbard(Tp)の息の長い放射・無駄なテクニックのひけらかし。  B.Evans(P)の底知れぬ魅惑・華麗なプレイが再び登場。  Butch And Butch(4:35)、バップ風、O. Nelson(Ts)のシンプルにして、実に味わい深いブローイングにとても嬉しくなる、何処か日本の謡を想わせる。  E. Dolphy(As)の背骨からブローイングする妖しいサウンドに、ゾクッとさせられる。  Teenie's Blues(6:31)、P.Chambers(B)によりズン~*ズン~*、テーマが提出される。  E. Dolphy(As)の火の出るような圧倒的な先進のブローイング、天空をすばしこく飛翔する龍が出現する。  またもやO. Nelson(Ts)のシンプルにして、実に味わい深い・実験的美の探求の動機が露出したブローイングにとても嬉しくなる。  B.Evans(P)の何気ないようにも見える、妖しいインプロヴィゼーション美が放たれる。  F. Hubbard(Tp)、E. Dolphy(As,Flt)、O. Nelson(As,Ts,Arr)、G. Barrow(Bs)、B. Evans(P)、P. Chambers(B)、R. Haynes(Ds)、Release Date:Feb 23, 1961。

♯♭♪ (*^.^*) : Kodály, Zoltán 1/ ☆□You Tube Search :     Cello Solo Sonata -1 -2 -3 -1 -2 -3 -1 -2 -3 -4 Psalmus Hungaricus, op. 13 -1 -2 -3 Hary Janos -1 -2 -3 -4, -3 -5 Intermezzo Romance Lyrique Öregek Adagio for violin and piano 1 Nights in the Mountains -1 -2 -3 -4 -5 Dances of Galánta -1 -2 Four Italian Madrigals

♯♭♪ (*^.^*) : Don Sebesky 0 1/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   117 Specia Samba with some Barbecue SLittle Train I Remember Bill Concierto de Aranjuez Catavento Trust in Me Emily Early Autumn Moon Dreams Vocalise Psalm 150 1 Skylark Recuerdos de Ayer Avalon Nature Boy Sounds Of Silence The Rape Of El Morro Love Is A Night Time Thing Aka Road Song Scarborough Fair The Innkeeper's Wife Take Ten MORNING STAR TAKE THE A TRAIN Fly / Circles Semi-Tough Yesterday's Dreams Water Brother The Word  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Holger Czukay 1 2 / ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Holger Czukay * Bankel Rap Persian Love 0 2 3 4 Oh Lord, give us more money hollywood symphony Full circle Mystery (r.p.s. n°8) 1 Witches' Multiplication Table 1 HOW MUCH ARE THEY ? 1 Smoke  Hiss 'N' Listen Ode to Perfume 1 music is a miracle Cool in the Pool 2 Fragrance High Quality Where's the money  Two Bass Shuffle Flux and Mutability Mutability Music in the Air Smoke Jaki Liebezeit Cologne 2002 Orbit Soul Slime Dive Elefantenhochzeit. Am Sonntag.. Saturday Night Movie Good Morning Story Hey! Ba-Ba-Re-Bop Let's Get Hot Live Germany 97 -1 -2 Jah Wobble Teddy Spoon  nPhotoSong Dark Moon the spiralling of winter ghosts Twilight World 1 2 Steel Lotus Menetekel Nachbar plight + premonition Blessed Easter The East Is Red Kapsalon Ali 2 at The Roundhouse Oh Yeah The Can Can 1 Boat Woman Song 1 2 Photo Song Mushroom Red Guitar Steel Lotus Der Osten Ist Rot Das Massen-medium Mushroom The Roundhouse, 2009 The Can - Rite Time Special -1~ Canaxis 1969 -f Talk


nice!(165) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3823

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -74(ストリートビュー)スペイン -シェバント(ストリートビュー)

   バミューダ諸島 -25

雨の日の釣り師-3823

以前何かが海面に着水し陸に這い上がったり、勢い良く斜面を滑走着水、空に昇ったのだろうと察しが付く。  その斜面にきっと仲良く対になった、明るい原色を気ままに塗った木造船が何隻も休んでいる。  後部に右から○○丸と立派な文字で描かれ、浅い四角形の見上げる大きさ。  ずらりと並んだ対の漁船をつぶさに見て回る。  搭載されおるエンジンを想像させる煙突や、ペンキの色、手入れのありさま、あっという間に時間が過ぎる。

♯♭♪ (*^.^*) : Oliver Nelson 0 1 2 3/ Screamin' the Blues  :     ジャケットは、O. Nelsonの演奏中の上半身、黄緑と黒。  *以外は、O. Nelsonの曲、Eric Dolphyの機知、独創的な発想が期待できる。  Screamin' the Blues(10:59)、合奏で雄大なテーマが提出される、Richard Wyands(P)の良く楽器を鳴らした開放感いっぱいのプレイに続き、O. Nelson(Ts)のたゆたうような実にのびのびしたブローイングはとても気持ちがいい、ホールにいい残響を残す、Richard Willims(Tp)のハイトーンは目眩く放射を放つ。  E. Dolphy(Bcl)の野獣の咆吼のようにうねるダイナミック、すばらしい!発想が聴ける。  George Duvivier(B)のソロから合奏に移る、スリリングな展開を経てコーダ。  March on, March On*(4:59)、George Duvivier(B)のソロからよく解けあったサウンドの合奏でテーマが提示され、Richard Willims(Tp)のハイトーンは目眩く放射を放つ。  O. Nelson(Ts)のそぞろ歩きのようなのびのびしたブローイングはとても気持ちがいい、E. Dolphy(Bcl)の見事な発想の咆吼があり、合奏で繰り返し完。  The Drive(5:48)、O. Nelson(As)のしなやかなブローイング、とても流麗な演奏で新鮮なテーマが提示される、ichard Willims(Tp)のハイトーンは目眩く放射を放つ。  E. Dolphy(Bcl)のすばらしい発想・圧倒的なブローイングに嬉しくなる。 O. Nelson(As)のしなやかなブローイングの心地良い合奏の響きが融けあいコーダ。  The Meetin'(6:43)、憂愁感のあるシンプルテーマが合奏で提出され、Richard Willims(Tp)のストレートなソロ。  E. Dolphy(Bcl)の胸の透くような見事なブローイング。  O. Nelson(Ts)のストレートで伸びやかな・実にいい味わいのブローイング、合奏のオブリガートでフェイドアウト。  Three Seconds(6:25)、シンプルで変わったテーマが繰りかえし演奏される。  E. Dolphy(Bcl)の自由奔放な・胸の透くような見事なブローイング。  Richard Willims(Tp)のミュートでのソロ。  O. Nelson(Ts)のストレートで伸びやかな・実にいい味わいの卓抜な展開・ブローイングに感心する、Richard Wyands(P)がポロポロと演奏。  E. Dolphy(Bcl)の自由奔放な・胸の透くような見事なブローイングにホーンが絡む、さらにO. Nelson(Ts)のしなやかなブローイングがいい調和で響き合う。  Alto-Itis(4:58)、速いテンポ、O. Nelson(As)でテーマが提示される。  E. Dolphy(Bcl)の意欲満々、目眩く発想のブローイングに圧倒される。  O. Nelson(As)のしなやかなブローイング、とても流麗な素早い展開・演奏で嬉しくなる、合奏になりコーダ。  O. Nelson(As,Ts)、E. Dolphy(Flt,Bcl,As)、Richard Willims(Tp)、George Duvivier(B)、Richard Wyands(P)、Roy Haynes(Ds)、Release Date: May 27, 1960。

♯♭♪ (*^.^*) : Janácek, Leos 1/ ☆□You Tube Search :     Sinfonietta -f -1 -2 -3 -1 -2 -3 Taras Bulba -1 -2 -3 -1 -2 -3 Glagolitic Mass -f -1-1 -2 In The Mists -1 -2 -1 -2 String Quartet no.1 -1 -2 no.2 -1 -2 -3 -4 Piano Sonata 1-1 -2 1 Pohadka -1 -2 -3 "Jenufa" at the Bavarian State Opera, Munich On the Overgrown -1~ The Cunning Little Vixen -1 -2 Brothers Quay -1 -2 Vec Makropulos -1~ 。

♯♭♪ (*^.^*) : Don Pullen 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Yamani's passion Ode To Life Kele Mou Bana Poodie Pie The Sixth Sense Listen To The People Silence Equals Death Serenade for Sariah Mr Smoothie Song From The Old Country We've Been Here All The Time Richard's Tune Forever Lovers Saturday Night In The Cosmos The Necessary Blues Trees and Grass and Thangs City Gates God has smiled on me Intentions 1 2 Soft Seas Earth Beams Dionysus The Duke Ellington's sound of love Unknown Blues Richard's Tune Payday Blues Fables of Faubus Flower For A Lady & Chico Freeman Quartet 78 Roots The Necessary Blues-1 -2 -3 Song From The Old Country  D・ Pullen, G・ Adams Quartet Nilson Matta 2 Charles Mingus- Flowers For A Lady (1974) Goodbye Pork Pie Hat  full album* :  。

♯♭♪ (*^.^*) : Grateful Dead / ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Grateful Dead * From the Mars Hotel It Hurts Me Too So Many Roads 1 Morning Dew He's Gone Big Railroad Blues Hell In A Bucket Franklin's Tower Truckin' St Stephen Ripple Birdsong Peggy Viola Lee Blues 1


nice!(167) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3822

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -73(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -5(ストリートビュー)

   バミューダ諸島 -24

雨の日の釣り師-3822

大きな鍋で煮たったコールタールを染み込ませた漁網、麻色と白のバッチ網が綺麗に畳まれて置かれている。  中に踏み込むと不思議な凛とした、落ち着きの気持ちが興るので好きである。  その前に広いコンクリート広場が拡がり漁網が干されている。  広い碁盤に曳かれた線、コンクリートの繋ぎ目に草が生えてる。  バイシュクルでズンズン踏み倒し、暗くなると還る。  強固なコンクリートの白い広場は緩やかな斜面となって海に潜り込んでいる。

♯♭♪ (*^.^*) : Oliver Nelson 0 1 2 3/ Meet Oliver Nelson  :     ジャケットは、太いストライプのシャツ、俯きかげんの笑顔、坊主頭。   O. Nelson(Ts)の初期のリーダーアルバム、K. Dorham(Tp)やRay Bryant(P)のすばらしい!プレイも随所に。  Jams & Jellies(7:03)、O.Nelson(Ts)のとても渋い内省的なブローイング、シンプルなおっとりした展開を見せ、安堵と小気味よいカタルシスを分泌させる。  R.Bryant(P)は華麗にして明快なタッチ、K.Dorham(Tp)の渋いトーン・ストレートな放射が心地良い。  合奏で心地良いサウンドが構築されコーダ。  Passion Flower(6:51)、深い眠りから目覚めるような・うつらうつらするありさまを想わせる。  O.Nelson(Ts)のシンプルにしてストレートなインプロヴィゼーションは、スリリングにして予期せぬ運びであり、やはりとてもすばらしい!。  Don't Stand Up(3:44)、快活なテンポで始まる、ユニゾンでシンプルテーマが提出される。  K.Dorham(Tp)の渋い展開を経て、O.Nelson(Ts)のシンプル・ストレートに聞こえるインプロヴィゼーションは不思議な魅力がある。  Ostinato(5:31)、小気味よいメロディー、K.Dorham(Tp)が提示しそのまま展開に移り、A.Taylor(Ds)の軽快な推進でたっぷり放射。  R.Bryant(P)のソロを経て、O.Nelson(Ts)のとても溌溂とした渋いブローイングはシンプルなおっとりした印象を見せ、開放感と安堵に包まれる。  よろこびに溢れた合奏で昂揚しコーダ。  What's New?(6:53)、O.Nelson(Ts)のゆったり・朗々・のびのびしたブローイングで開始、漂泊するような魅惑に包まれる。  K.Dorham(Tp)の渋い・落ちついた放射がとてもいいテンポで展開される。  R.Bryant(P)のソロは、回想するような憂愁が漂い、O.Nelson(Ts)のシンプルな内省的なブローイング、ホーンのオブリガートの生み出すサウンドはとても美しい。  Booze Blues Baby(6:32)合奏でテーマの提出があり、O.Nelson(Ts)の力溢れる・のびのびしたブローイングは心地良い。  K.Dorham(Tp)の渋い・開放感溢れる放射がとてもいいテンポで展開される。  R.Bryant(P)のソロはブリリアントなリッチな独得のタッチで、華麗に繰り広げられる。  合奏になり次々にソロを披露しコーダ。  K. Dorham(Tp)、O. Nelson(Ts)、Ray Bryant(P)、Wendell Marshall(B)、Art Taylor(Ds)、Release Date: Oct 30, 1959。

♯♭♪ (*^.^*) : Ippolitov-Ivanov 1/ ☆□You Tube Search :     Symphony Nº1 in E minor,Op.46(1908) 1 Caucasian Sketches Suite No. 1 No. 2 'Iveria' Caucasian Sketches op.10 : In a Village 1 In a Mountain Pass Arabian Horses Il favoloso oriente Caucasus Mountains Kolyma's Lament Turkish march Opus 55 Varduhi Khachatryan : Aram Khachaturian Oda Radosti Russian Choir Music Suite: Bocetos Caucásicos

♯♭♪ (*^.^*) : Don Moye 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫Top Tracks* Famoudou Don Moye Solo Oasis At Dusk 2014  Sun Percussion Volume One The Leaders: Sun Precondition One "Egwu Anwu" (Usa, 1978) de Joseph Jarman  Baba Sissoko (USA/Mali). APositsia - X, 2014, Saint-Petersburg, Russia  New York Organ Ensemble - Jazzwoche Burghausen Sun Percussion Summit & More - Just My Imagination  Wahoo Milano Strut "Ornettology" "Run Run My Crazy Heart" "Love Is a River Without Banks" Extract of the suite Bars  Pomigliano Jazz Festival 2009 "Fancy Pants" Life is Live vol50 SPECIAL  au Roll'Studio. 21 janvier 2012 Live in Milan 1979 "Bellina" "Muzkonstructor",  2013, St.Petersburg, Russia Eric Dolphy's 245

♯♭♪ (*^.^*) : Grace Jones 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Grace Jones * 1 Grace Jones & Pavarotti-Pourquoi me reveiller 1 A Christmas Story Am I Ever Gonna Fall in Love.. Love Is The Drug 1 Libertango 1 2 3 4 Slave To The Rhythm 0 1 2 Performing Nipple to the Bottle


nice!(160) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3821

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -72(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -4(ストリートビュー)

   バミューダ諸島 -23

雨の日の釣り師-3821

たちまち蔓に絡みつかれ、動けなくなり目の前がくるっと一回転する“そよぎ”を感じた。  それは色褪せながら藤の薄紫の、むずむずする花弁の匂いの房を伴い、季節が巡る毎に幾度となく甦えった。  きっと司令部の置かれた建物だったのだろう!、見上げるような玄関に立つとひんやりとして静謐に包まれる。  今は扉などが一切ない、鏡面の大理石の床やいくつかの部屋?に褐色と深い緑の2種類のガラス浮きがころがっており。

♯♭♪ (*^.^*) : Oliver Lake 0 1 2 3/ Ntu: The Point from Which Freedom Begins/ PA-6071/ LP    :     ジャケットは、闇に包まれた空間に煌めく発光、漂う細長いジュンサイ、炸裂する燦たる光輝、燐光を放つキノコ、這いまわるアーク。   R&Bとフリー・フォームの2面がとても危うく・絶妙に混在するO・レイク、レンブラント風極彩色のサウンド、なんとも感性の要諦を直撃してくれる魅力的な作品。  ”Ntu”、ウンツウ(スワヒリ語)、始まりの意。  O・レイクの内省に潜むリリシズム・詩情が、燦たる絢爛で見事に結実している。  瞠目すべき斬新にしてしたたか、ヒューマンに覆われている、そしてインテリジェンスに溢れた・端正な・洗練された曲想にとても満足。  Africa、リトゥルインストゥルメントに散りばめられた、チャーミングな色彩の洪水で溢れかえっている。  絶えず甘美な・歓喜を押さえたベース、ユーモアを秘めたパーカッションらによる魅惑のR&B風リズムが明快に、グングン、滔々と静謐を湛えながらワクワク推進する。  『クワッ …*、クワッ …*、…*』、空を駆けるニワトリ。  「闇の絵巻」(梶井基次郎)の漆黒の世界。  よく伸びたハイトーン、ホーンの遠吠え・余韻、色彩の豊かな丸っこいラテンサウンドのピアノ、情熱と機知の目眩き・迸る卓抜な・洗練のフリー・フォームのリード(As,Flt,Ss,Small Instruments)。  Tse'lane、軽快・明快なテンポ、ヒューマンなサウンド、序曲風に始まる、やがてR・マーチン(G)の圧倒的なテクニック・洗練された機知・目眩く展開・なんとも勇壮・解放・広大・鷹揚に瞠目する。  屈託が無くのびのびとしており、タイトでなんとも心地良い、しかも感情の深い所を揺さぶり鼓舞、だから体の奥に隠れていた、一切の澱をさらりと洗い流してくれるようだ。  Electric Freedom Colors、とても痛快な、機知に富んだ、楽しい始まり。  『……やれやれ』とも聞こえる。  『……、タ……ン・タララ ……』  R・マーチン(G)の思わせぶりとも勘違いするような、圧倒的なプレイに目を瞠る。  パーカッションは歓びに驚喜の打ち込み、ベースは歓声を上げている。  Eriee、長い沈黙、魅力的なリトゥルインストゥルメントによる、奔放に想える絶妙の点描。  蓮池の水面をそっと覗くと遥か地底の方に、極彩色の悪ガキの金属弦の喘ぎが放つ、七色のアークの残像。  まさにジャケットの絵そのもの。  蜘蛛の糸(芥川龍之介)の宇宙、交響詩変化。  激しく上昇する光彩、長い余韻を引き延ばし飛翔する、水棲昆虫。  Zip、明快なユニゾンで開始、フリー・フォームによる圧倒的な充実、集団的美の秩序に向かって宮殿をあっという間に構築する。  O. Lake(As,Flt,Ss,Small Instruments)、B. Carroll(Tp,Small Instruments)、Floyd LeFlore(Tp,Small Instruments)、J. Bowie(Tb,Small Instruments)、Richard Martin(G)、J. Hicks(P)、Clovis Bordeux(EP)、Don Officer(EB)、Don Moye(Cng)、Charles Bobo Shaw(Ds)、Release Date:Jan 1, 1971。

♯♭♪ (*^.^*) : Ibert, Jacques 1/ ☆□You Tube Search :     Symphonie marine Concerto pour Flute Pièce for solo flute 1 2 Escales -1 -2 Rome, Palerme Valencia Tunis, Nefta Quatre Chansons de Don Quichotte Macbeth Suite Suite Elisabéthaine Golgotha Suite Ballade de la Geôle de Reading Diane de Poitiers Chant de Folie Ouverture de fête Divertissement Trois Pièces de Ballet La Licorne ou Le Triomphe de la Chasteté Bacchanale Les Amours de Jupiter Harp Fantaisie from "Six Pieces

♯♭♪ (*^.^*) : Don Cherry 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Don Cherry ♫Topic ♫ Top Tracks *   California Buddhas Blues Eagle Eye Surrender Rose Journey To Milarepa Mahakali Universal Mother Karmapa chenno 1 Brown Rice 1 Malkauns 1 Chenrezig Degi-Degi Bra Joe From Kilimanjaro Bra Joe From Kilimanjaro /Terry's Tune Togetherness & Blood Ulmer/Rashied Ali Old & New Dreams Band -1 -2 -3 -8 -9 -10 Janusz Muniak Quartet & Orphy Robinson duet & B. Ulmer,R. Ali Parco Lambro 1976 & Orphy Robinson duet & Sonny Rollins & The Sound Unity Festival Orchestra Moving Pictures For The Ear 1974  full album* : East -f Live at Empire Theatre, Paris 1979 -f Orient -f Eagle Eye Organic Music Theatre -f Free Jazz -f

♯♭♪ (*^.^*) : Genesis/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Genesis * 1 Snowbound Watcher of the Skies The Fountain of Salmacis Arkana Afterglow  Tell Me Why  For Absent Friends Carpet Crawler The Musical Box Harold The Barrel  Harlequin Your Own Special Way  Seven Stones One for the Vine  Blood on the Rooftops  Undertow Many Too Many Can-Utility and the Coastliners Home By The Sea A Trick of the Tail 1  Squonk In Too Deep Ripples Los Endos  Mad Man Moon Robbery, Assault and Battery  Dance on a Volcano The Musical Box  The Knife Firth Of Fifth Dancing with the Moonlit Knight Turn It On Again  That's All Hold On My Heart 1 Shipwrecked  Follow You Follow Me Mama 1 Grimes Invisible Touch 1 Congo Tonight, Tonight, Tonight Tell Me Why  Not About Us Jesus He Knows Me Turn It On Again  No Son Of Mine 1 Way of the world  Never a time Living forever  full album* : The Lamb Lies Down On Broadway -f Nursery Cryme -f Foxtrot -f Trespass -f A Trick Of The Tail -f


nice!(199) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3820

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -71(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -3(ストリートビュー)

   バミューダ諸島 -22

雨の日の釣り師-3820

背の高い草木が自由に繁茂似たような景観が広がり、居場所が分からなくような・ちょっとした迷子のような空間遊離が面白かった。  足下は一面に、粘りのある藤の蔓がびっしり這っている。  花をどうしても手折ることが出来ず、はがゆい想いをした。  初めて遠足に来た春、歩き回ってふとそのエキゾチックな南方風の景色が足下に広がっているのに気付いた。  たちまち蔓に絡みつかれ、動けなくなり目の前がくるっと一回転する“そよぎ”を感じた。

♯♭♪ (*^.^*) : Noah Howard 0 1 2 3/ At Judson Hall     :     いわゆるムーブメントの初期、模索ととてつもない自信の詰まった畢竟の作品である。  突き上げるようなエモーションと絶望の淵を覗いたことのある悲嘆が混沌としている。  じつに完成度の高い絶好調のフリー・フォームである。  今まで聴かなかったことを悔やむ、それほどのものである。  This Place Called Earth(18:19)、N・ハワードのリードは明るい・甘いトーン、燦たる野外の光輝に満たされた、緑の平原を、決して振り向くことなく、ズンズン渡る風であろう。  揺れるビブラート、一度耳にしたらたちまち深く心に浸み入り、思惟を揺さぶり、心地良いカタルシスを伴う。  脳裏から離れることなく、深く巣くってしまった憧れの念は募るばかり。  トランペットとのユニゾンはピタリ!とした印象の、精緻と端正から生まれる宇宙的な静謐さそのものであり、絶好調!。  ベースは、渋い慇懃なボーイングで、遠慮がちになんとも魅力的な感興をかき立ててくれる。  D・バレルのピアノは、澄明な真摯に満ちており、控えめなタッチは些かの無駄が無く、ゆったりとして豊饒である。  明快な響音は、くったくなく良く響きとても美しい。  全世界の圧にもがく若者達を励まし、救済するに違いない。  Homage to Coltrane(19:01)、ベースとチェロは、ボーイングで優しいメロディーを渋くて味わい深い響きで歌う。  妙なる叙情は極めて身近な、現実な安息・平静である。  明快なパーカッション、陽気なテンポで胸を張って歩む。  トランペットが余裕たっぷりの放射、味わい深い世界的普遍性の美を繰り出し、倦まず喜々として放射し続ける。  チェロの助奏は絶妙の色香を吐露し続ける。  熱い歓喜ののたうつリズム部門、N・ハワードは渾身のパワフルなフリー・フォームブローイング、とても魅力的なヴォイス、ハスキーな絶唱にも似た、ヒューマンなカタルシスそのものである。  Noah Howard(As,Bells)、D. Burrell(P)、Ric Colbeck(Tp)、Norris Sirone Jones(B)、Catherine Norris(Cello)、Robert Kapp(Prc)、Release Date:Jan 1, 1966。

♯♭♪ (*^.^*) : Hovhaness, Alan 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Alan Hovhaness   Symphony no.1  no.2  no.22 no.39  no.50 no.53 -1 -2 -3  no.63  no.66 Saint Vartan Symphony Celestial Fantasy Alleluia and Fugue op. 40b Meditation on Orpheus op. 155 The Rubaiyat Upon Enchanted Ground Magnificat -1 -2 -3 -4 Easter Cantata -1 -2 Prayer of St. Gregory Anahid -1 -2 Shalimar, Suite op.177 -1 -2 Harp Concerto -1 -2 -3 -4 Three Fantasies for Brass Trio Elbiris Haroutiun Hercules, Stankov Ensemble 。

♯♭♪ (*^.^*) : Donald Byrd 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *  Fuego 1959  Lament Funky Mama  The Third Dig Tanya with Strings- September Afternoon Fly Little Bird Fly  Donald Byrd & Gigi Gryce. Jazz Lab Quintet.  Night Flower (1961)  Hush Curro's Eldorado  Hank Mobley Sextet  and Stan Getz, in Fontessa Live in Germany, 1957  Donald Byrd quintet Cannes 1958 The Cat Walk Wind Parade  Cristo Redentor Polka Dots and Moonbeams WINTERSET Out of this world Curro's The blues walk Paul's Pal Flute blues House of Chan Jeanine Jazz Lab Quintet Distant Land Cristo Redentor Eldorado Blackjack Gate City Lex Carlol My Girl Shirl Child's Play Soulful Kiddy Bo Three wishes A City Called Heaven Jeannine At The Half Note Cafe -2 Wild Life  Places and Spaces Lanasana's Priestess   full album* :  Donald Byrd Quintet-Live at the olymplia 1958 & Gigi Gryce. Jazz Lab Quintet -f  At The Half Note Cafe, Vol. 2 (1963/2015)   full album* : 。

♯♭♪ (*^.^*) : Frank Zappa / ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Frank Zappa * 0 Oddients in Tundra Inca Roads guitar solo Flakes I'm the Slime 1 SY BORG Trouble everyday Inca Roads 1 2 3Thirteen -1 -2 Dirty Love Flakes The perfect stranger Black Napkins Joe's garage Wind up Workin' in a Gas Station He's So Gay  Torture Never Stops Black Napkins A Solo From Heidelberg Yo' Mama 1 Toads Of The Short Forest Didja Get Any Onya?  Guitar Wants To Kill Your Mama Oh No / Orange County Lumber Truck Advance Romance Carolina Hardcore Ecstasy Never Stops 1 -1 -2 Peaches En Regalia The Deathless Horsie What's New In Baltimore? San Ber'dino  BOBBY BROWN Cosmik Debris Treacherous Cretins guitar jam in the UMRK Pick Me, I'm Clean Easy Meat guitar solo City Of Tiny Lites A Pound For A Brown guitar solo Watermelon In Easter Hay Montana guitar solo The Yellow Shark- Overture Rat Tomago COSMIK DEBRIS muffin man & Steve Vai Plays RDNZL City Of Tiny Lites The Grand Wazoo Village of the Sun Muffin Man IMAGINARY DISEASES Occam's Razor Sexual Harassment in the Workplace Don t Eat The Yellow Snow Fine Girl Black Napkins Your Mouth MONTANA Approximate Steve Vai about Shut Up 'n Play Yer Guitar Dancing Fool The Torture Never Stops Whippin' Post Watermelon In Easter Hay Black Napkins Yo' Mama Stink-Foot Montana Fifty-Fifty  full album* :


nice!(162) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3819

 

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -70(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -2(ストリートビュー)

   バミューダ諸島 -21

雨の日の釣り師-3819

ぐるっと周りの道路沿いに掘りのように河が流れ、覆い被さるように程良い配置に松が植わっている。  端正な抑制が効いた枝の張り具合に、当時の入念な手入れの痕跡を伺うことができる。  きっと、鉄筋の数とその太さ、コンクリートの厚みが解体を遅らせたのだろう!?。  晩秋、良い風に誘われて頻繁に出掛け探検した。  防空壕後や不思議な紫の水を湛え、底が深くて解らないプールのような怖い物があった。

♯♭♪ (*^.^*) : Muhal Richard Abrams 0 1 2 3 4/Streaming   :     AACMのメンバー、M.R.Abrams(P,Prc,Bell)、R.Mitchell(Reed)、G.Lewis(Tb)の3人による、インプロヴィゼーション、フリーJazz。  曲作りに際し、なによりもまずまずメロディーラインを第一に、響音は点描のように記されていく。  そして時系列にある響きは瞬く間に消える・イメージも消滅する定め。  一瞬一瞬の刹那にのみ存在が許されている。  荒野や廃墟を吹き抜ける風音がホーンやリードの超絶技法で制作、提出される。  Scrape(10:02)、ホーンとリードのさまざまなサウンドの断片を投げ合うような、愉快でもある明るいインプロヴィゼーション。  リードの軋むようなテンション、笑いカワセミの巨大化したホーンの哄笑。  ピアノの地を這いゴン!ゴン!、ドロ~*ドロ~*した憤怒らしきもの。   これらが牽制し合い素早く呼応し、厳しく迫り共和を図り、発止!とみごとなテーマを投げ合う。  ピアノが登場、壮烈な夕焼けを浴びて立つ、憂愁を帯びた宮殿を吹き抜ける窓は閉じられ、見下ろしていた外界、天空は次第に無彩色に浸食されていく。  Bound(11:02)、果てしない遠くからはるばる、長い尾を曳きたなびきやってくるような、なんとも安堵感のあるサウンド、これはホーンやリードの超絶技法によるもの。   荒野を歩き散策するようなよろこびがあり、とても魅惑に満ちた風が吹いている。  とても充実した探険を成し遂げた後のような、極上のカタルシスが分泌される。  Dramaturns(18:27)、素早い演奏のホーンとピアノが、めいめい自由なメロディーを矢継ぎ早に投げだし展開し、巨大な建造物の構築に勤しむ。   殆ど休むことがない、セシル・テイラーを想わせる素早い・明快な演奏もある。  ユニゾンのような煽動が押し寄せ、呑み込んでしまう。  轟々たる渦流のなかでピアノが奮闘しいる、やがて気流渦が起こり一切の憤怒、野心、絶望、妄想、諦観、怠惰を吸い上げ、天空に運んでいってしまう。  目の前の事変を回想するピアノとホーンは、とてもいい疲労を解し満足げ。  Soundhear(16:36)、極低弦のゴング風で始まる、カン!カン!、チリン~*チリン~*、ガラン~*ガラン~*、リトゥルインストゥルメントが打ち鳴らされる。  猛獣の欠伸、咆吼、鳥のさえずりに包まれた樹林が出現する。  ドロ~*ドロ~*、ゴロ~*ゴロ~*、グワン~*グワン~*、重機の通過があり、雨上がりのような爽快、突き抜けた明るさに包まれる。  Streaming(17:34)、目眩くピアノの滑走で開始される、リードやホーンがてんでにとてつもなく自由に、集団的美の宮殿の構築に勤しむ。  倦まず何かしら響音・楽音・サウンドが鳴り響き全く休止がなく、それは休止を禁じられた定めの“生命の営み”がある。  渾身の働きを続けるので呆れ果ててしまう。  Muhal Richard Abrams(P,Prc,Bell,Bomboo flt,Taxi horn)、R. Mitchell(Reed,Prc)、G. Lewis(Tb,laptop)、Release Date:Oct 10, 2006。

♯♭♪ (*^.^*) : Honegger, Arthur 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Honegger, Arthur Pacific 231* 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 Judith Cantique de Pâques Pastoral d'eté 1 2 Rugby Sinfonia no.1 -1 -2 -3 Symphony no.2 -2 -3 Symphony no.3 " Liturgique" -1 -2 -3 -4 -5 -1 -2 -3 Symphony no.4 "Deliciae Basiliensis" -1 -2 -3 -4 Symphony no.5 Serena Perego Prélude pour Aglavaine et Sélysette Suite archaïque Sinfonia N.5 "Di Tre Re -1 -2 -3 Pastorale d'été Rugby Christoph Colomb Les Mille et une Nuits Une cantate de noël -1 -2 Concertino for Piano and Orchestra 1 Concerto per violoncello e orchestra La Danse des Morts -1 -2 Une Cantate de Noel -1 -2 -3 Cello Concerto -1 -2 String Quartet n.2 -1 -2 -3 Souvenir de Chopin Danse de la Cherve for solo flute 1

♯♭♪ (*^.^*) : Django Reinhardt 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Django Reinhardt ♫Topic ♫ Top Tracks *   Honeysuckle Rose -f Tricopter Onboard Bei mir bist du schön Echoes of France La Mer Rose Room Undecided St. Louis Blues Don't Worry About Me Beyond The Sea Montmartre Stardust Aquarela do Brasil I'll See You In My Dreams Deccaphonie Nuages Liza My Serenade Mafia Soundtrack Belleville Cavalerie The Sheik of Araby Nagasaki Honeysuckle Rose Sweet georgia brown Jazz Guitar Genius Swing Guitars | Nuages Minor Swing The Stray Gypsies Minor Swing Django Reinhardt Django Reinhardt Festival 2006 〃2007 Samois 2007 Day -1 -2 -3 -4 Memorial 2007 Legacy Day One Improvisation  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : The Flying Lizards 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for The Flying Lizards * 0 Money 0 1 2 3 4 Her History Flicker 1 Mandelay Song  Summertime Blues 1 Move On Up 1 What's new Pussycat 1 Hands 2 Take Another Story 1 Russia Flesh And Steel Trouble Tube Lovers and other Strangers Then He Kissed Me New Voice A Train Miss Lizzy An Age Steam Away Tears Whole lotta shakin' Sex Machine  Portugal  Chic Pix All Guitars Great Balls Of Fire Wind Glide/Spin Cake Great Balls Of Fire 1 In My Lifetime Hands 2 Take Get up (Sex Machine) 1 2 Tutti Frutti TV Lost and Found Dizzy Miss Lizzie 1 Cirrus SINTES What's new Pussycat Tutti Frutti 1 Whole lotta shakin' 1 2 Suzanne 1 Flesh And Steel Tears And Then He Kissed Me And Then He Kissed Me Tube 1 Fourth Wall  -f | STILL YOU 1


nice!(163) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3818

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -69(ストリートビュー)スペイン -フェルメンテラ島 -1(ストリートビュー)

   バミューダ諸島 -20

雨の日の釣り師-3818

かってはそこがなにかの玄関らしきものであったのだろう。  ゲート跡らしきものがあるが、そのままズンズン進むことが出来る。  直進すると、黒く見える窓が幾つもある、四角の建造物の正面につながっている。  遠くから黒い松の帯の切れ間に覗く、他を威圧する大きさの灰白直方体。  近づくと何処からでもその位置が知れる。  目にする度に、威圧感がちょっと嫌な気分にさせる。  ツルツルの大理石の床ととても厚い壁、荒涼としてヒンヤリとても広い。

♯♭♪ (*^.^*) : Muhal Richard Abrams 0 1 2 3 4/The Visibility Of Thought    :     チャールズ・アイヴィスアーノルト・シェーンベルグなどの現代音楽を想わせる、ゆっくりと進行する静かな、厳かさもある作品。  フリージャズの珠玉、これ聴かずして何がFreeJazzなん!?。  何時しかドップリと吹き抜けるそよぎの、まっただ中の己を発見し嬉しくなる。  幾度となく聴く度に、新鮮さでもなく、懐かしさでもない、魅惑がある。  何時も新しい感動があり、カタルシスが分泌されるようであり、Darjeeling)のような芳香を想わせる。  Duet For Contrabass And Piano(6:02)、コントラバスとピアノのデュオ、大きくうねり振りかざすボーイングは伸び伸びしてて快活、実に気持ちがいい。  Joseph Kubera(P)は、深い思慮を湛えヒラヒラと飛翔するように軽やかな打弦、双者は干渉せず全く無頓着な風であり、そして提出されるサウンドはメロディーがとても美しい、心地良い余韻に包まれる。  Duet For Violin And Piano(10:03)、Mark Feldman(Vln)が先ず軽やかに屈託無く歌い出す、Joseph Kubera(P)が底弦で呼応、しだいに魅力的なメロディーを奏でる、ちっとも重苦しくない荘厳に包まれる。  Mark Feldman(Vln)は実に流麗且つ堂々と悠々と大きな建造物を構築する。  明快な溌溂とした心地良い達成感に似た余韻がある。  Baritone Voice And String Quartet(10:40)、Thomas Buckner(Brt)は歌詞無しのヴォイスを歌う、弦楽四重奏とは独立したメロディーに聞こえる。  揺るぎない構築美、自由闊達な奔放の魅力があり、ずっと聴いていたい欲望に襲われる。  Piano Duet #1(10:49)、Phillip Bush(P)と、Joseph Kubera(P)が目まぐるしくインプロヴィゼーションを繰り広げる、自由闊達であり、淀みなく提出されるメロディー・音列は些かも油断が無く、自然な甘美に覆われており、鬱屈感は皆無である。  The Visibilty Of Thought(5:15)、Muhal Richard Abrams(Syth)の演奏、想いも付かない散歩の楽しみ、突拍子もない遊びの発明が、積極的に唐突に提出される。  エジソンが音楽家ならさもありなんと想わせる、驚きの連続である。  サウンドは”おもちゃ箱をひっくり返した!”態の如く微笑ましく、油断も隙もないのです。  Piano Improvisation(29:22)、Muhal Richard Abrams(P)の演奏、淀みなく止めどなく、一瞬たりとも静止・息吐くことが無い。  流麗闊達にして深山幽谷の雫を掌で感じ、渓風を首筋で楽しむ如し。  他に類を見ない個性・サウンド・音楽である、これは意図的ものであるだろう。  提出形態は、インプロヴィゼーションではあるのだが、スコアーは既に存在すると想われる、隠され容易には発見できぬ、メロディーラインを第一に、点描のように音像を完成させ、一瞬にして消え新たに制作される。  そしてふいに”魂の置き所を奪われる”Muhal宇宙に囚われるんだ。  まったくとんでもない荒野の凸点からしずしずと始まり、あれよあれよと言うまもなく、屹立した情念のさざ波・思惑のうねりが押し寄せ、たちまち目眩くメロディーの自在さ・柔軟さに瞠目する。  第一、Warp先は常に響き渡り眠らず、些細なメロディー生成・制作・提供の滞ることがない。  どうやら、サウンドよりもメロディーラインに重大感心が払われておる、散々に発明品を撒き散らし流れる旋律絵巻は、弛まず・倦まず歩む。  天上的な広がり・展開・躍動・跳躍・Warp宇宙に捕らわれてしまう、その形容・言語での発表はひどく困難。  強いて申せば、音と音の間の休憩空間の猶予のみであり、それは進行中の旋律の中にある。  3次元の休止、とでも!?。  この旋律の螺旋構造、DNA構造のように長大。  構築される情景は宇宙の形をしており、目に見える形で表わし難い。  そして誰もがなしえなかった音楽美は流麗な流れの停止とともに、跡形もなく時空に霧散してしまう。  Muhal Richard Abrams(P,Syth)、Phillip Bush、Joseph Kubera(P)、Dorothy Lawson(Cll)、Jon Deak(DblB)、Mary Rowell、Mark Feldman(Vln)、Thomas Buckner(Brt)、Release Date:Mar 1, 2001。

♯♭♪ (*^.^*) : Holst, Gustav 1/ ☆□You Tube Search :     The Planets  : -f -f -f -f -f -Mars 1 2 3 -Venus 1 2 -Mercury 2 3 -Jupiter 4 7 -Saturn 2 3 -Uranus 1 2 3 -Neptune 1 2 3 The Lure Choral Hymns from the Rig Veda First Choral Symphony, op. 41 -1 -2 -3 -4 -5 -6 Symphony in F major op. 8 -f -1 -2 -3 -4 Suite no. 1 First Suite in Eb 1 Second Suite in F 1 The Morning of the Year -1 -2 The Lure A Somerset Rhapsody Egdon Heath Beni Mora -1 -2 Invocation A Somerset Rhapsody Ballet Music from The Perfect Fool op.39 The Golden Goose -1 -2 Brook Green Suite -1 -2 -3 Wind Quintet op.14 -1 -2 A Moorside Suite 'Nocturne' Scherzo Terzetto I Love my Love In The Bleak Midwinter First Choral King Estmere -1 -2 Capriccio The Lure Egdon Heath A Moorside Suite A Fugal Overture Walt Whitman Overture Invocation This have I done for my true love The Wandering Scholar Four Part-Songs The Morning of the Year -1 -2 Ballet Music from The Perfect Fool Lyric Movement A Fugal Concerto Ode to Death Beni Mora -1 -2 A Somerset Rhapsody 1 Double Concerto -1 -2 The Evening Watch A Dirge for two Veterans The Golden Goose -1 -2 Hymn to Dionysus The Cloud Messenger -1 -2 -3 -4 -5 Hammersmith Psalm 86 Savitri Choral Fantasia -1 -2 -1 -2 My Sweetheart's Like Venus

♯♭♪ (*^.^*) : Dizzy Gillespie 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫Topic ♫ Top Tracks *   Bebop 0 1 2 3 Toy Umbrella Man Unicorn (1977) A Night In Tunisia Live 81  Salt Peanuts Dizzy Gillespie Quintet-(Jazz 625) 1966.  Charlie Parker and Dizzy Gillespie Hot House 1951  Salt Peanuts Tin Tin Deo 2 3 Calidoscopico Goodbye Mr Evans My heart belongs to daddy All The Things You Are A Night In Tunisia 1 2 3 Ray's Idea 1 Ow! Lover come back to me Things to Come dizzy's blues Oop- Bop-Sh'Bam Groovin High The United Nation Orchestra-1 -2 -3 -4 -5 -6 -7 -8 -9 -10 Round About Midnight school days Just Tippin' In Jambo Caribe di Gio Co One Note Samba Closer | Be-bop If I Should Lose You Parker's mood Night In Tunisia   full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Feist 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Feist * 0 1 2 New Torch So Sorry Inside and Out Safety Bricks Gatekeeper Sea Lion Woman Monarch Lonely, Lonely The Build Up Brandy Alexander 1234 1 2 I feel it all One Evening Honey Honey Mushaboom When I Was A Young Girl


nice!(157) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3817

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -68(ストリートビュー)スペイン -イビサ島 -Punta Ses Palmador(ストリートビュー)

   バミューダ諸島 -19

雨の日の釣り師-3817

潮は途轍もなく深く藍色。  渺々とした荒涼感は、何度想い出しても色褪せないで、深まるばかり。   砂州は西方に括れ入り江を作る。  漁港があり、遠浅の干潟が拡がり、潮干狩りをやるところ。  頑丈な見上げるように高くて広い旧?軍道が、砂州に広がる田圃の西を北に向かって貫いている。  旧海軍の遺産である。  これが西に括れてそのまま進むと海に落ちるが、両側に太い門柱の入り口らしき処に出くわす。

♯♭♪ (*^.^*) : Muhal Richard Abrams 0 1 2 3 4/ Blu Blu Blu/ 120 117-2   :     15名の気鋭のメンバーによる、M・R・エイブラムス(P,Tyth,Bell、Cndct)のスコアーに基づいた演奏。  フリー・フォームJazzの英気、エモーションを放つ、ヒューマニズム溢れる心暖たまる現代音楽。  空を渡るような遠い風音と暖かい微風に煽られる、明朗な空虚、あまりにも堂々として力に満ちた、微妙な優雅さの漂うたじろぎがあり、ためらいがある。  淡くてキラキラした夕方の散歩に出ると感じる、閑散と静謐を保つ界隈の緩やかな下り坂、心持ちはホクホクとして、何かウキ~*ウキ~*、パチ!パチ!弾けるささやかな歓喜、身震いするようなよろこびが、演奏されている。  Plus Equal Minus Balance(11:13)、チューバによる何かを期待させる、変幻自在な些か戸惑うメロディーが提出される。  このメロディーラインのとぎれることのない、”鮮やかな変化による戸惑い”は、全編に及ぶ。  めまぐるしい変容の後、リズム部門が4ビートでグングン推進する、リードやホーンで伸び伸びと展開される、鋭意に満ちた確固たる思惟・スコアに従って演奏される。  Cycles Five(7:55)、再びチューバが何かを期待させる、変幻自在なメロディーが提出され、J・Brandon(Whstl)を中心に展開される。  トロンボーンと木管が対位法的にアンサンブルを構築する、ビブラホンがたっぷりと展開する。  Bloodline(15:24)、J・Brandon(Whstl)とM・R・エイブラムス(P)の呼応で開始、ホーン部門が引き継ぎきっちり展開、ラグタイム風のワク~*ワク~*・愉快なリズムでホーンアンサンブルが躍動、ついでピアノが歌い、アンサンブルが歓喜に満ちたユニゾンを披露、リードのソロがあり、賑やかな饗宴が繰り広げられる。  トランペットの抑制と発散の発表があり、ホーンがとてもヒューマンなサウンド、ソノリティーを発揮、心地良いカタルシスを溢れさせてくれる。  P・Higgins(Bs)に続き、E・Ghee(Ts)のストレートなブローイング、再びP・Higgins(Bs)の卓抜なソロ、J・Brandon(Whstl)のソロと受け継がれる、T・Barker(Ds)の短いソロを経てコーダで終わる。  このアルバムの第一の聴き所。  Septone(6:32)、めまぐるしい・難解なメロディーがユニゾンで提示される、ベースとW・Smith(Timpn)でダイナミックに構築される宮殿、現代音楽を思わせる重厚なアンサンブルでたっぷり演奏される。  Blu Blu Blu(9:17)、ブルース、D・Fiuczynski(G)がメロディーを提出、E・Ghee(Ts)が圧倒的なブローイング、M・R・エイブラムス(P)のパワフルな打弦はすばらしい!、リードのたっぷりのブローイング、ホーンの咆哮・放射は海馬の野生・歓喜・雄叫び。  Petsrof(6:29)、ベルとトロンボーンで始まる、勇壮なサバンナの夕暮れである。  M・R・エイブラムス(P)の躍動するメロディー展開、フリー・フォームによる集団的美の絵巻が姿を表す、M・R・エイブラムス(Syth)による叙情的な締めくくり。  One for the Whistler(6:51)、E・Ghee(Ts)のストレートなブローイングによるたゆたい賛歌・感謝の心のありようがJ・コルトレーン風に発表される。  J・Brandon(Whstl)で渺々と流される、高層の白き刷毛跡・燦たる筋雲の気持ちが歌われる。  E・Ghee(Ts)が気持ちたっぷりに、カデンツアを歌い上げる。  Stretch Time(13:24)、J・Walrath(Tp)とP・Higgins(Bs)がメロディーを提出。  J・Brandon(Whstl)が歌い、M・R・エイブラムス(P)、Jack Walrath(Tp)と引き継がれる。  バスクラリネットで展開され、再びJ・Brandon(Whstl)が存分に展開する、J・Walrath(Tp)が存分にたっぷりと放射、M・R・エイブラムス(P)が流麗・洒脱なソロを聴かせる。  L・Horner(B)の明快な気持ちのいいソロがあり、T・Barker(Ds)の短いソロを経て、アンサンブルの絢爛たるフリー・フォームの饗宴、コーダで終わる。  Muhal Richard Abrams(P,Tyth,Bell、Cndct)、Jack Walrath(Tp)、Alfred Patterson(Tb)、Mark Taylor(Frhrn)、Robert De Bellis(As,Clnt,Bcl)、Eugene Ghee(Ts,Clnt,Bcl)、Patience Higgins(Bs,Flt,Clt)、Joel Brandon(Whstl)、Joseph Daley(Tuba)、Brad Jones(B)、John Purcell(Cl,Flt)、David Fiuczynski(G)、Lindsey Horner(B)、WarrenSmith(Vib,Timpn)、Release Date:Nov 9, 1990。

♯♭♪ (*^.^*) : Hindemith, Paul 1/ ☆□You Tube Search :    ♫ Play List -Hindemith, Paul   Symphonia Serena Symphonic Dances Lustige Sinfonietta op.4 -1 -2 -3 Mathis der Maler Symphony -1 -2 -3 -4 Symphonic Metamorphosis -1 -2 Symphonie "Die Harmonie der Welt" -1 -2 -3 -4 -5 -1 -2  -3 Symphony -1 -2 -3 -4 Pittsburgh Symphony -1 -2 -3 Concerto per orchestra op.38 Morgenmusik poème de Stéphane Mallarmé Drei Gesänge op.9 -1 -2 Die Vier Temperamente -1 -2 -3 Nobilissima visione Trauermusik Ottetto Das Nusch-Nuschi op.20 Langsames stück und Rondo Die Schopfung Konzertmusik op.48 Konzertmusik op.49 Konzertmusik op.50 Ludus Tonalis -1 -2 -3 -4 Sancta Susanna op.21 Mörder, Hoffnung der Frauen op.12 Der Schwanendreher -1 -2 -3   Concertino for Trautonium and Strings Concerto per pianoforte -1 -2 -3 Concerto per violino -1 -2 -3 Concerto per violoncello e orchestr -1 -2 -3 Concerto per tromba, fagotto e archi -1 -2   Heckelphone Trio op. 47 Sonata for Viola op.11 no.4 1 2 Sonata for Viola Solo op.25 no.1 1 no.3 no.4 Sonata for Solo Viola, op. 31, no. 4 A frog he went a-courting Eight Pieces for Flute Alone Piano Sonata no.1 no.2 no.3 Suite "1922" op. 26 -1 -2 Sonata per clarinetto e pianofort Sonata per fagotto e pianoforte Harp Sonata Sonata for four Horns 。

♯♭♪ (*^.^*) : Dinah Shore 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Dinah Shore ♫ Top Tracks * ♫Topic  Miss You I Get a Kick Out of You It Had to Be You Somebody Loves Me Orchids In the Moonlight  Smoke Gets In Your Eyes  Shake Down The Stars  It's Easy To Remember I'll Be Seeing You Golden Earrings All I Do Is Dream Of You I'LL BE SEEING YOU  End Of A Love Affair  East of The Sun ( And West of The Moon )  Someone To Watch Over Me You'd Be So Nice To Come Home To  Younger Than Springtime Tempting  A Cottage for Sale Easy to Love The Man I Love Skylark April In Paris I'll Be Seeing You I've Got You Under My Skin  My Funny Valentine I'm Your Girl  Autumn Leaves Tear Time  I'm Living In Two Worlds  I've Got My Eyes On You  It Had To Be YouDearly Beloved Then I'll be tired of you  Georgia On My Mind  The Nearness Of You   full album* :  

♯♭♪ (*^.^*) : Faith Hill/ ☆□You Tube Search :      ♫ The Hits for Faith Hill * 0 1 2 Wild One The Lucky One There You'll Be 1 2 3 But I Will Breathe Cry This Kiss You're Still Here The Way You Love Me 1 Mississippi Girl It Matters To Me Piece Of My Heart Let Me Let Go I Need You Take Me As I Am This Kiss I Can't Do That Anymore Let's Make Love Where Are You Christmas Just To Hear You Say That You Love Me 1 It's Your Love A Baby Changes Everything Love is the Foundation American Heart Let Me Let Go Meanwhile Back At Mama’s Lost Stealing Kisses Fireflies If You Ask The Secret Of Life Stronger Bringing Out The Elvis Love Is A Sweet Thing That's How Love Moves If I Should Fall Behind If I'm Not In Love If My Heart Had Wings There Will Come A Day I Can't Do That Anymore  full album* :


nice!(152) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3816

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -67(ストリートビュー)スペイン -イビサ島 -E'Spalmador #formentera #beach (ストリートビュー)

   バミューダ諸島 -18

雨の日の釣り師-3816

北、突端はとても広い砂浜が広がっている。  “】”状の護岸から渚まで辿り着くのに、すいぶん歩くことになる。  ズック靴に遠慮無く砂が入り込み、とても難儀させられるんだ。  渚を歩むのが一番!、遠くの景色に見とれる、そして波に舐められる。  とても深い紺碧に感動し暫し呆然、沖合に漁船が行き交う、うねりのため沈んでるように見えることがある。  西伊豆に行った時にも同じような光景が。  隣で憑かれたように・夢見るように眺め、『……怖い。』と小さい声がしたのは本当だったのか?!。 

♯♭♪ (*^.^*) : Muhal Richard Abrams 0 1 2 3 4/ The Hearinga Suite/ 120 103-2  :     それぞれ趣の異なる7曲からなる組曲風、しっかりしたスコアーに従いM・R・エイブラムスの指揮で演奏、フリー・フォームは何処にも見あたらず。  演奏は4名(Tp)、2名(Tb)、1名(Btb)、2名(Flt)、2名(Cl,Bcl)、2名(Reed)、1名(Cello)、1名(B)、1名(Prc)、1名(Ds)、1名(P,Cnd)、の大編成オーケストラ。  低音ホーンの咆哮、弾むように開始する、グロッケンシュピールが”魔法使いの弟子”を思わせるメロディーを奏でます、ホーンの流れるようなメロディー、目眩くブラスユニゾンで活発な章は終わります。  M・R・エイブラムスのピアノが深い思惟の綴りを奏でます。  シャワシャワと沸き立つような合成音、木管との不思議な研ぎ澄まされたサウンドを提出。  ざわめきがあり、行進曲風のドラムの助奏、やがてクラリネットの明快なヨロコビの歌、ホーンに受け継がれ、ピアノでも歌われ、厳かな夕陽の中に姿を隠します。  シンセサイザーの薄灰紫憂愁が降りてきます、やがて激しく歓喜に悶えはじめます。  分厚い管弦サウンドはとても魅惑に満ちた空間を構築します。  ゆっくりしたテンポ、穏やかなアンサンブルはとても心地良く、心に染み渡ります。  ビブラホンが明るいメロディーを提示、トランペットが引き継ぎ展開します、分厚いブラスアンサンブルは激しく自由に変容する助奏に見えます、チェロがたっぷりと歌います。  バリトンサックスが歌います、あっという間に分厚いアンサンブルの助奏が突き上げ、とても魅惑に満ちたバスクラリネット、トロンボーンのバトルが繰り広げられます、リズム部門は、4ビートで推進力を打ち出します。  チェロが卓抜なカデンツァを奏でます、消え入るようなアンサンブルのコーダで終わります。  とても魅力的なサウンドです、チェロがメロディーを奏で、ゆっくりした優しい憂愁のアンサンブルが助奏します、リードに受け継がれますますチャーミングなモロディーに変身します。  卓抜な統制のアンサンブルの演奏はこのアルバムを最も印象づける部分。  そして、残り香を置いて消え入るように終わります。  Muhal Richard Abrams(P,Tyth)、A. Cyrille(Ds)、Charles Davis(Bs,Ss)、Dick Griffin(Tb)、Bill Lowe(BTb)、Cecil Bridgewater(Tp)、C. Anderson(Tb)、Courtenay Wynter(Cl)、Diedre Murray(Cello)、Release Date:17, 1989。

♯♭♪ (*^.^*) : Hanson,Howard 1/ ☆□You Tube Search :     Symphony no.2 -1 -2 -3 no.3 -1 -2 -3 no.4 -1 -2 -3 -4 no.5 -1 -2 no.6 -1 -2 -3 -4 -5 -6 no.7 -1 -2 -3 Merry Mount Suite -1 -2 -1 -2 Lament for Beowulf Elegy for Serge Koussevitsky Mosaics Concerto for Organ,Harp and Strings Serenade Pan & the Priest -1 -2

♯♭♪ (*^.^*) : Dinah Washington 0 1 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Dinah Washington ♫Topic ♫ Top Tracks *   Smoke Gets In Your Eyes What Difference A Day Makes It's Magic Crazy He Calls Me Mad about the boy What Is This Thing Called Love Cry me River Drinking Again I don't know you anymore Stormy Weather 1 Manhattan Make Someone Happy Stormy Weather This Bitter Earth This bitter earth Romance in the Dark You Don't Know What Love Is This Can't Be Love If I Had You Easy Living My Devotion My Lovin' Papa A Foggy Day I'll close my eyes Lover Come Back To Me You Go To My Head Birth Of The Blues TIME OUT FOR TEARS I Could Write A Book I Get A Kick Out Of You Blue Gardenia Love Walked In Blue Gardenia I Just Couldn't Stand It No More Blow Top Blues Since I Fell for You 1 Back Water Blues I'll Remember April Trouble In The Lowlands Nobody Knows the Way I Feel This Morning Bad Luck Teach Me Tonight Let's Do It I Get A Kick Out Of You Blue Skies  full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Evanescence 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Evanescence * Tourniquet 1 My Immortal 1 2 Broken Solitude Hello 1  Aeon Flux So close Haunted Ocober Hello Anywhere 1 2 Even in death Bring Me To Life Good Enough Cloud Nine Mnissing 1 Sweet Sacrifice 1 Lithium 1 Call Me When You're Sober Going Under Bring Me To Life 1 Whisperr The Only One Forgive Me Lies Understanding Missing Thoughtless imaginary Lose Control  Like You


nice!(159) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3815

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -66(ストリートビュー)スペイン -イビサ島 -S'Espalmador(ストリートビュー)

   バミューダ諸島 -17

雨の日の釣り師-3815

シャー…ッ!・シャー…ッ!、サラ~*サラ~*、シュワ!シュワ!。  緩やかな斜面を這い上がりグングン加速あっと言うまに失速、スル~*スル~*と退却。  大方は叶わず、みるみる間に砂に吸い込まれ没する。  這い上がった覇者は、押し上げた砂を巻き上げ、構わず叩きつける。  至るところに吹き付け回り込む砂、おやっ!?と思わせる窪み・凹や、こんもりした盛り上がりをあちこちに作り、素知らぬ顔をしている。 

♯♭♪ (*^.^*) : Muhal Richard Abrams 0 1 2 3 4/ Colours In Thirty Third   :      挑戦的なリードとピアノの呼応する英気溢れる開始は魅力的。  鋭気いっぱいのドラムスの推進タイムテーブルで、ベースとピアノ、リードが交互にのびのびと飛翔、推進、弾劾、メロディーラインをグングン成長させる。  ゆったりしたピアノ、リードの優しさ・慈悲の溢れるテーマの詠唱、リズムは消滅寸前。  バスクラリネットの訥々とした悲嘆・咆哮は失った憧れへの呼びかけであり、ピアノのそれはオブリガートであり、支援・協賛・励ましである。  セロニアスモンク風の点描の打弦、リードのザクザク刻むような少し緊張したテーマの提出で始まる。  ベースが雄弁にグングン押し出す、ドラムスが発止!と、緊張がほぐれるほどの余裕のさばきで展開・反芻、ピアノソロで再確認。  ヴァイオリンがテーマを披露、ドラムのソロを経てピアノのワクワクする乗っ込みパワーを発散。  ベースの推進・エネルギー注入とソロ、リードの展開を経てあっけなく終わる。  常に鳴り響き・いわゆる休止を排除した”あの途絶えない音列”。  人を惑わせるピアノ・ソロで始まる、チェロの詠唱で繰り返し、滔々と歌う長い展開は聴き所、ピアノが絶妙の点描、チェロのボーイングが再び登場し静かに終わる。  タイトル曲、速いテンポをドラムスが軽やかに刻む。  ヴァイオリンの軽妙して強い意志の表明、ソプラノサックスのありったけの叫び。  激しい思惟をぶちまけたピアノソロからベースソロ、魂の救済カタルシスの享受が嬉しい。  狂乱のメロディーで精神が聳え奮い立ち、終焉を迎える。  銀河の星くずをサッと出現させるピアノと明晰な叙情ベースのボーイング、”人を惑わせる、サムシング”のさらりとした披露。  ソプラノサックスとバイオリンの果てしない戸惑い・朝露を踏んで歩む絶望の散歩。  じわじわと浸透し身体を駆けめぐるカタルシスの尾根を辿っている、ベルやリトゥルインストゥルメントの彩りの風・囁きの森を抜け、開けたイタドリの小径に消える。  A. Cyrille(Ds)、D. Holland(Bass, Cello)、John Blake(Violin)、F. Hopkins(B)、John Purcell(Bass Cl , Soprano Sax, Ts)、Release Date: Dec 19, 1986。

♯♭♪ (*^.^*) : Grofe, Ferde 1/ ☆□You Tube Search :     Grand Canyon : Grand Canyon Suite -f -f -f -f -f -f -f  Sunrise 1 On the trail 1 2 Cloudburst 1 2 SunSet 1   Mississipi Suite :  -f -f -f -f -f  Father of Waters Old Creole Days Mississippi Suite II 1 Death Valley Suite Niagara Falls Suite -1 -2 Hudson River Suite -1 -2 Hollywood Suite

♯♭♪ (*^.^*) : Diana Krall 0 1 2/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks * ♫Topic  You Tube Channel Temptation 1 2 East Of The Sun Just the Way You Are when I look in your eyes You go to my head The Look of Love 3 Almost Blue Narrow Daylight Fly Me To The Moon You don't know me Quiet Nights When I Look Boulevard of Broken Dreams You Call It Madness The Nearness of You Maybe You'll Be There Besame mucho I've got you under my skin Let's Fall In Love Do it Again Why should i care Walk on Do It Again Love Me Like A Man The Boy from Ipanema You're looking at me Love is where you are Cry me a river 1 2 Walk On By 1 Sunrise I' m thru with love Why should I care? 1 Maybe You'll Be There I'll Make It Up As I go Devil May Care I've got you under my skin Sydney Why should I care? 1 Fly me to the moon All Or Nothing At All Let's Fall In Love 1 2 S' Wonderful 1 2 3 Temptation 1 The Girl In The Other Room 1 I Love Being Here With You 1 Cheek to Cheek on Q TV   full album* :

♯♭♪ (*^.^*) : Eurythmics 1/ ☆□You Tube Search :     ♫ Top Tracks for Eurythmics * 0 1 Miracle Of Love 1 2 3 4 5 Here Comes The Rain Again 1 2 3 i save the world today Sweet Dreams 1 2 Love Is A Stranger 1 2 3 SAVAGE Doubleplusgood The King & Queen of America  Thorn In My Side Don´t Ask Me Why  Never Gonna Cry Again Revival I Saved The World Today 1 2 There Must Be An Angel 1 2 Would I Lie to You? When Tomorrow Comes Shame Missionary Man Don't Ask Me Why Who's That Girl? Right By Your Side When tomorrow comes 1 sex crime 1 I Need A Man It's Alright 1 Sisters Are Doin' It for Themselves Beethoven I've Got A Life You Have Placed A Chill In My Heart Angel Love Is A Stranger  Julia 1 WOULD I LIE TO YOU? Winter Wonderland 1 We Too Are One Room 101 The Walk Right By Your Side Thorn In My Side 1 Cool Blue The First Cut Regrets Aqua   full album* :  Revenge -f Yourself Tonight  -f Best Songs Of Eurythmics -f ULTIMATE COLLECTION -f We Too Are One -f


nice!(161) 
共通テーマ:音楽

雨の日の釣り師-3814

Google Maps ストリートビュー(☆ お気に入り) コスタリカ/ -65(ストリートビュー)スペイン -イビサ島 -The crossing between(ストリートビュー)

   バミューダ諸島 -16

雨の日の釣り師-3814

東には水道が拡がる、おそろしく濃い・深い藍色。  渺々と風が吹き付け、松林が仰け反りヒューヒューと風切り音を起てる。  沖に向かって真っ直ぐ投げ込まれた構造物、海洋にもまれ痩せ細り、崩れて倒れ込んでいる。  年中倦まず、猛々しい波浪が大きな口を開け渚に押し寄せ、砂浜に挑みかかり・浴びせかけ・突っ伏して崩壊し・すごすごと曳き下がっている。  再び沖合から背を低くして忍び寄り、ムクムクと盛り上がり・立ち上がりそして迫る。 

♯♭♪ (*^.^*) : Muhal Richard Abrams 0 1 2 3 4/View From Within  :     コンガの呼びかけで開始、ピアノ、リトル・インストゥルメントが呼応テンポを速める。  ホーンのソロ、ビブラフォンも登場、リードのブローイングは心地よい、コーダで終わる。  タイトル曲、幽玄を漂わせながら開始、ふぅ…*と息を吸い込むような、爪先で忍びよるように。  =ΘΘ=ΠΠ~ が太っとい手を、グーをしたまま静謐にスタスタ繰り出すように。  ベル、ホーンの色彩豊かなフリー・フォーム、水泡とさまざまな楽器が点描を重ねる。  緊張と新しい見晴らしの開けた興味深いもの。  さまざまな楽器のフリーな開始、ベースがリズムを推進させるが消失。  リードの渾身のフリーブローイング、ホーンとベースのインプロヴィゼーションは緊張と愉悦の混沌としたもの。  自発的まとまりを見せて頂点を極め閉じる。  ゆっくりしたブルース、ホーンのソロにリードがオブリガート、目眩く華麗を転がすビブラフォン、テナーSaxがドラムとピアノのサポートで悠々と存分に吼える。  ピアノがコロコと引き継ぎ非フリーな演奏、全奏に入りにてんでに演奏、ホーンのソロ・長いコーダで締めくくる。  アナーキーな開始は一変しリズムを持ちホーンの気持ちいい放射。  ピアノの躍動する進行、スリリングな遷移でテナーSaxののびのびしたブローイングで終わる。  スリリングな開始、ベースのボーイングからピアノソロ、管楽器のフリーインプロヴィゼーション、ホーンの自由な放射であっけなく終える。  M. R. Abrams(Piano, Gong, Main Performer, Paintings)、Marty Ehrlich(Cl, Flt, BCl , Piccolo, As, Ts)、John Purcell(Flt, BCl , As, Ss, Ts)、Ray Mantilla(Perc,  Bongos, Conga, Drums)、Release Date: Sep 11, 1984。

♯♭♪ (*^.^*) : Grieg,Edvard 1/ ☆□You Tube Search :     Symphony (No. 1) in C minor, EG 119 Peer Gynt* : Peer Gynt, op. 23 -1~ Morning Mood 1 2 3 4 5 In the Hall of the Mountain King 1 Arabian Dance 1 2 Solveig's Song 1 Haugtussa -1~ Holberg Suite: -Prelude 1 -Sarabande -Gavotte -Air -Rigaudon Piano Concerto in A minor -1 -2 -3 -1 -2 -3 -4 -1 -2 -3 Cello Sonata -1 -2 -3 -4

♯♭♪ (*^.^*) : Dexter Gordon 0 1 2 3/ ☆□You Tube Search :     ♫ Play List -Dexter Gordon ♫Topic ♫ Top Tracks *  Jeronimo Montmartre For Regulars Only Blow, Mr Dexter Long, tall, Dexter Soul sister Sweet Lorraine Modal mood in a sentimental mood As Time Goes By Darn That Dream Love for Sale Body And Soul I Want More! I'll Remember April  Sophisitcated Lady More Than You Know Ernie's Tune Naoma This Happy Madness Good Morning Sun Tivoli The Girl with the Purple Eyes Guess I'll Hang My Tears Out to Dry A La Modal  Blow Mr. Dexter Valse Robin It's You or No One Night in Tunesia -1 -2 Three O'Clock in the Morning Soy Califas Blue Bossa 1 Bye Bye Blackbird Round Midnight Cheese Cake 1 It's You or No One Stablemates Mischievous Lady Scrapple from the Apple  Chans Song Stanley The Steamer I Was Doing All Right CRY ME A RIVER Don't explai Some Other Blues Baden The Panther Coppin' the Haven It Might As Well Be Spring Steeplechase So What You can depend on me I guess I'll hang my tears out to dry 1 Cry Me a River What´s New 1 Tanya